« SCD-XE800 & AIT-DAC レンタルCD | トップページ | オーディオルームと複数のスピーカー »

2015年2月23日 (月)

理想のプリアンプ? AIT-PRE 昨夜のオク

理想のプリアンプを求め放浪中の身

昨夜はなんとめったに出ない(初めて)AIT-PREの最終日
Prefront
このプリアンプは今使っているAIT-DACの角田さん製作したので
以前視聴したものである
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-b7d9.html

見た目はそっけないほどのお姿だが、実力は凄い
Prehaisen うーん迷った末

168,000円始まりで

その当時に製作すれば23~24万円だったでしょう

結局192,000円で終了、もう最後はお任せで見てなかった^^
もうこの性格は怖いので最終は参加しないことに・・・

このAIT-PREはフルバランスでバランス(XLR)入出力が有り、EQも内蔵しているし
AIT-DACを持つ身としては、まさに理想のプリアンプなのだが

これを全くの理想のプリアンプにしたくない気持ちもあった

それは視聴したときの感想にも書いている通りであるが、そのときはEQは無かったかも

これ入手したらYUSAプリの存在が確実に無くなる
やはり隠れた人気、遣り合ったら20万まで行ったでしょうね

内蔵EQは聴いてみたかったかも

AIT-DACはいまだにオフに出ることはほとんど無い、やはり大事にしたい
そっけないケースを嫌い
2回もケース詰めしたこだわりのAIT-DACだからね
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-af9a.html

いまは重くて仕方が無いけど音には不満は無い

しかしAIT-PREは欲しかったね

« SCD-XE800 & AIT-DAC レンタルCD | トップページ | オーディオルームと複数のスピーカー »

アンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想のプリアンプ? AIT-PRE 昨夜のオク:

« SCD-XE800 & AIT-DAC レンタルCD | トップページ | オーディオルームと複数のスピーカー »