« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

オーディオ道場へ

久しぶりに阿蘇のふもと「オーディオ道場」へ行ってきた
Img_71601 数年前と変わらぬSPたちの中

このSPが可愛く見えるほどの大きなSPが
Img_716811 Westernの大変古い劇場で使われていた励磁型SPだそうである

Img_71441 SPの裏側

2台の巨大なホーンとドライバー


フルレンジだそうで


ニーナシモンのデビューアルバムを


最初聞かせていただく


冥土の土産として^^/


音楽に必要な帯域が素直に

軽やかにホーンから放たれる


ウッドベースの軽やかなこと


これは清々しい


Img_71361_2
元剣道場の体育館だから


部屋は大きく天井が高いので開放感が素晴らしい


アンプはウェスタンの45で


マスターの自作真空管


ちょうど同席されていた


おじいちゃんが


なんと88歳・・・・このウェスタンと同年齢だそうな^^
Img_716511熊本市内から自分で運転して来られていた

背筋がしゃんとしていらっしゃいます

ドイツの古い合唱曲集を掛けられていた
Img_71461_2

やはり古い曲が断然似合います

マスター少し老けられたかも

でもぼけはじめも老けましたなと言われてしまった^^;
Img_71511うしろにバイタボックス?が見えていました


いやーぼけはじめまだまだ若いです

あのおじいちゃん素晴らしい^^/Img_71771

帰りがけに 美空ひばりちゃんの若かりし十代当時のの曲がこれまた柔らかくて

うーん降参しました



おじちゃんもマスターもまだやる気まんまんでした


良い刺激になりました



ぼけはじめも 


まだまだ長ーく 音楽を楽しむぞー^^





2015年7月30日 (木)

DSD 悪くない  (DSDをWAV化)

取り込んでいたDSD音源から、いい音のする音源を選んでいた WAV化のために

20150730_94052DSDでもあまり良くない音源はある、柔らかい音質ではあるが繊細な高域にもやがかかっているみたいで、解像度がいまいちに感じれるものもある

みどりさんの音源は良かったので、CDリッピングのAIFF(M44.1kHz)と比べると
あきらかにDSDが音質が良く、聞いていて気持ちが良い
PCMでは音量的に大きめで、繊細さ自然なやわからさ空間表現が減じる

あーやっぱりDSDのままで聞く方が良いですな
このDSDをWAVに変換して何になるのか?

しばし考慮してみることに・・・

あとe-onkyoから音源を購入するにしても
WAV  FLAC  DSD  3つから選べる値段同じで
DSDをどう活かすか活かさないかで購入形態が変わるので、ここはきちんと左脳を使って考えるべきか、右脳を使って一挙に決めるべきか・・・左脳を使って悩んでみる

しばし考慮してみるか
続くかも
・・・・・・・
そのまえにDSDをWAVに変換して実際聞いてみよう
20150730_101900XLDをバージョンアップするとDSDをWAV変換できる
しかしDSDはタグ情報が無い、呼び込まれたのはすべてunknown
ここは音の確認だけすることにして、このまま変換、DSD音源と同質のWAVを作る
聞いてみる
20150730_102740これは納得の音質である
DSD(1bit/2.8MHz と AIFF(16bit/44.1) DSD→WAV(24bit/352.8Mhz)  3つの比較
DSDを聞いた後はAIFFはまあ聞きたくなくなる
DSDとWAVはほとんど同じ
MACのAudirvanaya→USB-DAC→MDR-A1でUSB-DACは安もんんだから
これでも聞いても同じだね
いまはDSD再生装置はPCを除くと無いので、WAVで聞くしか無い
ただ、DSD変換でタグを打っていくのは大変な作業だな・・・
KORGのAudiogateはどうなのか、やはり同じかな理屈上では

・・・・・・・・・・
こちらPC(Win7)より
AudiogatedsdDSD→WAV変換作業
XLDと違ってWAV設定が必要 16bit/96kHzであとオプション無しで

またファイル名も正しく取ってくれたので大変良い、また変換速度も5倍以上速い
早いのがいいのかどうかは音質しだいではあるが

さてMACへ移動しますか^^;
・・・・・
 聞いてみたら、AIFFの16bit/44.1 より良いくらいでMACで変換したWAVと比較にならない音質
やはり96kHzでなく192kHz選ばなくてはいかんのか?
ちと問題だな
まだAudiogateの使い方が満足できていないのか
うーん結論が出せない^^;
面倒でもXLDでWAV変換をするしか無いかな

PCでファイルを確認するとともに
いろいろAudiogateで変換してみた

Midori5
1:原音DSD              237.2MB
2:MAC/XLDで原音と同じ    711.62MB
3:AGで16bit/96kHz            129.09MB
4:AGで16bit/176.2kHz           237.21MB
5:AGで24bit/88.2kHz        177.90MB
6:AGで24bit/96kHz             193.64MB
7:AGで24bit/192kHz     387.28MB

大きさから言って96kHzでは縮小し過ぎってことか

MACのAudirvanaで音を確かめてみた
あくまでも1との比較で判断する

やはりWAVで一番原音に近いのは2の音
あとPCのAUDOGATEでWAV化した音は大きくなるほど良いが

最初の出だしを聞いただけで暑苦しい(厚苦しい、音量も増してる)
これで却下

2はDSDとほぼ同じ音質・質感

しかし原音の倍以上の大きさになるのがいただけない^^;


うーん結論が出ない<DSDで聞けるのが一番そしてXLDでWAV変換だな

この変換した音源を聞く限りではだな

一応 終わり

先ほどのAudiogate設定を見直すとリアルタイム処理が「低負荷」になっていた

これを「高品位」に変えて再度192Khz/16bit or   24bit で変換し直してみた

早かった処理がゆっくりになった、これはいけるかも・・・


良くなった気はするけど、あまり変わらない気もする

まあ ぼけはじめ みたいにDSDをWAVにする人はいないでしょうから
PCMをDSDに変換する人はいてもね

やはり ぼけはじめは変わってるね<うれしい^^/

DSDを直に再生したいねやっぱり


お天気が良くなり暑いのなんのって、もう止めましょ

でもQA660でもあとで確認してみますかね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すぐQA660とAIT-DACで確認してみて問題発生

XLD変換したみどりさんのバイオリンがコントラバスになっていた^^;

一番よかったと思っていたファイルが再生できません、Audiogateのはすべて再生できましたけど

WAV(24bit/352.8Mhz) では再生できませんQA660では


QA660に合わせれば良いってことだが、そうするとDSD音質が損なわれるでしょうね

DSD音源、いまは役立った無いですね


2015年7月29日 (水)

