« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

プリから外した8820をX-DACへ

中華製DACのX-DACは柔かい音質である、しかし少し柔かすぎかな。Img_4453
そこで余っているmuses8820に付け替えてみる。
もともとのOPAはバーブラウンのOPA2604PAであった。

まずは、4ピンと8ピンの電圧を確かめる、8が+15V、4がー15Vで、8820でも文句無く使える。

内部は使っているコンデンサーは如何なのかな?
ここも日本製に替えたくなる。

下駄を履かせた8820を取り付け聴いてみる。
音源はQA550でWAV:44.1kHz
Img_4450 柔らかさより、スッキリした、カチッとした方向へ変わり、JAZZ等はすごく聴きやすくなった。

このDACは図体が大きすぎる。
大きすぎる基盤に、大量の電解コンデンサーが12個も並ぶ。
デジタル部とアナログ部の電源が分かれている。
アナログ部が15V正負電源。
デジタル部が7Vと6Vが3端子で出力されている。

音質はCAPRICEと比較しても実力伯仲かな。2604の時はあまり良くは思っていなかったが8820で好み方向に変わった。
Img_4458
しかし、CAPRICEとは違う方向が面白いのだが・・・と悪い虫がささやく^^

良く見ると100V電源コードはハンダでなく両方とも接続端子でつないである。
ねじった電源コードに交換かな。

・・・・・

 CAPRICEに較べ出力が低い、切り替えるとボリュウムを1時以上回さなければならない。音質的にはCAP同様な感じがする。

 もう少し上質な透明感も在る柔かさに持って行きたい。プリの02を外すわけにも。

2012年12月29日 (土)

プリアンプのオペアンプを換えてみる

 明らかに変わった。耳の良くない自分にとっても、第一声目で判った。

立体的音響空間が広がった。

それぞれの楽器がひとつひとつくっきり見えるように配置される。

音像がスッキリとして定位している。

低域のベースも音程がはっきりし、図太さも感じる。

刺激的ではないが、音が空間により放たれるようになった。Img_4441

昨夜、FLATアンプ2枚あるうちの1枚だけ、muses8820からmuses02に換えて左右の音の違いを聞き、はっきり8820より02が良いのを確認して、FLATアンプ2枚・全4個の8820をmuses02へ変えた。

8820の十倍の価格02であるが、それだけの価値は有りました。やはり高いので、換えてあまり変わらないならどうしようと悩んだが、この素性に良いプリだからそれだけ投資価値ありと思い、秋月電子へ注文を入れて到着したばかりのmuses02であった。あと01とも悩んだけど02にして良かった。
Img_4443
8820も不満はなかったのだけど、02を聴いたら、やはりまだまだ上が有る物だと恐れ入った次第である。

今日、大掃除の終わった今、改めて聴いた感想が最初に述べた感想である。
このプリアンプは素晴らしい、ますます高級になってImg_4444 いく。

今度は電源の強化だ。少ない電流0.3Aをみんなで食い合っている状況では、十分な電流が少々不足気味であろう。

トロイダル・トランスを入れてみる予定である。
しかし問題が、突入電流対策が未定である。

何か最低でも保護を入れる必要があるけど、いい加減な右脳人間には直感的なものしか思い浮かばない。

まあそれでやってみるけど、プリアンプ壊れないでね。
部品が届いたらすぐやりたい、電源強化を。

しかしトイレ掃除と風呂掃除、疲れたー^^
しばらくはこの音楽に身を預けてゆっくりしましょ。




2012年12月28日 (金)

MUTE回路SW連動LED追加

Img_4431 またまた誤解に気づいた。天下一品の頭の悪さが続く、まだまだ気づいていない誤りがあるかも。
まず、LEDを調べもせず、2個購入していた。1個を15Vにつなぎ点灯せず?>これ過大入力でLEDを一発で壊したことに、後で気づく。

