« QA660&QA100 | トップページ | 寒い日が続くけど、DAC・HDMI情報少し »

2013年1月31日 (木)

QA660のHDMI出力

今日FIDELIXからHDMI端子が届いたので、QA660に取り付けてみた。

最初、RJ45(LAN)モジュールの基板裏の端子に取り付けるが、CAPRICEでロックはするものの、ノイズの嵐で音楽は少ししか聞こえず、失敗。Img_4535_2
そこで表基板のRJ45へ行く手前の抵抗チップ?が噛ませてある手前から信号を取り出すと、素晴らしいことに、ノイズ無しで見事に音楽を再生する。バンザイ^^/
Img_4544 CAPRICEが暖まって無いので、時々LOWESTのROCKが外れるが、これはQA550も同じであるから、その内温まれば完全にROCKするでしょう。

あとは裏パネルへの穴あけを・・・キレイにすることだ。

QA660のI2S(IIS)のDATAは
1:DATA 3:LRCK 5:BCK 7:MCLK で、7はつながず。

RJ45(LAN)とHDMIは全く互換性は無いみたい。ネット情報ではLANケーブルを解き、4つの裸線を直接DAC基板へつないで聴いておられる人々がいらっしゃったが、RJ45を途中変換しHDMIケーブルには出来ないようだ。

これでQA550・QA660もI2S(HDMI)化出来ちゃった。もちろんQA660はRJ45ケーブルでも聞く事が出来るので、I2Sが二通り出力選べるようになった。

・・・・・・・・・

一応パネルへHDMI端子を取り付け、いつものごとく下手くそだけど、まあいいか。
Img_454801 HDMIでのCAPRICEでのLOWEST・ROCKも今は出来ている。やはり30分位は完全ROCKするまでかかる、QA550と同じ位でROCKするから、I2Sの質も良いらしい。

今日は朝から暖かく、こんな日は寒くも無く、暑くも無くとても過しやすい一日だった。

可ばかりの一日であった。

追記:

やっと同じ土俵でQA550とQA660を聞き比べができ、お気に入りの44.1kHzの幻想協奏曲のワルツでじっくり聴いてみる。

まだQA550の方が弦の高域での滑らかさにはQA660は負けているかな。QA550に較べて若干の荒さが感じられる。安心してオーケストラのサウンドステージに身を任せられる感じ。

QA550はSDプレイヤーの最低必要最小限で作られたプレイヤーで、改良箇所も3端子Regやコンデンサーの交換にクロックまで交換しHDMI端子を付けているので値段的にはQA660を超えている。QA550に肩を並べるにはQA660はかなりの改良が必要になりそうだ。

« QA660&QA100 | トップページ | 寒い日が続くけど、DAC・HDMI情報少し »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QA660のHDMI出力:

« QA660&QA100 | トップページ | 寒い日が続くけど、DAC・HDMI情報少し »