« HAP-Z1ESと天板 | トップページ | 続:HAP-Z1ESの改造 »

2014年1月 8日 (水)

HAP-Z1ESの改造

これで修理に確実に出せなくなった。
HAP-Z1ESの裏パネル
Hapz1es_rear_2アナログ・OUTがXLR×1・RCA×1の2つ

もちろんバランス(XLR)出力がアンバランス(RCA)出力より音が良いので、A7で聴く時はYUSA・プリ、HB1やT4で聞くときはJEFFのそれぞれのXLRにバランスコードを外してつなぎ変えて聞いていた。結構面倒くさいのだった。

今日一日雨で外に出られないので、バランス出力を2つにする作業をした。
Img_7957
裏パネルを外してRCA出力基板も外し



RCA・OUTの穴をXLR用に広げる



もうRCA・OUTは無くていいImg_7958

相変わらずいい加減な作業で穴が大きすぎたが完成

下のXLR信号をただ並列につないだだけ

XLR出力を同時に使うことは無いので

大丈夫でしょう^^


Img_7960
裏パネルを

外すときのため

少し長めにコードを引く

裏パネルを外したとき、アナログ基盤の電磁波対策に、銅板をL字に曲げて基盤の取り付けネジを利用できるかなと思った。

これも銅板を手に入れたらやってみようかな

Img_7962
やったね

バランスアウト2つへ





Img_7965
つなげてみた


YUSAプリもJEFFからもばっちり文句なしの音が出た

これでA7もHB1も音の良いバランス接続が

いちいちコードをつなぎ変えなくてもOK



Img_7968
 しかし完成までに夕方5時近くまでかかったけど、外は相変わらず雨で、風も出てきた

明日は西高東低になり寒くなるそうである

音出しも終わったので、そろそろストーブの準備に掛かりましょうかね、何かしらもう寒くなってきているみたいです。





























« HAP-Z1ESと天板 | トップページ | 続:HAP-Z1ESの改造 »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HAP-Z1ESの改造:

« HAP-Z1ESと天板 | トップページ | 続:HAP-Z1ESの改造 »