« AIT-プリアンプ視聴の総括 | トップページ | HAP-Z1ES 導入1 »

2013年10月31日 (木)

SONY HAP-Z1ES

ハードディスクオーディオプレーヤー HAP-Z1ES
K0000579959
以下の理由で購入を決める。

○NAC-HD1より多くの音楽フォーマットが選べる。
○HAP-Z1ES・QA660・PCオーディオで音楽ファイルを共有できる。
○DACを内蔵しているのでシンプルな構成ができる。
○DSDファイルを単体で再生できる。
○PCで管理(コピー・削除)が出来る。

NAC-HD1の取り扱いがもっと楽であればHD1で良いのだけれど
ガチガチに固まったHD1の管理体制よりはるかに自由になっている。

音源はPCで管理されるDSD・WAV・FLAC・AIFF・ATRAC等々通常の
フォーマットは網羅されているし、サンプリングもPCMなら192kHz、DSDも5.6MHzまでOKだ。

あとCD間の音量の差が有って、再生中にボリュウム調整が普通必要であるが
HAP-Z1ESにはボリュームノーマライズ機能があり、ネットより音楽情報を取り込むことにより音量解析をし、音量の差異を自動調整して再生する、これもうれしい。

HD1での音楽データバックアップは大変だったが、
HAP-Z1ESでは

PC -> HAP-Z1ES -> PC

この流れが自由なので、普通の外付けHDDかNASに音楽データがあればいい。
必要に応じて個々の音楽データの入れ替えも出来そうである。

音楽データのやり取り用にPCソフト(HAP Music Transfer)を使う
エクスプローラーでもOKと思うが、このソフトをPCにインストールして
使うのが無難かな。

また本体操作をタブレット端末でもできるソフ(HDD Audio Remote)も有るようだし
リモコンも付いているから、便利そうだ。


あと非常用に
HAP-Z1ES内蔵のHDDにはシステムが入っていると思われるので
HDDディスク完全コピー(クローン)を控えHDDとして作成してたら安全だ。

このHAP-Z1ESの使用した情報をネットで検索するもまだ殆ど上がっていない
それを調べてから購入判断をしたかったのだが短気なじいさんは我慢しきれず
購入ボタンを押してしまったのであった^^;

まあ久しぶりに購入意欲をそそる機械だから仕方あるまい。

まず入れるのはWAV音源中心にしたい、フォーマットによって
例えばノーマライズ機能はWAVしか機能しないようである

到着が楽しみだ^^/



・・・こういう3次元世界の煩悩から卒業できない自分は

この3次元世界で行き続けるのでしょうね

悟り・目覚めにて魂の振動数が上がり多次元世界への

移動が可能になるのだと思うのですが

3次元世界(この世)は振動数が低く、あらゆるものが固体化されているらしい。

もうそろそろ終わりにしたい物への煩悩である。

物への煩悩(機械機器・住居・土地・車・異性も^^;)

たいそうなオーディオが無くても感動するのだよね

http://www.youtube.com/watch?v=6JiOQ1UBkzU








« AIT-プリアンプ視聴の総括 | トップページ | HAP-Z1ES 導入1 »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY HAP-Z1ES:

« AIT-プリアンプ視聴の総括 | トップページ | HAP-Z1ES 導入1 »