« 続々:X-1000R | トップページ | DSDネイティブ再生とは »

2012年8月 2日 (木)

Foobar2000でDSD再生

ずっと待っていたエレアトさんのUDA基盤が送られてきた。Img_3469

DSDファイルを再生するために、購入した。しかもHDMIケーブルでCAPRICEに直に遅れるようにHDMI基盤もいっしょ。


Img_3477台風が来てるというのに今日はずっとケース加工と組み立てる。

組み上げてMACにインストールし、ドライバー無しで動作することを確認する。

MACではアイソクロナスモードで動作をする。フリーの
UDAPlayerで再生する。

本命はWIN7でFoobar2000でDSDファイルを再生するのが目的である。

ネットで情報を集め夜遅くやっと再生にこぎつける。でもPCMでなく、DSDをFoobar2000で再生できるのがうれしい。Foobar2000
これから音源をCDフォーマットのWAVファイルだけでなく、DSDファイルも聞けるようになりました。ハイレゾのPCM音源もDSDに順次変換していこう。

CD音源をオープンテープに録音して聞くとアナログの良さになるのと同じように、PCM音源をDSDに変換して聞くとアナログに近い音になると言う。さー楽しみだ。



« 続々:X-1000R | トップページ | DSDネイティブ再生とは »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Foobar2000でDSD再生:

« 続々:X-1000R | トップページ | DSDネイティブ再生とは »