« 続:A7モドキのネットワーク・完成かな | トップページ | PCで気軽に音楽を GH-SPM21PK »

2015年2月28日 (土)

プリアンプ ROTEL RC-1090

ROTELはずっと聞いてみたいと思っていた
バランス入出力のプリがヤフに出たので落札した

一昨日からずっと聞いているが、可も無く不可も無しという感想

これは相当良いということ

ROTEL RC-1090 ( Gtunesシール貼付 )

Img_4524
仕様・規格

入力
 PHONO(MC):    250μV/100Ω
 PHONO(MM):    2.5mV/47kΩ
 CD/TUNER/AUX:  150mV/18kΩ

※CD入力はRCA・XLR切替式

出力感度/インピーダンス:1V/100Ω

※出力はRCA・XLR切替式

S/N比(IHF-A)
 PHONO(MC/MC): 70dB/75dB
 CD/TUNER/AUX:  100dB
電源電圧:       AC100V
消費電力:       13w(実際14w)
外径寸法:       W430×H125×D345mm
重    量:       7.8kg

リモコン操作
Img_4525_2HAP-Z1ESからバランス入力でCDへ
出力は バランス→S100mk2→A7・FE103
      RCA → 真空管アンプ →ⅢLZ・FAL

 やはりバランス入出力が有るのは良い接続が安定する

音は、味付けが感じられないYUSAプリと似てる
雑味が無く見通しが良く、低域も過不足無く厚い

実にプリアンプとして目立たず床の下の力持ちという感じでシステムを要として支えている

これにはPHONO内蔵しておりアナログも聞いてみた

あまり期待はしてなかった通りMCでは手持ちのMC20に合わなかった
しかしMMは橋本トランスを通して聞いたが実にしっかりした味付けも少ない良い音だった
この内蔵MMでⅢLZはUESUGIのUTY-7より聞きやすかった
これはうれしい誤算で、このプリアンプはとてもコストパフォーマンスに優れている。


ROTELは出品者の談として
”入手した時、広告費は節約し製品開発とリーズナブルな価格設定に使いますという
昔のローテル社片隅広告を思い出したくらいでした。”

この通りでROTELの宣伝を見たことは有りません、こんなオーディオメーカーが日本にあることさえ知らなかった
何でもかんでも自己主張と目立ち我利やな現代にこんなメーカーがあるとは

これで音が良くなかったら別になんでもないけど
YUSAプリやJEFF・CONCERTOと何ら見劣りしない
そして価格はJEFFの10分の1プラスアルファー

原稿製品はRC-1580MK2 となっている価格も少し高くなっているようだ

がむしゃらに入札して入手した甲斐がありました、競合相手も欲しかったのでしょうね
どうも相すみませんでした^^;


またこの出品者の方が実に気さくな方で取引ナビでいろんなやり取りしててとても気持ちが良かったですね、近くの方なら遊びに行きたい気持ちになりましたね^^

詐欺?に会った直後でしたが
やはり人間同士の信頼感が一番大事ですね
実に良い取引をすることが出来てうれしく良かった。

あと気になるGtuneの中身も見てみたいなー

・・・・・
ネットで拾ってみた
ノーマル
1 電源改造後(G・tune?)
J 近づいた写真
K L
この通りか調べて見る必要があるかな

でうちの1090みて見た
Img_4533
真上から
Img_4538
プリアンプとしては実にしっかりした電源部だよね
Img_4546 ここがチューンされた2枚の基盤、ネット写真のと大分趣が違ってる
Img_4548 これと
Img_4544 これだが、電気が詳しくないからわかんない^^;
あっち(反対側)に電源部があるから
こっちのもチューンアップはネットでは
残留のノイズをチューンで超高域ピーク除去、定電圧回路追加でSN比、音の透明感が格段に良くなり数ランク上級のプリアンプに生まれ変わりますと説明あり

ノーマルは聞いたことが無いけど、現状不満が無いの良いのでしょうねこれ

以上おわり

 追記

 Tuneの2枚の追加基盤は触るととても不安定、写真でも判るが、1枚は2つの足、もう一つの基盤は1本の足のみである

 せっかく安定化電源の基盤なのに

足を追加してぐらぐらを修正した
Img_4549
必要に応じ底板を開けると、これも追加Tuneの一つだろうか、明らかに後で追加されたコンデンサである
Img_4550_2
拡大したコンデンサである
そして足を3本増やした、
基盤に穴を開けれそうなところ2箇所
一箇所はただのつっかえ棒式にする
Img_4557 これで曲りなりにはしっかりした基盤となった

分解して思ったのは天板も薄くなくしっかりしていたし、構造も頑丈に作ってあった。
バランスとアンバランスの入出力切替基盤がしっかり付いていた
Img_4530 こいつとは長い付き合いになりそう




 

« 続:A7モドキのネットワーク・完成かな | トップページ | PCで気軽に音楽を GH-SPM21PK »

アンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリアンプ ROTEL RC-1090:

« 続:A7モドキのネットワーク・完成かな | トップページ | PCで気軽に音楽を GH-SPM21PK »