« ごうやのこと | トップページ | Windows7 認証? »

2014年8月27日 (水)

iPod classic 修理

iPodclassicを分解していて、開腹のとき力が入りすぎケーブルを切ってしまった。

バッテリーケーブルだったら新しいバッテリーにすればOKだけど

Phone端子等へのケーブルだったので、新しくケーブルを注文していたのが、やっと届いた。

これがケーブルだけで無く、イヤホン端子部と操作ロック部がそのまま付属していた、高かったはずである。
Img_1842
しかしこれブラック仕様の部品みたいで、色が違っていたので、外れた操作ロックボタンのみこれまでのシルバーに替えた、イヤホーン部は黒いまま、ちょっと格好悪いが仕方ない。
Img_1848ロック部とホーン端子部に小さなネジ2個づつで固定してあるが、ちと強度不足みたいだから両面テープで固定を補強した。

それから新品の底部(フタ)も以前入手してたので、ギザギザのは止めて新品のフタを使うことにした。青い保護ビニールシートは付けたまま作業する
Img_1852
今回破損したケーブルの本体接続部、白いフタをかぶせて固定する

細かい作業だったが、なんとかしのぎ仮組みで動作確認をする
Img_1855
うん一発でOK

それでは組上げしましょう、フタは新品でも操作パネル(表面)側面はキズが多い

布で包みその上から力を掛けて上下を押しはめていく、完璧じゃないけど上手く収まったので良しとしましょう。
Img_1858
青いシートをはがして完成です
Img_1861
空き瓶SPへつないで元気に再生しています、アンプ無しでこの空き瓶SPに似合うのはやはりこのiPodclassicだな、よかったよかった^^

もうこのiPodは分解するのは止め、新品の裏底だから少々じゃ分解できないし再度キズだらけにするだろうし、バッテリーが持てるまで使い切りましょうね。

« ごうやのこと | トップページ | Windows7 認証? »

デジタル・オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod classic 修理:

« ごうやのこと | トップページ | Windows7 認証? »