調べるとこのLED:DC2V/20mA これに直接15Vをつないだ訳。
MUTE回路は30Vあるので、直列に抵抗を入れないとまた壊れる。
では何Ωを入れるの?
20mA以上で壊れるので、ネットで調べ30V-2V=28V 28V=20mA×R
Img_4430
R=28V/20mA あー計算面倒で単位が??1.4kΩかな??
これ以上の抵抗を入れないと壊れる、実験する、便利なのがなんとかボードが便利、40kΩから初め、20kΩでの明るさで決めた(^^;

10Ωを直列につなぎ20Ωの出来上がり。
小学生より頭が悪いかも、しかしちゃんと出来上がりました。

Img_4433 そこで気づいたのが、LEDの点灯とSWの関係、SW・ONでMUTE回路がONでミュートすると思っていたら、SW・ONで音楽が再生にされる???のである。

SW・OFFの状態がミュートされた状態なのね、逆に勘違いしていた。

それなら音楽再生中にずっとMUTE回路に電気を流し続けなくてはいけないね、ちょっと反省エネ。しかしこのアンプだけかもね?

またまたお勉強になりましたバンザイ^^/

全自動でアンプ操作してたらこんなことも全然気づかずにいたんだもんね、良かった良かった。
このアンプ改造でお勉強したことは、1、MUTE回路の概要。
2、電源回路からこの場合、15Vを並列でいっぱい(?)取り出せること。
3、XLRの1:GND 2:ホット(+V) 3:コールド(-V)とバランス接続の利点(ノイズキャンセル)
4、RCAピンとXLRの関係少々。
5、アースのとり方少々。
6、3mmネジ穴とバイスの使い方。
7、直列と並列の違い少々^^;

まあ、すぐ忘れるけどブログを読み直して思い出しましょ。

アンプ製作者にメールしたらこの返事が
・・・・・・引用
LEDに流す電流の計算式は、電圧-LED(2V)/電流です。
従いまして、(30V-2V)/0.01A=2800Ωとなります。
LEDに10mA流したとして2.8K Ωの電流制限抵抗となります。

現在の20KΩでは1.4mAしか流れないのでかなり暗いはずです。
最近のLEDは超高輝度なので1.4mAでも点灯しますが昔は
点灯しませんでした。逆に10mAでは明るすぎるかも知れません
その場合5mAとかに調整してください。
・・・・・・
やはり暗いですね、でもこれでOKとします。ありがとうございました。

あとトロイダルトランスに入れる、スパークキラーの記事を見つけ、早速注文する。
届いたらトロイダルトランス試そうっと。

2012年12月27日 (木)

プリアンプの改造終了かな

昨日電源用ケースが届いたので、今日は電源部を完成する。
Img_4426 いままで内蔵された電源を外付けのケースに入れただけ。
ただし、MUTE回路は人間の手によるON・OFFをする。電源を入れる前に、アンプ右上のSWをONでMUTE回路が起動待機状態で電源ON、数秒後にOFFにして、普通に音楽を聞く。

音楽を聞き終え、アンプのSWを切る前にMUTE回路ON後、アンプ電源を落とす。このままの状態で、次に聞く場合はアンプのSWそのままON、数秒後にMUTE・OFF、この繰り返し。

これをリレーの組合せでいままでは全自動で行われていたのだ。アンプを作るみなさん頭が良いです。自分は聞くだけの、頭も・技術も・センスもありません。ただのオーディオ好きでんな^^:
Img_4428
電源が居なくなり、内部すっきり。電気配線を信号経路から徹底的に離す為、MUTEへの30V配線は空中配線にする(笑)

・・・・・・・・

いまここ塾の面々は延暦寺で何か壮大な集会があったそうで、参加された面々の感動の感想が述べられていた。総勢300名ほどの集まりで、世界各国からの参加もあり、大そうな催しだったのですね。

