« 今日から10月か | トップページ | DC5Vの電源製作 »

2012年10月11日 (木)

調子の悪いQA550

QA550のSDプレイヤーは最近再生の調子がおかしく、ずっと聞いていなかった。DSDばっかり聴いていたこともあるけど。

今日は久しぶりにQA550を引っ張り出し、聞いてみた。やはり液晶が薄く、最初少し再生すると、暴走みたいになり再生できない。液晶もQA550の表示が薄く点いたり消えたりを繰り返し、全く再生できない。

ずっと前に3.3Vの3端子Regを半田し直した時、線をくっつけショートさせてことがあり、このRegの調子がおかしいのかもと思い新しいRegに交換する。
Img_3985 これまでのを外し付け替えてみたが、調子は同じで直らず。そこでコンデンサーチェッカーで全てのコンデンサーを計ってみると、2つ測定不能であった。C16とC22で、表示がそれぞれ15/16、33/10と記載してあるだけ。その外の同じ記号のを測るも同じ記号で表示が違っている。

そこで大体100μF位だろうと決め付けC16を外し、再度チェッカーで測ると16.64μFと表示される。壊れていない。そこで元に戻すもやはり再生できない。

そこでテスターでRegの電圧を測ろうと、交換済みの2つ大きいコンデンサーを測ろうとしたら火花が出た。もう一つのコンデンサーの頭に触れたのだ。しかしよく見ると、足を折るために90度に曲げて角が隣のコンデンサーの頭に触れている。離すと液晶がキレイに写り、点滅もなくなる。なんのことは無い、ここが原因だった。

コンデンサーの頭にビニールテープで絶縁し、聞いてみると何事も無く再生できた。しかも良い音で。

良かったー^^/ もうダメかと思っていたのがよみがえり、PC立ち上げずシンプルに聴ける。

ようは自分の半田技術の未熟さが引き起こしたのが原因だった。また基本的なことができていなかったのだね。反省。

WAVの44.1kHz16ビットの音源だがなかなか良い音だ。HDMIケーブルのI2Sでの再生も問題なく再生できるようになった。神さまありがとうございました。

« 今日から10月か | トップページ | DC5Vの電源製作 »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調子の悪いQA550:

« 今日から10月か | トップページ | DC5Vの電源製作 »