« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

今年を振り返る?

振り返ってみるか

いまのあるがままを・・・

○オーディオ関係

・SP
 A7モドキを見直した1年、恐らくこのSPはハイ上がりだと思うが、まあこれでも良いやと使っている、この音が好きなのだね。

 FALはやはり素晴らしいSPであるが、いま持ってるFALのエンクロージャーはあまり好きでないが、仕方なく使ってる。でも良いSPには変わりない。エンクロージャを作り直したい気持はずっとあるが、果たして思い通りの音になるか自信が無いので踏む切れないでいる。

 T4はクラシックは本当に合う素晴らしいSPだが、万能ではないので出番が少なかった。
103-SolのSPを自作したが、うーんおいちゃんの求める音と少し違うかな、FALやA7がやはり好きそう。

・プレイヤー関係
 HAP-Z1ESはいまのステータスだけど、HAP-S1を使うのが多い、何故かこれでも殆どOKなの。DSD化してないPCMの音だけどね
 HAP-S1はプレイヤー+TUNER+プリ+アンプと1台で多機能。でも内蔵アンプはBGM的な感じ、いまはプレイヤーにしてる。

 LP12で聞くアナログはなかなか良い、サー菊蔵って気にさせるとこがいいね^^

 ことしはSDカードプレイヤーの出番が殆ど無く、結果的にAIT-DACも出番なし、PCオーディオも全く聞いてない>何でだろう?

・プリアンプとアンプ

 YUSAプリ(OPA仕様・完全バランス型)を通して、S100mk2と真空管アンプを鳴らしている。いまはこいつが絶大な信頼感を持って使ってるが、真空管プリも聞いてみたく準備している。

 JEFFのプリを兼ねたプリメインアンプはT4と自作103-solには欠かせないアンプである。デジタルアンプらしくないやはり手離せないアンプとなっている。

 S100mk2とS75mk2を持っていたが、A7モドキは高能率だから1台で鳴らして十分で75を処分した。S100mk2はA7専用のアンプになっている。A7には真空管でも良いけどね。

 真空管メインアンプは2台で、45・2A3とSV-23Dがあるが、いまは二つを交代させながら聞いている、FALには45・2A3が似合うけど、SV23Dも良くなってきてる、楽しみだ^^

・アナログ関係
 LPレコードは、盤に付くゴミと静電気が嫌だったけど、LPレイザーを使ってみてから、この2つの問題をかなり解消してくれてアナログが楽しく接することが出来るようになった。

 MCカートリッジの昇圧にはC-17があったが無事卒業できた、オクで入手した手作りの昇圧トランスのおかげであった。しかも電気が無用なのがとても良い。トランスは3つ持ってるT20mk2とU・BROSS5と橋本MCトランスで、T20mk2は無くてもいいかな。U・BROSS5は5,5万も掛かって入手したので、もう少しじっくり聞いてみて処分するかどうか決めたい
 EQアンプはUYT-7とオクで入手した真空管EQアンプ、比較するとUYT-7の方が音が濃いくてアナログ的、新しく入手したEQアンプはキレイすぎて薄く感じている。でもまだ処分するかどうかは決めかねている。

・その他

 NAGRAのモノーラルデッキはどうしませう、確かに所有欲を満たす一品ではあるが、利用価値は少ないので、何か欲しくなったら交代要員として留めておこう。


 今年も入れ替わりが多かったねー。いつもの気まぐれで高く入手し、安く手離すいつものアホなことばかり、この馬鹿な行動も止めなくてはね^^

来年は

 A7のネットワーク、オリジナルを入手してみたい。800Hzので聞いてみたい。

 FALのエンクロージャーの背面板に穴を開けてみたい、前面のと同様のを3個ほど、そして前をふさいで後ろのを活かして後方開放のバスレフ効果を聞いてみたい。

 真空管プリアンプを是非いろいろ聞きたい、またプリのボリュウム位置が今は大きくて10時位で、せめて2時まで上げれるプリで聞いてみたいね、そのためにはゲインが小さいプリを入手したい>QUAD33か44を、これはTRアンプだけどね^^


オーディオ以外で特に無いけど

 ストーブかな、ロケットストーブ(モドキ)で室内運用してる、今年で2年目

昨年と変わったのは、室内引き回しを2mほど延長した、そのため室外煙突も2m以上高くした。おかげで室内での温度吸収効果が高くなったかも^^

 また燃やし方も、昨年は下の口から大き目の枝を投入してたのを、今年は上の口から小枝ちゃんを少し投入し、燃料ケチケチ作戦で運用してる。本格的に寒いときはこれでは暖まらないから、多くを投入するが、近くの山の枯れ枝ちゃんも集めすぎて少なくなっちゃったので、燃料集めも少し大変になりつつあるので仕方無い。

 まあ小さな灯油ストーブの手助けを借りたりしてる、お湯を沸かすのは灯油がはるかに早いしね、まあーおかげで寒さも慣れてきました。

 今日もお庭の大き目の木を3本選定して乾燥させている。燃料集めでおかげで忙しいが、これも楽しい>原発利権屋さんたちになるだけお金をやりたくないだけの抵抗である^^
おいちゃんのささやかな抵抗などちっとも抵抗にはなれないけど、自己満の世界、オーディオと同じね。


あとうちの犬(コロ)も12歳を過ぎたのだがまだまだ元気そう、Yさんの同じ年の犬はご飯を食べれなくなって、もうすぐお迎えかもと言われてた。コロも来年はお迎えかもね、いじめる相手がいなくなるのが寂しい^^;

今年は果実を楽しんだね、柿がとても美味しかった、そのままでも、干し柿にしても。昼食のデザートには毎日2個ほど食べてた。またゴーヤも毎日生や湯がいて食べたなー、これが毎日食べても飽きない、どうして自然の食いものはおいしんでしょう。お金を出して美味しいもの食べようなんてさらさら無いが、自然の恵みをあんまり加工せず食べるのが一番、あとは飯と味噌汁があればOK。もう食いものにお金は本当に少ししか要らない。


 毎日毎日正月みたいに好きなことやって過ごしてるけど、本物の正月も目の前、さー来年も楽しく楽しく過ごしませうね

まいにち楽しく過ごせること神様に感謝します、ありがとねー^^








2014年12月25日 (木)

ビクター・QL-Y3F・ターンテーブル

オクで落札したターンテーブルが届いた。

Garage_life01img600x4501418735776tj ターンテーブル回転することのみ確認されたもの

回転動作はするが、カートリッジの針がLPに届かない?
アームリフレクターが下がらない?
これではLPが再生できない。

あとはだいたい動作はOKみたい、回転数もランプが点灯し教えてくれてるらしい

アームのUP/DOWN・SWを外し、接点復活材を吹きかけようとしたが
Img_3752 こんなに大雑把で大き目の基盤では接点不良は無いね^^;
あと、ド素人が触れるのは・・・
Img_3738 これはまずいだろう、しかも4箇所も有るし
あとは古いコンデンサーを新しいものに交換か・・・
でも清掃用に入手したもの、大げさな改修はしたくない^^

でアームの足元をみると、ROCKレバーがある
Img_3753 そうか、アームの上げ下げが、一番下まで下がってカートリッジの針が上がっていたんだ
だから針が盤面まで届かなかったのだ

で、アームを上げて見るもわずかしか上がらない、力を入れても少々しか

でもこれくらいが限度みたい、針も盤面に届くようになった^^/

さーそれでは再度組上げて再生してみませう

・・・・

Img_3757 再生ばっちり、左右のSPから再生されている

カートリッジはMMカートリッジだった

針圧はゼロバランスを取り、重りの目盛りを0(ゼロ)に合わせると簡単に針圧を掛けれるね、まずは適当に1.5gを掛けて再生してる

うんなかなかの再生音である

ただ困った問題が

LPの最内側へ針が移動したら自動的にUPする
でもこのUPの動作から一切DOWNできない、何れもボタンを押しても

唯一、アームがDOWNできるSWは電源OFFボタンだけ^^;

これは困った、再生が終って再度聴くにはいちいち電源OFFにしなくてはならない

あとダメなボタンがREPEATボタンも押しても何も動作無し

UP/DOWNとREPEATボタンが不良だと判明した


まあ清掃用と割り切れば33回転と45回転があるので、LPレイザーで清掃した後は45回転で溝掃除が効率的に出来るし

また正体不明のLPはこれでまず再生すれば良いしね、まいいか^^

Img_3765_2下で45回転で第一回溝 さらえ


上で33回転の最後の溝さらえを兼ね再生

その間次のLPを清掃しまた溝さらえ中

これはLPレイザー清掃が捗ります


やはり音質の違いは段違いにLP12が良い



今日は夕方からやる気の無いバンドで年忘れ鍋を囲む会だ、鍋材を買って久しぶりの宴会だな、車で行くので酒は飲まないし、そもそも飲めない、でも楽しみだ^^

2014年12月18日 (木)

C-17と橋本昇圧トランス

一夜明けて、また聴いている
Img_3720_2 目が覚めて、iPosdminiでHAP-S1を点灯し

A7で再生する、まだ寝床の中

HAP-S1で鳴らすA7はそれだけ聴けば素晴らしい


でもLPで、良いアナログ機器で聴いたA7の音と違うのが判る

A7の間にちじこまって鳴っている、音像も小さい

何だかぱーっと広がり感が感じれない


アナログで聴くマンハッタン・トランスファー

音場空間が広がり、伸び伸びしている


ヘッドアンプC-17が今朝即決で売れた^^/

あー良かった、嫁ぎ先が決まって、そして高値で


橋本トランスと較べたら
Img_37031

かってプリアンプを求めてアキュの高いプリアンプまで求めたのに

結局一音だけ聴いてきっぱり諦めた高額アンプと同じ印象だった


昔の人たちはアナログと真空管と高能率のスピーカーで

現代のハイエンドオーディオと全く違った、素晴らしい音で音楽を鑑賞されていたのだなと思う

値段ででは無いのだね、お金ばかりじゃないのだね

ハートで聴くこころを持ってれば、そいつが判ってくる気がする


自分の好きな音に囲まれて、これからも残り少ない人生を歩みたい
Img_36831

さようならC-17

2014年12月17日 (水)

素晴らしいMCトランス

今日届いた、橋本トランス・HM-3で作られたMC昇圧トランス
Doidon1img599x3931413931662lgtnau25 この小さな箱に収められたトランス2台、Low・Hi・Pass切替SW
後ろは高級RCA端子
Doidon1img599x3931413931662oeu13b25 IN・OUTが1組とGND端子
そして内部の様子が凄い
Doidon1img599x3931413931662ywp5q225仕様概要(オクより引用・・・・始め

トランス:HASHIMOTO(橋本電気) HM-3  ※特注品

ケース    :アルミ鋳物

                  ケース内側へ防震防音材を張っています。
スイッチ:アルプス電気 ロータリースイッチ
配線    : φ 0.9mm単線  金メッキOFC(無酸素銅)+フッソ樹脂被覆
                   (アムトランス)
                    一部(2cm弱)を4個所配線に無理を掛けないよう
                   同規格 0.7mmのものも使用しています。
RCAジャック: 音に拘る人には有名な
         Amphenol(アンフェノール)製    金メッキ品
                    固定ビスはチタン製を使用しました。
※HM-3を切替にてpass(MM)、Lo(MC LOW)、
HI (MC High)に対応するようケーシングしております。
ようやく製作完了した単線による自信作です。
ハンダの質にも拘っています。
通常、現在一般流通しているのは鉛フリーです。
しかし、オーディオマニアの中ではビンテージハンダが
流行っているのも事実です。
当方もその一人で、明らかに鉛フリーよりビンテージのハンダに
軍配があがると思っています。
その中でも一番好きな nassau を今回は使用しております。
そのため、トランスはメーカーへ特注し、通常は鉛フリーにてピン部分を
固めているのを、有鉛のハンダへ変更していただいています。
なぜ? それは、有鉛と鉛フリーはうまくつかないためです。
知った方には常識の範囲です。
ハンダコテは使い慣れた、温度設定の出来るHakko(白光株式会社)のものを使用しています。
完成の自己満足度は最高です。
音質的にはあくまで個人的駄耳感覚ですが、
とても瑞々しく弦の響きや鍵盤の打音は、
深い吐息がでるような心地よさです。
同じトランスで過去にも製作経験もありますが、今回の単線の良さはびっくりです。

・・・・・・引用終わり


素晴らしい単線による空中配線、この多数の線材をよくキレイに配線できるものだと感心しました。

しかし驚きは視聴してからが大きかった^^;

LPはマンハッタン・トランスファーのドウ・ワップ
51zwarr8szl_sl500_aa280_
比較はC-17と

最初に橋本トランスから・・・いあやーいきなり音楽が生き生きと鳴りだした

小さなこと言ってないで、この音楽を聴けって感じ

小さな音から大きな音まですっきりクッキリで楽しくなっちゃう


C-17も負けるものかと・・・

負けたかも^^

グループの歌う声で隠れそうな小さな声がハッキリしない

突き抜けるような開放感が後退する


すぐ橋本トランスに交代

うんちゃんと出てるし、スキッーとした開放感、高域もすーっと伸びてるのだろう

まるで楽しい音楽を聴いてるか、優等生的な日本オーディオを聞いてるの違い

ここまで違うか、いやー御見それいたしやしたー
Img_3917

さようなら30wのC-17さん、よくお越しに0wの橋本さん
(後日UESUGIも去っていく運命に)

と寒さに湯たんぽだけの寒い部屋で、ますます省エネ驀進中^^/


しかし、からあげさんは徒歩とテントでこの尋常じゃない四国遍路なさっているんだからね
ぬくぬくとしたお部屋で甘えちゃって>はい頑張ります

もう一つ判明した

EQアンプはUTY-9の方が新しく入手したアンプより橋本トランスとの組み合わせには合うということ

低域の充実感がUTYがあり、そのため空間(3次元)表現が優れている

UTYは手離せないなー

2014年12月16日 (火)

LPレイザーを使ってみた

今朝は冷たい雨、荒井由実の「雨音に気づいて・・・」である、そんなときはLPでも掛けて


そうなのだLPレコードは良いけれど、静電気とゴミとの戦いでいやになる

ネット情報は良いですね、魔法の図書館
Img_3689
LPレーザーがとても良いとの情報であった
アマゾン購入(アマゾンの悪い情報も聞くけど)3,218円+400円(送料)=3,618円

ディスクユニオンさんから送られてきた。丁寧すぎる梱包である^^

固い台の上にレコードの内袋のビニールを敷き、レコードを載せる
人差し指に付属のZクロスを人差し指に巻きつけ、LPレイザーを1滴染み込ませる
LP内側から反時計方向に盤面をふきあげていく、大体10~20回外周まで

これは結構大変、10回そこそこで切り上げ、今聴いてるが力が弱かったか
ふきあげ回数が不足してたか雑音がして聴ける音ではない

針にゴミが付着するそうだから、その影響かな

2曲目くらいであまりにも酷い音なのでカートリッジを上げ針をきれいにして再度掛ける

そうすると音はきれいになる、ゴミ掃除を針でやっているのだ^^


しかしこれは静電気予防にもなるそうで大変ありがたい、気に入ったLPをどんどんキレイにしていきましょう。

・・・

 アナログは判りやすい

 音質が悪くなったり、音像がぼやけるとかは、何らかの原因がある

 いまはLPレイザーで清掃した後針をトレースしてるから溝のゴミが針に絡み付いて取れていく

 だから音質が悪くなるのがすぐわかるし、針を筆でキレイにすっるとキレイな再生音となるので、これは判りやすい

 ぼやけた音・音像がだぶる・高音が伸びないなど、針にゴミがすこしついただけでも音が変わってくる

デジタルでは音が悪くなっても何が原因かわからなくてどうしようも無いが

アナログ(LP)はまず針のゴミか、アームの調整、針圧等でよくなったり悪くなったりするので判りやすい

溝から拾われた音信号がそれぞれの機械を通ってSPから音として再現される

入り口から出口まで明確につながっていて、それがそのまま音として現われる

デジタルは時間情報と音情報が別々でジッターとして現われるようだから気持ちが悪い

アナログはそれが無い分、再生音が自然に入ってくる、耳に優しい気がする

デジタルはとてもキレイだが何か人工的な響きがある気がするからね


 今日は一枚一枚LPを清掃しては何回か針を通しながらまったりと音を楽しみながら過ごしている

外は冷たい風が相変わらず強く吹いている、寒い日の過ごし方として最高だね

2014年12月14日 (日)

MC昇圧トランス U・BROS-5

高かったが無理して購入
Img_3587 裏側は
Img_3586 どうつないだら良いのか?
Img_3573 このトランスはLOWタイプだそうで、下側がLOWタイプのMCをつなぐ
上側はPASSとなっている、端子間がショートしてあるね
Img_3566真ん中のGND端子が3個もあるけど、真ん中だけつながってるの?
内部は2重になっている
Img_35841
音質はT20MKⅡに較べて、しっとりしてる上品かな、低域も欲ばってないT20MK2 ほど

どちらかといえばクラッシク派かも、でも再生バランスはしっかり出てるから何でも聴けるね

元気の違いは 昇圧比 U・BROS-5:26.8 T20mkⅡ:28 の違いかも


勘違いして、LOWとHiが2つ使えると思ってたのでがっかりしたけど音質はT20mk2に比べ上に思うから良いかな

ちょっと高かったけど<しつこい

MC20で視聴 UTY-7-> YAPプリ->S100MK2->A7モドキにて


だけどDL103用のMCトランスは無いなー、どうしませう

・・・

今度はYAPプリー>SV-23D->FAL で聴く

重苦しいクラシック・四季 A7の音とはまるで違う、しっとりしてるけど重々しい

滑らかだけど、キラキラした響きは抑えられる

アナログで聴いても殆どレコードノイズはしない

そしてMCトランスをC17に代える、やはりC17は違う弦の滑らかさが漂うような、刺激的なところが無くなってしまう

アンプを45/2A3じゃなくSV-23Dにしたのは少しでも明るくするため、それでも暗い

明るすぎるA7に日頃慣れているのだろうな、FALが普通なのでしょうか?



 

2014年12月13日 (土)

たがが外れた12月

家がダメになった反動で、ヤフオクの落札に歯止めが掛からない

アナログを始めたのも原因であるが

年間電気量の5年分を12月で使ってしまった


もうただアホとしか言えない

①カウンター・ポイント3.1(EQ内蔵・真空管プリ)7万3千円・・・まるで合ず出品中
②MCトランス・ウエスギU・BROS-5 5.5万円・・・今日届くかな?
③真空管アンプ・SV23D(サンバレー)48,300円・・・消費電力以外は良いかな
④真空管フォノイコライザー(ハンドメイド)65,000円・・・まだ未納
⑤フォノケーブル(WE単線・完全シールド)12,000円・・・稼動中
⑥SHURE V15typeⅢ(MMカートリッジ)17,600円・・・未だ使ってない
⑦SME3009重量級・砲丸ウェイト 7,000円・・・稼動中
⑧真空管完全バランス・プリ(出力XLR・RCA)97,000円・・・発注中

合計374,900円・・・年間電気料金の7年分

11月の出品額35万をあっというまに使い込んでしまった

送料まで加えるともっと


何が節約だ、バカだなはっきり言って

月の電気代4千台>年間で5万弱

MCトランスの方が高いではないか、この世の金銭感覚ってめちゃくちゃだな

この前食った何とか御膳3,800円/膳 一月の電気代ではないか



何が安くて、何が高いのか?よくわかんない

でもオーディオの経費がダントツで高い、これ本気で止めたら楽な生活が出来る

電気もガスも灯油も好きに使って、山にたき木取りに行かなくても良い^^;

超節約の飯も普通に食べたらええし、寒さに震えなくてもええ



やはりオーディオやる人間は間違ってる>はっきり>回りから嫌われるはず>だから隠れて買ってるが>まともにやったら殺されるかも


・・・でも、早くEQアンプ来ないかな(反省無し)出力OUTをひとつ増設予定^^

LPのゴミと静電気除去のためLPライザーとかも注文した、これって大変評判が良い>楽しみだ


しかし使いすぎたな、まだ他にもオクに出さなくては、

ナグラ出すかな、あとAIT-DACも、そうすればSDカード関係も要らなくなるね




2014年12月12日 (金)

久しぶりの会席料理

浜ん小浦で、相方の退職祝い、家族3人で
Chidori_2 
相方が一番高いの、息子が2番目、一番安いのが自分

自分のは、寿司盛合・タイの煮付け・刺身盛合・吸物・茶碗蒸・天ぷら・魚酢の物
Miyabigozen_2 
寿司や刺身は大変おいしかったが、後の会席料理は味付けが甘すぎて合わなかった。
追加で取った海鮮丼は息子と分けて食ったが、美味かった。

会席の高いのには鍋やら付いてたが、やはり甘すぎ味噌じたて

日頃の質素すぎるめしを食ってるから、会席料理の味付けは砂糖の使いすぎ
毎日、いつも食ってたら体に良くないかも

味付けは薄味が好き

これから行くことがあれば、刺身・寿司盛合か海鮮丼で十分満足する

いやー久しぶりのご馳走だった

2014年12月11日 (木)

整理整頓?

リビングの整理整頓をずっとしていた

途中から頭が痛くなってきた

やはり物があふれている、片付けても片付けても片付かない

すっかりやる気が無くなり、トイレに座ると

トイレも物があふれている


そこいら中に物があふれている、もうすぐゴミ屋敷だ

と言いながらまた新しいものを注文している


物があふれた家は、やはりこころが落ち着かない

ここは思い切って捨てる覚悟で当たる必要を感じた


いくら整理整頓をやっても物があふれている状態では

物をあっちからこっちへ、こっちからあっちへ移動させているだけに思えてきた


まず物を減らすことから始めないと何度整理整頓しても何も変わらない

要らないものを次から次へ購入して、いつか使うかもしれない、何かに役に立つかもしれないと物を増やし続けて捨てられないできた結果なのだ

そして減らさないまま、再び購入しようとしている

もうこのサイクルから抜け出さないとダメだ

2014年12月10日 (水)

サンバレー SV-23D/FE37

何でもかんでも落札してしまう
As00735f2 安かったのでまあ良かったが

届いたので鳴らしてみた

SPはFALで



うん?モノーラル?

というくらい暗い音で、抜けが悪い感じ・・・^^;

しかしモノーラルでは無かった、FALには真空管は合うはずなのに

暗すぎだな、

45/2A3 アンプに切り替える うーん この音だ、明るく抜けていくすっきとして気持ち良い

FALには文句無く45/2A3 シングルだな

消費電力比較:45/2A3 68w(夏は52wだったのに) SV-23D 86w

20wも違う、出力も7w×2もあるからね高電圧アンプらしい

うちのSPは高能力SPだからシングルアンプがやっぱり良いね

ただ、SV23Dは小型で可愛く格好よかったから欲しいなーってずっと思ってたんだ

まあ他のSPも鳴らしてみて気に入らなかったら・・・だね

Img_3441
いやー驚いた

FE103Solの自作SPをこぎみよく鳴らした

緻密で、バランスも良い

元気な中域に較べ低域がもう少し欲しいかな

でもFALではダメだったアンプがよみがえったね


こんどはT4につなぐ

うん悪くは無い

結局このSV23Dは

昔の高能率の大型SP(100dB前後)でなく

現代の高能率SP(90dB前後)に合うのかもしれない

これはこれで使い道がありますね


アンプも使い分けだな、良かった良かった

2014年12月 9日 (火)

MCトランスとヘッドアンプC17

Img_3437 T20mkⅡはMC昇圧トランス
周波数特性:10Hz~60KHz(±2dB)
昇圧比:28dB(1:25)
入力インピーダンス:2~8Ω
サイズ:W80×H40×D128mm 0.4kg

ヘッドアンプ C-17
周波数特性:20~20kHz(+0、-0.2dB)
ゲイン(出力切替):0・26・32dB
入力インピーダンス(入力切替):10・30・100Ω
サイズ:W194×H142×D371mm 8.1kg
消費電力:30W(実際25w)
Img_3252
じっくりMC20で比較視聴してみる
Img_3439_2
MC20
出力電圧:0.015mV
周波数帯:20~20kHz
負荷抵抗:2Ω
針圧:1.5~2g

C-17は入力を10Ω、ガインを26dBの設定で
EQアンプはUesugi UTY-7
プリアンプ:YAPプリ→S100mk2→A7モドキ

①まずC-17を電源OFFで、これでC17パスで聞ける
普通に再生できる、プリのボリュウムが11時

②C-17電源ONで上の設定で聞く
ボリュウムを若干絞った、SN比あんまし変わらず
聞こえる周波数範囲が少し広がったかな

③T20mk2にして聴く
①や②より低域のメリハリが有りSN比も悪くない
PopやJazz向き

②はクラシック向きで、周波数強調感が無い

④MCトランスやヘッドアンプ無しで聴けるので
LP12から直結のUTY-7で聞く
一番SN比が良い、ボリュウムを上げる静かな音でノイズを感じるが
他の場合と大そう違うとも思えない、ただし低域が物足りない

やはりMCカートリッジはトランス等を通して昇圧する方が低域部で良い
ただし、昇圧も多くないほうが良さそう(好みの問題)
Img_3436
耳に自信が無いおいちゃんにはC-17は必要ないかもね
またDL103だったらMCトランスなど無くても良いかもね

アナログは自然な再生音が良い、ただ能率の良いSPで聴くと曲間や無音時のノイズが聞こえるけど、レコードノイズのほうがはるかに大きい

アナログであとひとつ良いのはPOPの曲がCDより断然良いことだな
CDのPOPはLPに較べたら音が悪い<きっぱり

いまはMC20をじっくり聴いてるけど、DL103やMMもじっくり聴いて見たくなった

2014年12月 1日 (月)

SME3009の針圧の掛け方わかった^^

メインウエイトをオクで購入した、その方から教えてもらった
メインウエイトでゼロバランスを取り

ラテラルバランスをとった後

針圧を掛けるのだが

DL103は針圧が2.5gだから

7364809e2018_1_2 まずメインウエイトで2gほど掛けて

あと残りをサブウエイトで微調整していく


サブウエイトは1.5gまでしか掛けられないので、それを踏まえてメインで大きく掛けておくのだった

  おいらはデジタル針圧計で測りながら針圧調整をしているが、針圧計が無くても重りのレバーの目盛りを利用すれば針圧を正確に掛けられるようになっているのだった

サブウエイトが1.5gまでしか掛けられないので、インサイドフォースキャンセラーの軸受けに刻まれている目盛りも1.5gまでしか刻んでないのだ

B2d6a60986ce_3 インサイドキャンセラーの目盛りとサブウエイトの重さを合わせて紐を掛けるのだった。
この疑問も解決したのだったバンザイ^^/

サブウエイトで針圧を掛けていたときに比べ、ボーカルが安定してはっきり聞こえている

また雑音が格段に減ってほとんどノイズが聞こえない再生となった^^バンザイ



考えてみれば、サブウエイトで重量を掛ければ針に対してバランスよく針圧を掛けれないよね、アームの右側に重石があるのだから右回りのひねりの重力が掛かっていたはずである
Be94d6ffb59d メインウエイトで大きく重石を掛けて

サブで小さく掛ければひねりも少なくなる

アームも針も安定してレコード溝をトレースしていける

だからいま聴いてるマンハッタン・トランスファーのレコードが抜群にキレイに、ノイズ無しで聞けてるってことにつながっているのだねー

あはは、メインウエイト落札して良かった、購入額以上の教えをいただけました、ありがとうございました。

これはHAP-Z1ESを超えたかもしれない

いやーうれしはずかしおいちゃん大好き^^

SME専用フォノケーブル

SME専用ケーブルの左側が断線か、左から音が出ない

LP12底に取り付けしてあるところを触ると音が出たり切れたり、ここが接触不良になってるらしい

新しくフォノケーブルを作成しようとネットで情報を集めてみると

フォノケーブルは微小信号で雑音を拾いやすいからシールド線を使ってるらしいこと

そしてRCAピンに入力側はシールドを浮かし、出力側のシールド線をアースにつなぐと書いてあった

引用・・・

なぜかというと、2芯シールドの場合、信号の入り口ではアースを取らず、出口をアースするというのが定石だからです。オーディオにおける送り受けのインピーダンスはロー送り、ハイ受けが基本で、インピーダンスの高い方にアースを接続します。高い方が静電誘導の影響を受けやすいので。
両側を接続すると、中のコールド線とシールドが見かけ上「輪」になってしまい(ループと言います)、
ノイズを拾いやすくなってしまいます。無線のループアンテナと一緒です。

・・・引用終わり

ふーんそうですか、SMEのフォノコードも片側はアースが浮いていた

またひとつお勉強になったけど、SMEのRCA端子を外して使うつもりだったけど

Img_3372 信号線が外れない

RCAの真ん中のピンが空洞で先端に半田付けしたあったので、先端をあっためたら外れると思ったら

ピン中央付近でも半出してあり線が外れない

結局使えないことになった

あー行き詰った

RCAピンを別途用意しなくては^^

アナログに懲りだしている

せっかくオーディオ機器を処分して減らしてたのに

アナログに手を染め始めたら、いろいろ落札しはじめている
何でまたプリアンプを
Mind_audioimg600x3751406711631g6t_2 オーディオ店が出品してのに値下げのボタンがあったので

試しに8千円ほど下げて入れてたら、

落札になっちゃった^^

まあフォノイコ内蔵だから

使ってみても良いか、

でも7万も取られちゃった

でこいつは3009用のメイン重りOnkochisin2img600x5791416217219sb_2

103を付けると

かなり重りを後ろに移動させて

ゼロバランスを取らねばならないから

少し重いのを落札



そしてMMのカートリッジを持ってないので

3009と言えばこれ3p0ldif15vryn

シェアーのV15TYPEⅢ

まあMCトランスが不要で

フォノイコのみで良い音がすれば

もうけものってやつだ


さーどうでしょう

まだ一つも手元に届いてないけど、楽しみでもある


しこしこと出品して貯めてたお金がいっぺんに出て行ってしまった

貯めるのには大変だけど、使うのってなんて簡単なのでしょうね

・・・・


Img_3356水平だしも

たいへん

ボーカルの音質・図太さが変わってくる

デジタルのボーカルに合わせて

アームを調整する


レコードの溝に対してカートリッジを平行にImg_3363

調整は見た目でしてるが

結局、音質で確認するしかない

それと雑音の増減


ボーカルのかすれ具合

ピントが合わないとボーカルが落ち着かない

合ってくるとデジタルに近づいていく

そしてデジタルより魅力的になるのでしょうかね


今朝アームボードが前に落ち込んでたので水平にしたら、音質がとてもおかしくなる

すべてやり直しするも、昨日の音質にならない

何か一つでも触れば変わってくる恐ろしい、台も問題、キャスターが付いてるので

すべて変わっちゃう、置き台を固定するしかないなー


でもLPで鳴らしながら耳(頭)で覚えてる音質に合わせていけるので心強い、面倒だけど

アナログは本当に面倒だな、とても神経質で繊細

デジタルは適当にしてても標準的なひどくない音質はすぐ出てくれるけど


アナログは適当が利かないので、しっかり耳を使って調整する必要があり、これがやはり重要なことなのかもしれない
Img_3367
HAP-Z1ESと切り替えて聴いてるけど、超えたかもしれない

LP12→C17→UTY→JEFF→自作FE103
HAP-Z1ES→JEFF→103

あえて言えば、LPが全体的に柔らかくて適度なにじみがあり、耳に優しい
解像度など同じくらい、低域も同じ高域が上に言ったような違いが感じれる
解像度は負けてるかも、墨の淡い分>これが魅力かな

うーん、良く聴いてけばまだまだデジタルに負けてる

でもアームの調整もまあまあ合っているという事かな


しかしC17を使ったMC20の音だから、C17に変われる昇圧トランスは今のT20mk2では負けてる、まだ高いの入手する必要があるのかも

T20mk2に代えると音像が膨らんで背景もやかましくなった、解像度が低下、何もかもが後退している、これではダメだな

あー7万のプリアンプなどかまけてる場合じゃないのにくやしい

でもあまり凝りだしたら怖い、お金がどんどん必要になっていきそう、適当なところで止めたほうがいいのかもしれない

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »