« 最後のU・BROS-1の視聴&トラブル発生 | トップページ | TANNOY Monitor GOLD 3LZ »

2015年2月13日 (金)

何ゆえ真空管プリが欲しいのか

それは解像度ばかりを
透明度ばかりを求めてきて
それが良い音だと思ってきた

それが音楽を聴くという姿勢とは
ぜんぜん違うように気づいてきた

バイオリンを滑らかにふんわりと聴きたい
オーケストラの響きを気持ち良く聴きたい

理性で聞くのでなく
感性に響いてくるような音楽に浸りたい

JAZZはともかく
クラシックはそういう風に鳴らしたい


プリアンプを替えればそれが出来ると?
それよりそういう風に鳴らすスピーカーを揃えたほうが良いような気がしますが

そうですね、まず昔のTANNOYとかを鳴らしてみる必要性がありますね
いまあるSPはどれも高解像度でキリッとした音像にしてますよね

そういえばT4をアナログで聴いたことが無かった

LP12→UTY-7→JEFF・CONCERTO→T4

低域がとても重厚ではるか奥にオーケストラが定位している
刺激的ではない音質で、これはクラシックを聴くSPである

プリがJEFFではあるが、SPがここまで音を支配するのか
JEFFはどちらかといえばすっきりくっきりの音質なのに

高域の刺激的な音は抑えられ、低域よりの音質である
タンノイもこういった風な音になるのだろう

もう少し低域がゆるくても良い気がする
そして少し暗いかもしれない

でも他のSPで聴くより弦楽器が聴きやすい

« 最後のU・BROS-1の視聴&トラブル発生 | トップページ | TANNOY Monitor GOLD 3LZ »

アンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何ゆえ真空管プリが欲しいのか:

« 最後のU・BROS-1の視聴&トラブル発生 | トップページ | TANNOY Monitor GOLD 3LZ »