新しい時代がはじまる、アセンションがはじまるのを感じたと多くの人々が感じられたそうである。いよいよあたらしい時代がはじまる、良いことです。ワクワクします。

おいどんも周回遅れでも、びりでもいいので、付いて行きたいでーす。

なんのとりえも無いけど、争いが嫌で、怠け者で、不精で不細工な自分だけど、それでも良いのです。気の利いたことも言えないけど、自由に生きているから、これでOKだよね。

同じ阿部さんでも、「いまここ」阿部さんに付いて行きたいでーす。催しも何も参加しないけど、ブログだけしか見て無いけど、この人たちはもう無茶苦茶違う人たちです。なんの気取りも無く、ありのままの人たち、権威も昂ぶりも無い。押し付けも無い。ただの自由人でブッダやキリストと同じような人たちですね。

こんな素晴らしい時代に生まれて良かったばい。おいちゃんちあわせ^^/

2012年12月21日 (金)

プリアンプの再改造へ

YAPさんのプリアンプの改造、セレクターを内蔵させると、セレクター配線(信号線)と電源Img_438601


配線(トランス・電源基板等)の距離が近くなる。


Img_4412
特にセレクターへの信号配線密度は高く、その真下に電源基板があり、10数本の電気配線が集中している。これでは音声信号へのノイズが気になる。

アンプ製作者にメールすると、電源部を外部電源にしたほうが良いとの返答。Img_4422



外部電源への途を考え始める。

○電源トランスの規格:2次側 15v+15v(0.3A)

○電源基板で直列にした正負15vを作り出している。

○電源供給先:FLATアンプ 正負15V×2×2 MUTE回路30V×1

どうせ、外部電源にするなら、トランスへの制約が無くなるので、もう少し余裕のあるトランスにしたい。

理由:FLATアンプ1枚でLR分の2つのアンプがあり、正負15vを並列で供給されている。これはすなわち、FLATアンプ2つで並列回路が4つあることになり、供給できる電流が4等分されることになる。またMUTE回路には30vを供給する必要があり、これも正負15vにより引っ張っている。並列に正負15v端子から5本取り出されている。これではトランスで供給できる0.3Aでは少し不安を持つ。


 自分には回路に必要とする電流が何Aかわからない。プリアンプだから扱う音声信号自体はは小さいと思うが、音声信号の強弱によってはインピーダンスが上昇し必要とするエネルギーは高まるので、安定した供給電源部があれば、どんなときにも動じなくなるでしょう。

トランスのほかには電源基板上のコンデンサーをより大容量に変えるのも手段として考えられる。基板には1000μFと470μFが使ってある。1000を3000位にしても良さそうだが、一変に変えるより、一つずつだ。

注文するトランスは、トロイダルトランスの15v・0v・15v(1A)に決める。外部だからトロイダルでなくても良いけど、共立エレショップにケース等も頼むので、選べるトランスはトロイダルしか無かった。

昨夜、電源部(トランスと基板)を外に取り出し聞いてみた。

実に開放的で、抜けが良い・・・窮屈間が無いと感じた。

やはり、信号配線と電気配線は離したほうが良さそうである。ATTに引く信号線はシールド線となっているのも、ノイズ対策であるから、1本のコードでセレクタに繋がっている信号線には電気配線を遠ざける工夫をしたい。

・・・・・・・

今日は 2012年12月21日である。マヤ暦の最後の日で、明日からは新しい暦の始まり、新しい時代の始まりとなるようだ。

これまでの物質中心の価値観から精神的なものに価値観を見出す人たちが圧倒的に多くなるという、時代の境目の日である。


もう人と人が対立するのではなく、融和していく時代であり、地球上の価値をお互いに分け合う生き方がすべての問題を解決する手段となるように思う。

勝ち負けや損得より、分かち合い、助け合うことにシフトしていく、無理をしない程度で良いから自分が変わっていけば良い。自分を大切にするように相手も大切と思うだけでも良い。

世の中いっぺんにはそうならないけど、世界中が少しずつ対立より融和へと移行していくような気がする。

2012年12月18日 (火)

電子基礎学習:直流と交流

・・・ごめんねまた頂きます。

◆直流とは? 交流とは?

