« プリ電源部プチ改良? | トップページ | DACの視聴記 »

2013年2月22日 (金)

物欲で出品できなくなる。

出費が続きそうで、日頃使わないものを出品しようと写真取ったり、動作確認したりしてるうちに、愛着が湧いてくる。Img_4728

昨年とった、TEAC 22-2 2TRCK DECK

ハードケース入りで、TEACでメインテナンスをしていただいたものである。

程度は抜群に良い。使用頻度も殆ど使ってないほど、ヘッド等も減ってないと言う事だった。

NAGRA等よりはるかに信頼性のある再生・録音ができて、いまだに修理OKである。
Img_470401
これはハードケース内に仕込まれたアンプと2スピーカーでこのまま再生できる、優れもので音質も良い。

巨大なトランスである。若干ハム音が出ている。電源部が最低の部品数で組んであるのだろう。

質の良いコンデンサを追加すると止まるだろう。

とこんな風に捨てがたくなってくる。

昨日あるDACの視聴機が届いたので聴いてみたけど、とてもきれいで上品で静かで文句が付けられない位良い音でなっているけど、このアナログテープを聴いたときのほうが、なんと言うか、とても安心感が感じられる。

都会のとても綺麗な女性だけど、こっちの田舎の姉ちゃんのほうがほっとするし、くつろげるみたいなフィーリングを持っている。

Img_4723
こうして捨てられないし、物欲には効し切れない俗世の自分が愛しい。いつまでも覚せい者にはなれないよ。

初めて聞いたBEATLESが、アンプ・SP内蔵の友達の大きなテープレコーダーだった。

ポールのぶっといベースが「DRAVE MY CAR」をブンブン言わせて聞かせてくれた。大変な衝撃でいまだにその音を覚えている。

若い頃の大きな感動は忘れることが出来ないね。その音を感じさせてくれるのはやはりアナログ機器なのかもしれない。

Img_4714とかなんとか屁理屈を付けて、この子もまたしっかり取っておくのでしょう。

人間たちよりこっちのほうが好きだからしようが無いね。





« プリ電源部プチ改良? | トップページ | DACの視聴記 »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物欲で出品できなくなる。:

« プリ電源部プチ改良? | トップページ | DACの視聴記 »