« 我が家の音楽プレイヤーとの比較視聴 | トップページ | ALTEC 811Bホーン »

2013年11月 9日 (土)

さよならNAC-HD1

長年愛用させて頂いたNAC-HD1が今日嫁いでいかれた。即決での落札であった。
Img_7072思えば、デジタルアンプSD05との突然の出会いで、必然的に出会うことになったNAC-HD1であった。

SONYで名機を手がけられ故人:石田氏の手垢が付いた最後の機種であった。そのご縁で入手したSP PS社のT4はまだ手元に残っている。

NAC-HD1は平成20年春にサウンド・デザイン社で高音質にリメイクしてもらったものだった。手書きの納品書が残っている。

著作権保護で音楽データは鉄壁のガードされた機械であったが、その中身であるHDDプレイヤーを動かすソフト・ウエアーはとても優れたものであった。

今のHAP-Z1ESのソフトウエアーとは比べられないくらい多機能でよく考えられていた。
リモコンでも本体パネルでも操作が出来た。

タンノイのGRFをブログ名にされているGRFさんは、SD05もNAC-HD1も今もって愛用されている。しかもかなりのオーディオマニヤで音楽マニヤでもある。オーディオ探求は凄いものがある。自分なりにまねしてみたが、能力と情熱の差か、当分まねできるものではなかった。GRFもSD05もNAC-HD1も手離してしまった。

新しい人に可愛がってもらってね^^/


しかし、NAC-HD1はまだまだ人気があるようでした。ウヲッチリストも多かった。

・・・・・・

話かわるが、SONYに質問等していた返事がきた。それには私なりに解決した方法も送っていたのだが

「前回 2013/11/08 23:11 に当窓口へメールいただいた手順にて
操作いただければ、ご希望どおりの楽曲編集を行うことができます。
どうぞ御安心ください。」 と言う返事

はいはい、了解しました(2度返事)

まあ仕方がない、まだZ1ESは始まったばかりであるからね。

これからはプレイヤーはHAP-Z1ESだけに集中しましょう。

そうは言っても不器用だから、いっぺんに2つ以上を集中できないけど。

それから口内炎は今日はもう殆ど痛くない、完治しているみたい、なんでも食べられるから本当にうれしい。やはりあの削ってもらった歯のでっぱりが一番の原因だったようだ。

舌さんは、とても働き者なのだと今回思い知った。これからもよろしくね^^/


« 我が家の音楽プレイヤーとの比較視聴 | トップページ | ALTEC 811Bホーン »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならNAC-HD1:

« 我が家の音楽プレイヤーとの比較視聴 | トップページ | ALTEC 811Bホーン »