 

まさら、「直流とは?」 と 「交流とは?」と、お話しても、

「そんな事、分かっているよ!」

と、言われそうですが、お話させて下さい。

書生の事で恐縮ですが、書生、気づくまで時間をようしたので、ぜひ書かせて下さい。

書生、直流と交流は学校時代に習いました。

こんなふうに。

Image07a_3 









      図1 直流

まっすぐな線の時は、直流。

Image07b










      図2 交流

サイン波(正弦波)の時は、交流。


れで、上の知識だけで、いざ実践で電子回路を見ると、電子回路が読めなくなりました。

特に、発振のしくみの箇所で、

「コンデンサは直流電源は流さないから、電子回路を読む時、コンデンサの部分は、電流がながれないように読もう。」

などと、勝手に解釈していたものです。


下の図の場合はどうでしょうか?

Image07c









   図3 直流か交流か?


波形は、交流ですが、0Vを下回っていません。


答えは、直流です。(正確には脈流ですが。)

学校では分かり易くするため、波形の形を例に出して説明するため、書生のように、

頭の固い人間は、波形の形で覚えてしまうため、迷ってしまいました。


ナログの電子回路では、基本的に直流を扱う事が多いので、

図1のような直流を思い浮かべても良いのですが、

図4のように、正の方向の変化をしている時もあることを、忘れないで下さい。

Image07d










    図4 直流(脈流)


4のような信号が出る例として、音センサ(コンデンサマイク)があります。

ごぞんじ、音は波形です。

だから、音センサで拾った音は、図4のような波形で電子回路の中に入ってきます。

でも、音センサを使用する時(マイクなど)は、必要なのは波形であるため、図5のような

直流成分はいりません。

Image07e




   図5 正方向に変化している波形は、直流成分 と 信号成分 の合成波


マイクなど、音声信号を大きくしてスピーカーに流す場合、この直流成分をカットして、

音声である 信号成分だけ取り出して、増幅してからスピーカーに流します。


ちなみに、直流成分をカットしないで増幅する場合、半導体の容量を大きくしたりしなければいけないなど、

無駄に回路がでかくなり、扱いずらくなります。


流成分が悪い感じの説明になってしまいましたが、そんな事はありません。

電圧を持ち上げて、正の方向だけの信号にして、使い易くしています。

ちなみに、この直流成分の事を、「バイアス」と言います。


それで、この直流成分だけを取り除くのに、コンデンサが使用されます。

・・・・・・・

目からうろこ状態(0 0)/

バイアスってこういう意味なんだ。

無断拝借いけませんねえ・・・ついでに罪の意識

コンデンサの容量表

記載されている
文字
容量(pF)
容量(μF)
0R1
0.1 pF
 
R47
0.47 pF
 
2R2
2.2 pF
 
220 又は 22
22 pF
 
101
100 pF
 
102
1000 pF
0.001 μF
103
10000 pF
0.01 μF
104
100000 pF
0.1 μF
224
220000 pF
0.22 μF
334
330000 pF
0.33 μF
474
470000 pF
0.47 μF
105
1000000 pF
1 μF


※ 102 は 「10掛ける10の2乗」 で 1000pF (0.001μF)

※ 474 は 「47掛ける10の4乗」 で 470000pF  (0.47μF)

※参考までに10の0乗は1です。「220」は22×10の0乗で22pF

※ 容量が空白のところは、小数点が多いため普通、換算しません。 

※誤差は、  J:5%以内    K:10%以内    M:20%以内 で表します。


2012年12月17日 (月)

今日のプリアンプ改造

今日も楽しくプリアンプを改造した。Img_4406

まず、セレクターを取付け、表パネルに穴あけして、ジョイントでボリュウム心棒を通し、切断してボリュウム部完成。
Img_4408





推量でせれくた・ボリュウム穴あけしたので若干上過ぎました。ドンマイ


狭くて、手が入らず作業も大変である。

電源トランスを外付けすると格好悪いので、いろいろ思案し、リーケージフラックスの影響の受けにくいだろう箇所に押し込めてみる。Img_4411

写真では、前後に沿って前後ろに楕円形状の磁界ができる。トランス前後に2つ天井上下に向かった楕円である。

何とかこの位置で影響は少ないと思う。しかし集積密度が高い。トランスも電源部もまだ穴あけしてない、明日穴あけ作業と取付け、そして最後のセレクターとXLR端子とのハンダ作業が最後になる。

明日中に終わるかしら^^

まあ急ぎはしないけど。
せっかちな自分にとしては、とても丁寧でのんびりした作業になっているね、よしよし。

・・・・・・・・・・・・・・・
このプリアンプのこと詳しく調べる。

○バランス(平衡)増幅対応
 
増幅回路は入力段にFETを使い、OPアンプ(MUSE8820)で増幅し、出力トランジスタによるディスクリート回路の良いところを併せ持つ。
○ボリュウムはRK501:10kΩの4連ATT特注品。
○FLAT AMP:カラエボ基板の差動信号(互いの逆相信号)を増幅のため、基板を2枚使用。もちろん差動出力信号(バランス)となる。
○電源トランスは汎用品で、正負15v出力電源。

バランスアンプとBTLアンプは似たようなアンプらしい。CERENATEはBTLアンプとして使えるのであと1台あればBTLアンプで楽しめる。このプリアンプの差動出力でCERENATEへバランス接続して使えばばっちりである。いづれ入手してぜひ体験したい。

・・・以上




2012年12月16日 (日)

プリアンプにセレクター

投票を早く済ませ、今日はプリアンプの改造を始めた。Img_438001

プリアンプには入力が1つで、外付けセレクターで切り替えていたが、XLR接続でも接点が増えると、直結より若干の劣化を感じた。

そこでプリアンプにセレクターの内蔵に着手した。
内部がとても狭いのでバランス入力1つ増やして入力2つにする。

Img_4386トランスをどかし、この部分にXLR端子を着け、近くにロータリースイッチを設け、ジャンクションでパネルにセレクタースイッチを着ける。

とにかく音質にこだわるため、セレクターへは出来るだけコードを短くし、トランスは外付けにすることになるだろう。
行き当たりばったりで進める。Img_4388

ドリルで穴あけ、糸鋸で丸く切り取り、ヤスリで仕上げ。
Img_4392



3mmネジを切り、XLR端子を取りつける。

内部へ固定するセレクター台を作る。Img_4401_4



パソコン用の金属パネルを利用した。

慣れない作業で疲れた。今日はここまでとする。

あとは、内部にセレクター取付け。正面パネルへセレクター穴あけ。そして一番大変なセレクターとXLRとのコードをハンダ付け。出力線とATTネーターへの結い線をどうするかである。

まあ、何事もなるようになるである。

・・・・・・・・・・

スピーカー修理は人間の耳では正常でも、専門機材で測定すると歪が直ってないので修理不可で返品というかたちになるので、修理代は受け取れないと再度電話で言われた。せめて送料代でもと言うとそれも不要ですとのこと。そしてまたご利用下さいとだけいわれた。山形のAudio Lab さんである。受け答えは責任者の女性で佐藤さんである。とても良心的な会社であります。

スピーカーの歪は50Hz付近とのこと、私の耳ではわからない、中域でなくて良かった。ここら辺であればバイオリン等弦楽器や女性ボーカルでは影響があるかもしれないからね。

・・・・・・・・・・・・・

清志郎ちゃん格好いい^^/あんたが長生きしとったらなー
http://www.youtube.com/watch?v=b85bd2f_G48&feature=player_embedded

忌野清志郎 - JUMP

黒森庵さんブログから頂ました。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »