« 正月が来れば1つ年を取る | トップページ | 真空管プリアンプ届く »

2015年1月 7日 (水)

HAP-Z1ES  電磁波対策天板と無線LANの不具合

HAP-Z1ESの内部を電磁波対策をしたので、天板も電磁波吸収シートを貼った。

電磁波と天板の影響
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-0d11.html

電磁波対策その1
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d6ae.html

電磁波対策その2
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/hap-z1es-d222.html


天板を開けた状態と外した状態の音質の差がとても少なくなって満足してたが

無線LANとつながらなくなった

天板を外せば無線LANとつながる
Img_3773天板を半分以上開けないと無線LANが失敗する

内蔵されたWi-Hiアンテナが天板でシャットアウトされる影響はかなり大きい


ネット情報によるとHAP-Z1ESのWi-Hiアンテナは前面パネル両サイドに設置されてる
Img_3775この状態では無線LANはOK

Img_3777 何とかアンテナを移動させて

天板の影響を受けないようにしたい

そのためにはアンテナを外付けにする以外ダメなようだ


アンテナを外し、基盤を外し、アンテナ線を外すImg_3780


ぎりぎりの長さのアンテナ線では

仕方が無い、基盤が付いてた反対側に出すしかない




Img_3786 アハハっ^^;可愛いロバの耳ならぬ、HAP-Z1ESちゃんの耳

Img_3788 見かけは大事だが、仕方が無い

でも立派にアンテナのお仕事をなされていて、感度抜群で無線LANにつながりました^^/

これで有線LANにつなぐ必要も、ハブに電気を入れて立ち上げる必要もなくなりました。


おまけ
桑田最高!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5077.html

別に団結したり、反対運動したりする必要はないのよね

群れる必要もなし

ただ意見はきちっと持っていること

そしていつものように自分の生活を楽しむだけで良いのだよーん^^/

« 正月が来れば1つ年を取る | トップページ | 真空管プリアンプ届く »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HAP-Z1ES  電磁波対策天板と無線LANの不具合:

« 正月が来れば1つ年を取る | トップページ | 真空管プリアンプ届く »