« アナログ LP のDSD録音 | トップページ | 大阪PとU・BROS-1とUTY-7のフォノイコ比較 »

2015年2月 8日 (日)

プリアンプを求めて(しつこく)

SUN AUDIOのパワーアンプとプリアンプのキットは作って使ったことはあった。共に処分している。プリはSVC-200だった、ところがSVC-500という限定販売されたプリアンプがあった。
Sunaudiosvc50001 SVC-200とみたところ変わりは無い
しかし内部を見ると
Sunaudiosvc50002 トランスが内蔵されている・・・バランス入出力?
Sunaudiosvc50003 そうなのだ、SVC-200のライン・プリとは中身がかなり変わっているが、入出力にXLRが付いてるのだねー^^
Sunaudiosvc50004これは何かな・・・電源トランスだな
Sunaudiosvc50005 うーんキットだから一般の人が作ったものかな?
でもセレクタが入力の近くに有るのは良いね、ケーブル引き伸ばされてないから
セレクタが近くにあるならシールドケーブルじゃなくて、何とか単線でつないだらどうじゃろ?・・・と夢が膨らむ^^
Sunaudiosvc50006後ろはこのとおり、XLRが入出力に1組付いてるね

これは入手しなくては

ところでSVCにはもう一つ上にSVC-1000というプリアンプも有るようだが価格が高い
40万いじょうである^^;

プリアンプはシンプルが一番だよねSVC-500取ります(宣言)

音はSVC-200と似ていて、スッキリした音だったと思う、YUSAプリの真空管版となるか、実に楽しみななった

で今ある真空管プリアンプは2つとも出品となりました。


去る人あれば、来る人ある^^/


・・・・・・・・・
追記

 さてオークションに望んだ最終日5万前後でラスト30分

税込みで7万前後と踏んでいたのだが、途中脱落(9万位)

最終的に100,100円(税込108,108円)

最後まで競い合ったらとどまるところ知らなかっただろう

15万位はいったかも、それほど真空管のバランスプリを

欲しがってる人が居るということだ、また取扱説明書(組立説明書)が付いてたのも良かったしね、まあ残念でした(諦めが肝心なときもあるってことだった)

« アナログ LP のDSD録音 | トップページ | 大阪PとU・BROS-1とUTY-7のフォノイコ比較 »

アンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリアンプを求めて(しつこく):

« アナログ LP のDSD録音 | トップページ | 大阪PとU・BROS-1とUTY-7のフォノイコ比較 »