« maranz model.1 モノーラル真空管プリ | トップページ | アナログ LP のDSD録音 »

2015年2月 5日 (木)

予備のLet’Note CF-R6 入手&改造

ネットやオークションなどCF-R6でやっているが
換装してるSSD?から異音が目立ってきたので
この機種が気に入っているので予備のまたまた安くなったCF-R6を入手した。

ただHDD換装まで多くのネジを外す必要が有り大変面倒なので
Img_4207 HDDを外付けにした、これで簡単にHDDやSSDと交換出来るっちゃ^^
Img_4210 SATA延長ケーブルのために穴を開けるのは面倒だから

いまでは殆ど使わない電話モジュールの端子を外し、そこの穴を少し広げてケーブルを外に出すことにする。

電話モジュールはこれで使えないがUSB×2と有線LANはそのまま使えるので丁度良かった。


しかしここで

電話モジュールのケーブルを外すためにHDDフラットケーブルを外したため

トラブルに陥った、OSが無い、BIOSでHDDが無しとなって


”CHECK CABLE” のエラー表示、何度やり直しても^^;


今日は熊本でも山などで雪が降ってるらしい

この寒さでフレキケーブルを扱ったから破損したか?

フラットケーブルは折れてないし、差込口に何回もやり直してもダメ???

最後の手段、まともに動作してるCF-R6を分解して、フラットケーブルの差込口を見てみると・・・
止め具の下に差し込むのでなく、止め具の上にケーブルが来るようになっていた^^;;
Img_4211
正式に差込をするとやっと正常に立ち上がった^^/

あー午前中から午後まで掛かっちゃったよーん

でもフレキケーブルを落札かと思ってたのがしなくて良かった


さーCF-R6の2台体勢で、不具合にもめげず、XPの良き環境体勢を維持しながら、これからもずっと使い続けていきますよー

« maranz model.1 モノーラル真空管プリ | トップページ | アナログ LP のDSD録音 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予備のLet’Note CF-R6 入手&改造:

« maranz model.1 モノーラル真空管プリ | トップページ | アナログ LP のDSD録音 »