毎日どんよりした日ばかり

毎日毎日、同じように過ぎていく

北部九州は台風一過、梅雨明けかと思われたが

相変わらず雨かどんより曇った日ばかりで、むしむしする

梅雨に入る前から雨が多かったし、ここ2ヶ月で晴れた日は3日~4日ほどでは

朝の犬の散歩でお山を見れば、霧で上半分は見えないほど

どんより曇っているのか濃霧なのか

昨日一昨日もは雨も降ったし


やはり今年はとくに天気がおかしいですな

飯山一郎氏の言われるとおりフクイチの放射能プルームかもしれないね


放射能から身を守るって言われても、部屋を締め切りエアコンをかけっぱなしっても

ケチなぼけはじめには無理、エアコン入れた日は殆ど無い


こんなどんよりした日も開け放して外の空気を入れたまま過ごしている

おかげでSPコーン紙のカビも進むばかり

あっちもこっちも湿っ気ばっかり、もう慣れました


ここ北部九州は梅雨明けは無いらしい


何もしないで、ぼーっと外を眺めている

みんみんセミの鳴き声ばかり

ときどき淀んだ空気が流れで涼しい


コロも飯を食って出すものもだして、アゴを伸ばしている

あの目で眺めている意識とボケはじめのこの意識は同一のものだという


宇宙はひとつの完璧な意識

完璧でない経験をしたいがために

意識を無限に振り分けそれぞれに意識を分配し

不完全さのなか、喜びや悲しみなどなどをそれぞれをとおして体験しているとか


だからこの世にふたつとして同じものは存在しない

それぞれのちがった形での体験をしたいのだから、同じでは意味が無い


ぼけはじめの性格は唯一無二だから貴重なのである

こんなに切れが無い頭で、不器用で、やる気が無くて、なまけ者で・・・

優れてないと思われる特徴ばかり多すぎて書けないが


この特性で3次元世界での体験が宇宙さんはしたいのであるから、これも貴重なのである

(でももう少し喜怒哀楽を体験しないと宇宙さんは不満だと言うかもね^^;)


意識は本来ひとつのもの

だからモーツアルトの頭もアインシュタインの頭脳もこのボケはじめの意識には既にあるものなのだ

だから何も卑下することも無い


あのコロの目の中にある意識も同じということ

この体が使えなくなったら唯一無二の意識に戻るだけ


静かに生温い空気に浸りながら外を眺めている

あのコロも同じ気持ちで眺めてるのかも


外側の世界で何が起こっていようといまいと

この感じられる空間がすべてなのだし

TVも新聞もネットも遮断すれば何も無いに等しい

過去も未来も思考の創造物だし


何も無い、いまがあるだけ


会いたいと思う友人がいれば出掛ければ会えるだろうし

行かなければ犬とボケはじめの世界だけ


外に意識を向けるか向けないか


ひとそれぞれ


昨日はめずらしく友人からお誘いの電話が有ったが

何かしら行きたくない、面倒くさいで断った


何かしらどうでもいいやというこころがますます強まってきた


左脳は働かず、右脳は怠惰な気分ばかり


こんな なまけものにも起きるべくことは起こります

棚からぼたもち式でそれを待ちながらダラダラ過ごしませう


友人もあきれたかな^^


さー今日は何か有りますかな

あれー珍しく曇り空から晴れ間が見えてきました


何かありそうな予感^^


・・・・・・・・・・・


あほなことばかっし言ってないで


こんな湿り気のある新105wk+の音を残しておこう

QA660→AIT-DAC→YAPプリ→EPM-9

新105wk+


QA660のI2S回路遮断事件から
何かしらもっと良い音になった?
Jsbach_violin_concertos
それともこの湿気で刺々しさが単に抑えられているだけ?

これと同じ曲を秋に撮って比べてみるのも面白いかも

2015年7月27日 (月)

MAC リッピングなど

少しずつCD音源をリッピングしているAIFFに、これが今のところ保存音源の原本

それを使い途に分けてALACやらWAVに変換して使っている
そのPCはMACで、リッピングもWAV等変換も使用するソフトはXLDである
20150727_94856_2
QA660ではAIFF WAV FLAC なども再生するが、QA550はWAV(44.1kHzのみ)である、だからWAV音源も必要となる。
WAV音源は気に入ったもので音質良好のものしか変換しない
このとき音を確かめたいのにヘッドフォンでも良いが、外部SPでも鳴らしたい簡単に
外部SPでアンプ内蔵USB-DACはGH-SPM221PKを持っている
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/pcgh-spm21pk-47.html
内蔵バッテリーでUSBで充電できるし、XPではUSB-DACとして使える(XPでしか使えずWIN7などでは使えず)

Img_6970
これMACで使えないかな・・・
20150727_94452_2
unknown USB Audio Device となっているじゃん
出力をこれにしてiTunesを鳴らすと、あははちゃんと鳴りました
MACでもUSB-DACとして使えてます、音量は本体でしますが

こりゃええわ、MACをもっとこれから使わなくてはと
ブログもMACで今書いてます、Web貼付けちゃんと出来るかな

中断し保存で確かめようっと


確かめました、やはりURL貼付け出来ませんでした
HTML編集では出来るでしょうが、難しいこと覚えられない

マイクロソフトのインターネットエクスプロージャーなら普通に出来るんですが
画像は普通に貼付けられました、プリントスクリーン画像も少し大きめだな
PCであれば縮小すぐ出来るけどMACは何もかも覚えなくては・・・
MACのSafariでぼけはじめブログを見ると強調されたゴチック体で見やすいんだけど違和感もあるね
・・・・・・・・・・・・・

 上の不具合をノートPCを立ち上げ修正しました

やはり ぼけはじめはWINDOWSから卒業は無理みたいです

でもなるだけMACを多く使って少しずつ覚えましょうね


いつものように割り込み作業が入りましたな

でも結構これが面白い、なんでもやってみなくては判らないですな

さーWAV変換作業を地道にはじめましょうね
20150727_103832XLDで音楽フォルダ(AIFF)を選べばWAVに一辺に変換してくれるので早い
もちろん別のWAV専用の1テラHDDへ


2thdd
AIFFの原本保存HDDに黄色信号が点滅し始めたので、あっちこっちのHDDにいろんな形で保存もするようにしている


MACのXLDでリッピングしたAIFFの原本HDDをもうひとつのHDDへ順次保存更新をしている

この2テラHDDは黄色点滅から2ヶ月ほどそのまま使っているが、壊れるまで使おう

この原本HDDからHAP-Z1ESへ曲をそのつど追加で送ったりしている

ネット情報によるとあまりコピーは繰り返さないほうがいいとあったので、このまま壊れるまで使うか、早めに新しいHDDへ移行したのが良いのか判断に迷うところでもある<まあなるようになるでしょ


先ほどのURLのHTML編集は
<a href="http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/pcgh-spm21pk-47.html">http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/pcgh-spm21pk-47.html</a></div>
これでMACからも張り付けごHTMLで編集すれば出来ますね^^

そうか最初のURLを適当な言葉に置き換えればもっと短く出来るね^^


さーさーブログはこれくらいにして再度リッピング再開だー


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さっそくWAV変換のファイルを聞いてみる

QA550→光→RAL REX-KEB03→バランスケーブル→MDR-1A
Img_6976 このREX-KEB03はバランス・ヘッドフォンアンプだからバランスで聞いているけど
あんまり力強さは無い、すっきりとした透明感のある見通しの良い音を聞かせてくれる

これに力強さが加われば良いのに、またバランスとシングルの違いもそれほど感じられないかな


それからXLDでWAV変換するとき雑音が入るそうなので、その時のXLD設定の注意が

教えて貰ったブログを探しきれないので書いておく

XLDの環境設定の一般でWAVに変換を選んで

同じ環境設定のメタデータの上二つのチェックを外しておく
・可能であればタグを付加する
・変換前にタグを編集

ボケ始めはこれに
・カバーアートをファイルに埋め込むもチェックを外した

今この方法でAIFFからWAV変換したファイルをQA550で聞いているが全く雑音とか皆無で、素晴らしい音質で聞かせてくれています。



そしてぼけはじめは特に忘れないようにね

CDリッピング(AIFFで)時には、いまのメタデータチェックを元にもどしてつけておくことだね
AIFFにカバーアート埋め込まれなくなるからね^^


・・・・

 QA550の操作性は最悪

SWを切るたびにSDカードの最初の曲から始まり

ランダムを指定していたのもご破算で、わかりにくいメニューをリモコンで設定しなおさなくてはいけない

QA550は気安く使えないし、大き目のSDカードなども使えないね

同じ曲ばっかりSW切るたびに聞いている<こリャダメだ^^;

小さなSDカードを流し続け聞くとかに特化しなくては、それよQA660でんな

HAP-Z1ESが一番操作性は良いけど、あれこれ良いとこ割るいとこ

完璧なんてこの世にござんせん

2015年7月25日 (土)

QA660の改造失敗への顛末

QA660の改造はコンデンサやらなにやら脳の無いぼけはじめで出来ることはやっていた

音もそれなりに満足していたが

同軸出力とI2Sでのデジタル出力の音質の差がヘッドフォンで聞いても無いのがとても不満だった

ネット情報によればI2Sへ導く回路上にあるバッファーが原因みたいであった

しかしICチップの交換は無理だと諦めていたが、ついこの前ICを注文してしまった^^;

Img_6929 こんな作業がいやだといつも言ってるのにね、でノーマルと届いたICを比べると
幅が若干大きい>いつものパターン>失敗を招く

音質の確認は
 QA660 → AIT-DAC → 内蔵ヘッドフォンアンプ → MDR-1A(ヘッドフォン)

ICは5個単位だったので、普通に元ICを外し新しいのを取り付けるもやはり取り付けるのは無理で音が出なかった1回目終了
Img_6932_2 2回目はICの足の広がりを狭め足を立たせランドと接触しやすくしハンダをした

目測では上手くいっていたが、右側からの音が歪んでいてやはりダメ、何回か足元の再ハンダをしてみたが、音の状況は同じだった>失敗と判断

再度ICを基盤からはがす(このあたりで短気なボケは正常でない^^;

はがし方が乱暴に、基盤のランドは何本かはがれてしまった

もうI2Sはなかば諦めていた心の中で^^;<どうせDSD再生は出来ないしと

基板上をきれいにして同軸で聞こうとすると、同軸でも右側が歪んでいる

光端子でも同じ


あらら結局QA660を壊してしまったと思ったが

そうかSDカード基盤と本基盤のフレキケーブルを修復するたびに外したからフレキケーブルのつなぎ方の不良か、フレキの断線もあるに違いないと

フレキケーブルを何回かつなぎなすも、右側の歪みは直らない

何度かフレキをつなぎなおすとどんどん状況が悪化して「Initialize・・・」から進まない
Img_6957
QA660が起動画面も白いかすんだまま・・・フレキの正常な接続が出来ない

この状況で、もうあれもこれも壊れたと判断し新しくQA660を注文して

昨日は終わっていた

・・・・・・

日が開け、朝からフレキケーブルの修理などをネットで見ていて

ぼけはじめには無理と判断

フレキケーブルをテスターで測ると断線は無い・・・

やはり接続部の問題か、ケーブルに折り目の癖が付いているので

反対に取り付けてみたら、正常にQA660が立ち上がった^^/

早速SDカードを入れて聞いてみると・・・左右正常な音^^/

ゆったり聞き続けていたら途中から右側のひずみが始まる

これってもしかしたら

AIT-DACにQA550をつないで聞いてみると>同じ右側の歪み

ヘッドフォンアンプ関係の問題だった^^;

ということは昨日の2度目のIC換装は成功していたのだった

・・・・・・

もう落ち込みが大変、昨日の失敗を引きづることなく今日は目覚めたのに

新たな真実を知ることになり>再度深い落ち込む


ぼけはじめにはハンダ付けのスキルも無いのに、こんなことするからだと攻めながら

AIT-DACを開けQA550をHDMIケーブルでつなぎ聞いてみる
Img_6950 うーん良い音だ・・・歪んでないのでアチコチのケーブルをひっぱたりするも

歪みは出てこない???もうわけが判らない

何なんだろうこの顛末は

神様がもうこんなことは止めなさいと言っているのだろうか^^

ぼけはじめにはこんなことは似合わないと知ってるけど

QA550もノーマルの音以上に素晴らしい音になっているのは、こんなことをしたからだよね

でも今回の顛末で残ったのは
Img_6953QA660のI2S回路への無残な廃墟

そして新しいQA660の注文と出費



良い音にする手段は

①ただひたすらお金を掛けてプロが作った高額な製品を買って楽しむ

②ネット情報を駆使して安価で良い音のする製品を入手し楽しむ

③ネット情報を駆使して安価な製品を入手・改造してよい音をむさぼり楽しむ

④ネット情報を駆使してキットなどを入手し、より良い音のために改造する

⑤頭脳も技術を持った人たちは自作して楽しんでいる


ぼけはじめは①に近い②でガレージ製品が主になっている

スピーカー・プリアンプ・メインアンプがそうである

プレイヤーとデジタル製品が②か③である


今のところアンプやSPは有る程度出来上がっている感じかな


やはり送り出しが重要で

アナログ(LP)は既に決まっているが、デジタル関係がまだまだ迷走中である


PCで再生することは止めている面倒くさいので


あとはCDリッピングなどのデジタルデータをPC使わずどう再生するかである

①HAP-Z1ESでHDDオーディオプレイヤーで再生

②QA660やQA550のSDカードプレイヤーとAIT-DACで再生

③iPod・iPhoneとAIT-DAC等で再生する


音質の良い順は ② > ① > ③

SPで再生しても先日ブログに上げたのを聞いていただくと判るけど

ボーカルだけでなくピアノの音の柔らかさが素晴らしい


同じPCM→DSD変換の音なのにHAP-Z1ESではあのピアノの音は出ない

HAP-Z1ESはまだPCM的な音質である②はDSD的である

この差は埋まらない、それをQA660のI2Sでもっと良くしたかったのだが(泣)

欲張りだったのだろうか


内蔵ヘッドフォンで音を確かめていなかったら成功していたのに

この内蔵ヘッドフォンは信頼できないのだった、普通に聞いているには何の問題も出てこないのに、肝心なとき歪みを出すのだからもうどうしようもない

フタを開けて確かめると問題ないがフタを閉めると問題が出てくるって良くあることだよね

機械のふたって開けっ放しで使うほうが良いのかもしれない


あーあー何言っても過去は戻ってこないか

まあ新しいQA660はオプションで問題のバッファーも交換済みと高精度水晶発信器と高音質コンデンサーを申し込んでいる、お金で音質向上を済ませるつもりなのだな

現状のQA660では高音質のコンデンサやOSコンやフィルムコンデンサも取り付けている

まあ新しいQA660にはHDMI端子を新たに付けないとI2Sは使えませんので

また不得意なハンダ付けが待っています

到着には3週間ほど掛かるそうで、まだまだ先の先の話である


昨日今日の教訓をどう活かすかだな、活かせれば良いけど、また似たような失敗が続くのでしょう

失敗続きの連続ですから

3週間先がどうなっているのでしょう


これ書きながらQA550とAIT-DACでずっと聞いているけど

何の問題も無く良い音でなり続けているのが何ナノかな


オーディオ好きの病気は一向に良くならない日々が続きます


お外は梅雨も開けて良い天気ですね

暑くなってきたけど


・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昼食を食べて、2年ほど洗ってない寝袋を洗った

風呂に天日のお湯を貯め、寝袋を入れて足でもみ荒い、洗剤も少量加え

洗いながら思った

このような単純作業はきついけどやってることが頭にあり失敗はしない

精密なハンダ付け作業ほど恐れながらやっていて失敗する


スピ的に言えば、思考が現実を引き寄せている結果でもある

またどっちの作業が好きかで言えば単純作業が好きかも、目に見えて結果が現れるし

細かい集中力を必要とする作業はやはり向かないようだ



あと尊敬するゆきさんのブログにも有った


お金持ちで頭脳も優れている人は、望むものがすぐ手に入るから

所有したときの満足感や感動が薄い

貧乏な人は何でも手に入れるのに大変な苦労を伴い、また手に入れる範囲も品数も少なく高価なものは入手できないので

安いものでも手に入れたときの感動や満足が大きく、いつまでも大事にしようとする

どっちが幸せと感じるか


また食べ物についても、お金持ちさんは大変贅沢な食い物でも当たり前にいつでも食べれるから感動・満足感が少ない

貧者はいつも腹がすいているし、何気ない粗食でも大変美味しく、味わいながら幸せ感いっぱいでいただける

どっちが幸せか?


これをオーディオに例えると

めいっぱいの素晴らしい音質にこだわり、世の中の動きでお金を掛けすぐバージョンアップできるひとと

貧者で手持ちの少ない製品を自ら手直ししながら音質向上をしている人と

どっちが幸せか???


なんか違うような気もするが・・・・


どっちだっていいや、オーディオはやはり贅沢な趣味だからお金持ちが良いかな^^/


とか言い(思い)ながら汗だくで洗濯してやっと終わりました

外に寝袋を干しながら涼しい風に吹かれるときの幸せ感はたまりません

細かいハンダ付けして成功したときも幸せです

失敗したときは不幸せです
Img_6960

以上 終わり






























2015年7月24日 (金)

予言

misaさんの今日のブログで予言記事がありました。

詳しい中身は限定記事ということにされています。

尊敬するmisaさんのことです、記事にされるのはつらかったと思いますが

みんなのことを考えられてのことでしょうね。


ぼけはじめみたいに下らないブログなどでない素晴らしいブログと人物ですので

こころしてその日の来ることを冷静に見守りたいと思います。

そして予言が当たらないこともあわせて祈りましょう。


しかしぼけはじめが一番に心配するのはオーディオ装置のこと

ひとの命よりそれ、どうしようもありません

おーでぃおから卒業することがぼけはじめの課題なのかも


今朝は雨も降ってないようです

もういい加減に梅雨が明けてくれることも祈りましょう^^


おおいなる自然の意思(神)により選ばれた人々は

誹謗中傷を受けながらも冷静にみなへの伝言者として役割を担っていかれているのですね

感謝申し上げます。


2015年7月22日 (水)

QA660でDSD再生は

QA660でDSD再生しAIT-DACでDSD再生が失敗する理由は



AIT-DAC 製作記事から引用

・・・・・・・・・

DSD信号を当方DACに接続する場合、信号源としてはSACDPとDDCがありますが、DSDインターフェースはS/PDIFの様な標準規格がありませんので送り側に合わせてDAC側が対応しなければなりません。

一方DSDに必要な信号はI2Sと同じ信号数が3~4系統ですので共用可能です。

DSDの場合BCK,mclk,Ldata,Rdata

I2S(=PCM)の場合BCK,mclk,LRCK,Sdata となります。

BCKはdataのタイミングクロックです。

mclkはBCKの整数倍周波数のマスタークロックです、必須信号ではありませんが、当方DACはmclkを使用してジッター抑圧していますので必須信号です。

これを組み合わせBCKとmclkは同一線とするのが一般的ですが、DSD_LdataとI2S_LRCK、DSD_RdataとI2S_LRCKの組み合わせが2種存在しています。

さらにmclkの周波数も11.2896/12.288MHz、16.9344/18.432MHz、22.5792/24.576MHz、90.3168/98.304MHzがあるようです。

これらに対応するため、今までは組み合わせに応じてFPGAを変更していました。

最新のFPGAではDSDとI2S判定を含め、上記信号も自動検出、切り替えするようにしましたので、DSD時のLdata、Rdataを正しく配線、設定すればI2Sとの組み合わせは考慮する必要が無くなりました。

基板のDSD/I2S入力はisolator付き2系統、S/PDIFは同軸×2、光×2となりす。


・・・・・・引用おわり

さてQA660のI2S→HDMIケーブル製作では
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-eec4.html

QA660のI2S(IIS)のDATAは

1:DATA 3:LRCK 5:BCK 7:MCLK で、7はつながず。
Img_4544
以上よりQA660のDSD再生が失敗する検討が付く


7:MCLKをつないでどうなるか?

それでも失敗するならFPGAの更新をお願いする


QA660のふたを開けると
Img_4890_5
既にMCLKはつながっていた、角田さんにやってもらっていたのだった^^;
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-8590.html

そうだよねHDMIケーブルでPCMは完璧に再生できていたんだよね

何も覚えてないんだから、ボケはじめは


ではFPGAの書き換えをお願いするしかないかなー・・・

でも本当にQA660はDSDネイティブ再生しているのでしょうね


・・・・・・・・・・

質問してみた


質問:
QA660でDSDを再生できるそうですが、その時の出力端子は何を使い、受けるDACは何を使えばDSDデジタル信号を受け取れるのでしょう?


回答
DSD出力可能な端子は、同軸、BNC、光、AES / EBU、I2Sがありますが、例えば、 QA660の同軸かBNC1から出力、Benchmark DAC2 HGCのD3かD4より入力によって、DSDを楽しめます。


質問:
DSD:DoP V1.0対応とありますが、素人ながらI2Sを通じて送るのかと思いましたが違うのでしょうか? その場合のDSD再生を問うたつもりでした。

回答
同軸、BNC、光、AES / EBU、I2S どれもDSD出力可能です。


・・・・・・・・・・・・・・

QA660のいづれからもDSDデジタル信号出力が出来ていると^^

ぼけはじめは何もわからない技術的なこと、もうさっぱり

AIT-DACから再生できれば何でもいいや^^

角田さんに質問してみよう

で最終回答・・・

角田です。

お尋ねの件について当方で調査しましたところ

QA660のDSD出力はDop形式になっているようです。
これと直接接続(DDCを使用しないで)できるDACが「Benchmark社製 DAC2」のようです、
DSD信号は単純な構成ですので、Dopにしても現状では殆ど利点がありません。
当方DACはDop直接受信対応はしておりません。
もしSDCARDでDSD再生するならSDTRANS384があります。


・・・引用終わり

AIT-DACはDop方式には対応していないとの回答ですっきりしました

角田さま丁寧にお答えくださりありがとうございました。



まあAIT-DAC再生ではPCM→DSD128変換でとっても満足していますから

それでDSD音源は入手しなくなったし秘密の機械も処分してましたね


もうQA660でのDSD再生はきっぱり諦めました^^

所で今はiPodClassicのAIT-DAC経由で新105wk+を鳴らしてますが

iPodでもとっても良い音で鳴ってますからね

一応録画してみました

iPodClassic →Wadia171→AIT-DAC→YAPプリ→EPM-9→新105wk+


歌は夏川りみさん「黄金の花:ライブ」です

とっても癒される良い歌です

(著作権で既に消されてました^^;
(申し訳ございませんでした、早かったですね)
(日本の歌はダメみたいですね)

以上でQA660のDSD騒動を終わります^^


・・・

一晩中降り続けた雨も今は止み

気持ちの良いそよ風が肌をなでて行きます

さーお昼ご飯を食べましょう^^


2015年7月21日 (火)

今朝も雨

霧雨が柔らかく降り注いでいる
Img_6892 新しくなった物干しさおに水滴・・・


身近なところにやさしさやありがたさが満ちている


それがすべてであって、それが幸せなこと


それなのに、どうして遠い国のこと怖がったり憎んだりできませう


やはり一人一人が幸せを感じる感性と想像力を

身近なものに感謝と尊敬(尊厳)を感じれたら


もっと見知らぬ人たちにも同じこころを見れるのでしょうね


ぼけはじめもまだまだですが
Img_6891









2015年7月20日 (月)

天気が可笑しすぎ、その他

この3日間ほどの天気は

晴れときどき曇りときどき雨、ところにより雷雨

晴れていたかと思うとにわかに空一面雲に覆われ、そして雨が降ってくる

しばらくすると急に雲が薄くなり、ところどころ青空がのぞいている、そして晴れ間


この繰り返し

そのたびに洗濯物を入れたり出したり・・・もう止めました

だって取り込むのが間に合わないほど急に激しい雨がいきなり降ってくるときもあり間に合いません


何でもありのおかしなおかしな天気で???


そして今月のボケはじめのブログ集計も???
01
男女比の比率が(笑)

半分近くが女性のかたがご覧になっている


うれしいやら恥ずかしいやら^^


まあ何でもOK


こんな非常識なボケおじちゃんのブログご覧頂きありがとうございまーす^^/


・・・・・・・・・

今朝も阿蘇の麓方面に行ってきました、古い家を見に

そこの隣に住まわれている一人暮らしの女性の方とお話を

なんと95歳だって

普通に立っておしゃべりをしたんですが、こっちがきつくなって座り込んで^^;

昔の人はお元気です

隣人の親しいおばあちゃんが息子の所へ引っ越されてたいへん寂しいと言われてました


普段おしゃべり相手がいなくて、おしゃべりをしたかったんですね

素敵なおばあちゃんでした^^


この空き家でも良いかな

日当たりが良いからいつも日向ぼっこにおばあちゃん来られていたと

住んだらどうぞと言ってきた

あは、ボケはじめも さみしくないから良いかもね^^

・・・・・・・・・・・


Img_6887 洗濯物干しの表面ビニールが破れていて

サビも酷い


さお用圧縮チューブを買ってきて

物干しさおの修理してみた



まずサビ取りから

ネット情報でコーラが良いらしい


しかしジョボジョボ掛けるも

Img_6867
あんまり取れそうに無い
Img_6873
いろいろ試したが、もう古いものだから表面の凹凸さえ取れれば良いや
Img_6868
ヤスリで酷いところだけ削り取った、端の酷いところは切る

もう中までサビている、表面をきれいにしても手遅れですな
Img_6875
さお用チューブをかぶせて
Img_6876 さおを回しつつ熱湯を掛けていくと、ビニールがさおに吸い付いていき

たいへんきれいになりました
Img_6882 いままでの破れかぶれでサビが布団カバーなど汚してたのが

表面だけでもきれいだから汚れは付きません^^/
Img_6883 端は先端を余裕を持たせたカバーにお湯を掛け中に押し込めばOK

いつもはオーディオ配線の圧縮チューブばかりやってましたが

この物干しさおの圧縮チューブは大きさもスケールも大きくて素晴らしいものでした


でもむしむしの中での作業はちょっと大変でした

夕方まで掛かったのでコロがめしが欲しい欲しいとしつこかったImg_6885



はいはい愛情一杯の

一番安い愛情物語を

お召し上がりください


このヨーグルトの空き箱に一杯分、朝夕2回

これが我が家のコロの主食です


大変喜んでいただきます



今日も無事終了しました^^


おわり

2015年7月19日 (日)

今日の出来事など

ジムニーを売りました
Img_67901
今朝もう引渡しが済んで、ジムニーは旅立たれて行きました(泣)

なかなか面白い車でした

なかなか車に詳しいお兄ちゃんで
エンジン内部を調べられ、内部のチェーンも傷んでなく綺麗で
排気も白煙もなく透明でばっちりですと言われて

大変気に入られましたので可愛がって貰えそうです

昨日は一生懸命きれいにして、ワックスも掛けて今日送り出しました
Img_68061 奇跡の59000km台でこの9月で13年目でした

エンジンの調子は抜群で、まだまだばりばり活躍してくれるでしょう^^/

お世話になりましたジムニーちゃん

空いた駐車場が寂しい^^;


これからはアトレー7ちゃんひとりを可愛がりませう

こっちは12年目で11万kmほど

・・・・・・・・・

SONYのHAP-Z1ESの終わらないぐるぐる更新状態
Img_6750
ソニー相談窓口へ電話した

この不具合はソニーも把握していて、原因を捜査中だと言っていた

同じHAP-S1にはこの不具合は無いと言うと

使っているファームウエアーは同じものです、機体本体に起因するものかも含めて

調査中ですとのこと


当方のHDDの不具合が原因の可能性は?と問うと

それは無いでしょう、いまはただお待ちくださいとの返事でした


・・・・・・・・・・

さてヘッドフォンアンプのオペアンプ

LM4881と表面実装用基盤が届いていたがICの足0.65を注文したため
ICと基盤が合わず、再度1.27mmDIP変換基盤を教えてもらって再度注文^^;
Img_6813
こんなんばっかし、きょうそれが届いたの製作した

しかし温度が高すぎたハンダごてだったのか
Img_6826 手前はきれいだが向こう側はハンダがブリッジでむちゃくちゃ
20wの半田ごて(3,000円)を買ってきて再度ハンダ付け
Img_6820 出来上がったがこれも自信は無い、前回のと比較^^;
Img_6822
ゲタが長くて向こう側のコンデンサとぶつかり入らないので、ICを逆につけている

さーまったく自信はありませんが視聴すると無事 音だし成功


なんかこういう作業はぼけはじめには似合わない、もうしたくない


ヘッドフォンアンプキットの既に3台分以上の出費が掛かってしまった

やることなすことすべて失敗続きの作業で、苦い経験ばかりだった


まあいいか、ヘッドフォンアンプ内蔵の当初の目的は達したし

ジムニーは売れて、もう任意保険も車検も不要になったことだし、お金の節約がかなりこっちで出来たってことで由としましょう


今日の出来事おわり


しかしこれは酷いね
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7283.html

もうむちゃくちゃ、笑っちゃうくらい

これはもう出来上がっているのでしょう

川内原発の再稼動をまっかせなさーい

と同じようにアホが約束したってこと


そしてことはむちゃくちゃな通り進むってこと

それはこの世を動かしている絶大な権力構造が出来上がっているってこと

政治・経済・マスコミ・司法なにもかも与野党も同じ


アメリカでは国民が気づき戦争に行かなくなってきているので

あとは日本に肩代わりしてもらいましょうってことかも

日本国民もはやく気づきましょうってことでもある

2015年7月17日 (金)

QA660とAIT-DACの音

HAP-Z1ESが本調子でなく、エラーが出るので

久しぶりにQA660とAIT-DACで聞いていたら、なかなか良い音なので録画してみました

構成:QA660 →RCA同軸→ AIT-DAC →YAPプリ→EPM9→新105wk+

マヤ・ハッチ



リル・ダーリン(Li’l Darlin)
81oarfxbrl_sl1162_
音源はAIFF(44.1kHz)です

HAP-Z1ESより柔らかいと感じました

まあ操作性はHAP-Z1ESが遥かにやり易いので

通常はHAP-Z1ESを使いますね

AIFFが再生できますので、たまにはQA660も使うことにしましょう


それと新105wkですが、中低域がますます出るようになり

SPの位置を定位置から10cmほど奥の壁から前に出して

左右方向に6cmほど広げました

これでこれまでの音と釣り合うようです


SP箱は育っていくようです

たまには合わせないと違和感からか音楽が面白くないようです

そういう時は無意識にリモコンですぐ早送りばかりしています

頭脳が気持ち良い音を覚えていて違和感を感じてする行為みたいです


SP調整し直して初めて気づきました

音楽が楽しくないと思ったらSP設置調整を・・・ですね^^/


そろそろ台風一過 梅雨が明けそうです^^

2015年7月16日 (木)

HAP-Z1ES 不具合

HAP-Z1ES 再生中に

・何回か再生中にフリーズすること発生

・致命的なエラー「20002」も複数回でる

・再スキャンがいつまでも続いて終わらない

・再生中にiPadからもアクセスできないことも

・IPADとデータベースの失敗も何回も


HDDの不具合かな
Img_6689_2
取り出してPCでHDD(SSD)を確認してみた
Hapz1eshdd
これで見る限りは

何回か読み書き等失敗してるが ひどい異常は無いかな

再度HDDを元に戻して再生するも

再生は出来ても再スキャンが始まり・・・ずっと続く


8千曲超え入っているので、工場出荷状態には戻したく無い

ここは仕方なくHDD再スキャンを手動でやることに
Img_6690 スキャンし終わるまで計ってみる
Img_6693 意外とすんなり終わった
そして
Img_6696 再生も何も出来ない

音楽情報の再取得が永遠と始まるのです^^;

10曲終わるのに調子良いとき10秒かかっている

8800曲は2時間40分以上かかる


待ってみましょう

徹底的にやるしかありません

もうすぐ3時であと4700曲

だいたい4時半までには終わるかな

・・・・・・・・・・・・・・・・

 4時半近くに調べると数字は終わっているも

くるくる矢印は回ったまま・・・
音楽をお任せチャンネルで再生する
Img_6745 無事再生はしましたが、例のスキャン中の印は消えません

iPadから操作すると
Img_6747 操作できましたが、右上の更新を促す印を押すと

Img_6748 そして音楽再生も途中から立ち消え
本体も
Img_6751
もう操作も何も出来ない状態

SWボタン長押しで強制終了して再度立ち上げると
Img_6753
OKを押すと
Img_6755
OKを押し再生するも
Img_6756 あれれ
Img_6757 お任せも・・・

一段と悪化しました^^;


こうなれば最後の手段

使ってはいけない言葉 「工場出荷状態」

と思ってSWを入れると
Img_6758
再生出来ちゃった^^

でもあの更新中の印はグルグルしたままです


まだまだ情報更新取得中ということか?

でもあのエラー表示は何?


まあ最後の言葉はしばらくお預けして、このまま様子見ですかな


続くかも

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あれからずっと再生した状態で夜の9時過ぎ
Img_6760 カラヤンのニューイヤー

いい音で鳴ってます(笑)

で更新中のグルグルは相変わらず回っており、エラーも出てない

あれから5時間ほど経過しましたかな


ちょっと調子良いかもしれません^^/

ただお任せチャンネルなどは登録曲数がかなり少ない

HAP-Z1ESちゃんが精一杯お仕事がんばっているんだろうね

うんうん、大好きだよHAP-Z1ESちゃん

このまま調子崩さずお願いね^^


ありがとうございます、あめのみなかぬしさま

(久しぶりだけどね^^)

ただのつぶやき

ターミネーター・レジェンドを見てきた

シュワルツネッガーさんがお年寄りででていらしゃいました

初代の頃と比べて、精巧なCGやジェットコースター並みの激しい展開等息つく暇なしの映画であったが

初期の作品よりハラハラドキドキは薄っぺらだ

ジェットコースターに乗って盛りだくさんのイベントを見て回りあっという間終わった感じ

やはり今は技術に頼りすぎて、中身の工夫が不足していますな



上映開始まで時間が有ったので同店の本屋・オーディオコーナーでしばし立ち読み

久しぶりのステレオ・サウンド、中に松本隆氏のオーディオ(スピーカー)選びの記事

彼は一端のオーディオを持っていたらしいが東京から神戸に引っ越して、大げさなオーディオは不要と小さな装置で楽しんでいたそうですが

やはりそれでは物足りなく欲求不満に陥っていたそうで、ステレオサウンド関係者にオーディオ装置選びを相談したのが、この記事の始まり

やはり音楽をいっぱい楽しむには、小さな装置では満足できなくなる

この気持ちにぼけはじめも変に納得しながら記事を読み続けた


まあ選ばれるオーディオ装置はとても高価なスピーカーやアンプだったけど

個々人の範疇になるがオーディオ好きには、やはりオーディオから離れることは出来ないと再認識したのだった


あとステレオサウンド中心の人たち個々人のオーディオ部屋の相好訪問の記事

やはりオーディオマニヤたちの入れ込みようは誰でも同じだなと妙に親近感を持ってしまった

装置はたいそうちがうけど、まあ同じ人種なのだと思った


音楽好きがもう少し良い音に鳴ってくれればという気持ちは、気力がなくなる(死に際)まで堂々巡りであったとしても続くものなのだと思いました(笑)

趣味とは人様の役にたつことなどこれっぽちもないけど、それで良いんだよね^^



今朝は風がえらく強い、台風がきてるらしい(笑)

ネットでみれば、九州・四国間に北上中か、どうりで強いはずだ

まあ直撃には程遠いので対策は必要なしですが、方面の方々はお見舞い申し上げます^^;



買物にいくジムニーはマニュアル車

足腰が弱くなったのでクラッチ踏み込みがきつくなってきた

アトレーはそう感じないが、ジムニーも処分かな大好きな車ではあるが仕方なさそう

バイク通勤の息子が時々借りるから2台体制できたけど、経済的にも1台で良いかな

借りられたときは自転車で出掛けますか^^



山間地に一軒ボロ家が欲しいと探してたけどもう気に入った家がなかなか出てこない

不動産屋は、空き家はたくさん有るけど、残された親族間で話し合いがつかず放置されている物件がたいへん多いそうである

数年人間が住まないと家の傷みは凄いもので、もう何軒も見てきたが

部屋の中が暗く湿っぽい、山の中ほどひどい

表は良いが、裏(北側)へ回るといっそう朽ちた感じが酷いし雨漏れが心配


Img_6330 この前築80年の立派な城壁に囲まれた家を見たが実に惜しい

お庭も立派だったが見るも無残なほど荒れ放題

こんな山の中でひっそり暮らすには素敵な家だったけどね

安かったが年寄り一人の手直しでは無理


もう少し早めに売りに出されたらと思う物件が多い

はたして見つかるか、老いぼれて行くのが早いかですな^^

やはり大きい家ばかりで小さな家は出てこないね


あーあ 幸せだな何もすることなく

あーだこうだと思い巡らし

だらだら過ごせるって


みんみんセミが

風の音に負けまいと鳴り響き始めました


さー何か始めましょうか


おわり


2015年7月15日 (水)

AIT-DACへヘッドフォンアンプ内蔵完成

ヘッドフォンアンプの修理が終わったので、今日は本体組み込み作業をする
Img_6636 AIT-DAC電源から5Vを直接頂いて

信号配線をなるだけ短くして、RCAから同軸でDTU-S10ボリュウム基盤へ

ボリュウム基盤出力からヘッドフォンアンプ基盤へ

基盤出力からDTU-S10のヘッドフォン端子へ


電源関係はいつものごとく紆余曲折があったが何とか全部仕上げることが出来た

LM4881は5Vで駆動してるので、12Vから取る必要は無い

安定しているAIT-DACの電源から5V取るのが一番良質の電源だった

実際測ってみると5.1Vで安定している

LM4881が5.5vまでだったかな、十分である

Img_6653 QA550はWAV専用SDプレイヤー

せっかく内蔵ヘッドフォンで聞けるので


QA660のファームウエアーを1.5にして


WAV・AIFF・DSDも聞けるようにし


早速それぞれのファイルを聞いてみた


DSDが調子が悪く再生不可だったが


WAVもAIFFもきれいです


余計な配線回路を無くした

AIT-DAC内蔵ヘッドフォンはかなり上質な音をMDR-1Aから聞かせてくれました


失敗だらけの内蔵化で、見てくれは良くはありませんが

フタをしたので見えません、音は立派なものです

あとDSDが再生できなかったのが残念です


久しぶりにQA660を触ったので詳しいことを忘れているのでしょう

http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/i2s-da45.html

こことか読んでまたお勉強をするといたしましょう^^



安保は強行採決され、川内原発は再稼動もOKがでたようですね

ギリシャでも国民が騙し討ちになっている模様


まああのような人たちは仕方ありません

あの人たちの役割なのでしょう


あまり惑わされること無く、たんたんと過ごしませうImg_6656



今日は朝から晴れて暑いこと暑いこと


太陽光発電12V扇風機だけでは・・・


家族が帰ってきたらクーラー入れましょ


おかげさんで天日で

お風呂も熱いほど沸いていますね


さー犬に夕飯をやり散歩に出かけましょう

まだ日がさんさんだなー^^;

午後6時近くなのに


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSD再生はずっと以前やっていたがつい最近ぜんぜんやってなかったので

何もかも忘れてしまっていた^^;


I2SでDSDデジタル信号が送れたかしら?

HDMI(I2S)だったかな?

PCのFoobar2000でDSDネイティブ再生してUSB経由でUDA基盤で受けて

UDA基盤に取り付けたHDMIケーブルでAIT-DACでDSDを受け取っていたような気がする(?)


QA660ではDSDを再生できてみPCMでデジタル信号を送っているのではないかな

HDMIケーブルでそれを受けてAIT-DACで再生できないのは

DSDのデジタル出力データは何かな?


あー何もかもまったく思い出せない

HAP-Z1ESやAIT-DACではPCMをDSD相当にアップコンバートして聞かせており、これが素晴らしかったのでDSDネイティブ再生はずいぶん長いこと止めてしまっていた

結局QA550やQA660でPCM信号をAIT-DACに送ればDSD変換で聞かせてくれるのでDSDの必要性が感じられず、DSDは一切止めていたのだった

DSD再生は別にいまさらやらなくていいか

HAP-Z1ESではDSD再生してくれるし、QA660などで再生する必要は無いか

QA660のデジタル出力形式:PCM / Dolby Digital / DTS


となっているし無理みたいねDSDネイティブ再生

QA660では無理だからやらない、PCでの再生もやめているのでDSDはもう不要です

まあAIFFとWAVとALACが再生できるからそれでいいです


もうモウロクが激しいので覚えても端から忘れているし無理^^;


やっぱりオーディオは音楽を楽しむのが一番いい

近頃は似合わないことばっかりやっている、頭も無いのに

感覚人間には考えることは無理


オーディオはやはり音楽のために必要なだけ

ただそれだけ


そのため必要なら無理なことでも無理してもやってるだけ


おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この最後のボヤキを補完するような記事が・・・

http://5am5.blog.fc2.com/blog-entry-607.html

なんと言う事でしょうぼけはじめの為の記事ではないかい

ボケはじめもひたすら5次元領域へ移っているんですね^^/

あーなるほどねと納得しました

アシュタールありがとうね^^

2015年7月14日 (火)

ヘッドフォン・アンプ LM4881

AIT-DACから直接ヘッドフォンで聞けるようにと前回して諦めていました

いつ買ったか判らないヘッドフォンアンプ LM4881が有ったのでこれをAIT-DACに内蔵すれば簡単に出来る

そう思って確認作業をしていて、ばっちり使えることが判ったのは、前回諦めた直後だった
Img_6323 このアンプの良い所は電源が3V~5Vと8V~12V両方使えることだった

AIT-DACの電源基盤から電源が取れたのでヘッドフォンアンプ内蔵はごく簡単にいくはずだった・・・

この電源入力切替はJP(ジャンパーピン)の差し替えで行うようになっていた

5Vと12Vではどちらが良い音か試していて事件は起きた

5V設定のJPのまま12VをつないでSWをONすると小さく「ポン」とかいったのであわててSWを切るもそれから再生音が割れるようになったのである


ぼけはじめのいつものちょっとした間違いで、その後が

大変な修理作業が待っていた^^;


まず電源に近いコンデンサーから交換していった、無いのは通販で手に入れて

恐らくコンデンサーを換えればすぐ直ると思っていたし

上の基盤図で、積層から1000μF2本、450μF2本と換えても同じ音割れ状態

フィルムコンデンサーが届いてから大きいのを4本交換したがダメ^^;

3端子両隣のセラミックコンデンサ0.1μF交換もダメ
Img_6621
このたんびに通販のやり取り


もう最後の手段

デジットへ直接電話して相談

状況を言って問うてみると、コンデンサすべて疑うべし、3端子も壊れてるかも、そしてOPアンプも怪しい・・・<全部壊れてるかもとの答え(答えになってない)


この製品はこのOPアンプが入手出来なくて既に製造中止製品であった、だからOPアンプの入手もダメ、互換性のあるOPアンプは無し、ICチップがあるにはあると


ここまで苦労したので何とかすべて交換し試したい<もう必死^^;


何もかも上手くいかなかった時期がずっと続いていたのである

デジットからやっと最後の注文の品が届いたので今日修理開始

3端子を交換するも・・・状況変わらず



もうあとは唯一互換性のある小さなICチップのみ>いやな気持ちいっぱい^^;


デジットの説明では、OPアンプゲタを外して基盤にICを直接取り付けなさいと・・・


こんな小さなICにハンダ付け出来るわけ無い、交換なんか出来ない

と半ば諦めていたけど、OPアンプ用下駄にいろいろ工夫してハンダ付け出来るかも

と思い直し
Img_6625しかし目は見えないし、小さな作業で手は震えるしで、もうむちゃくちゃ

こんなんでやっぱダメでしょうと接続する
Img_6626  なんと音が正常に出ました^^/

ただし片方だけ^^;

片方のIC足へのハンダ不良でした、無事ステレオヘッドフォン再生が出来るようになりました

抵抗以外すべて交換し、最後のOPアンプがやられていたと判明^^;


もう身も心も疲れ果てて、あと組み込み作業などやる気が失せてしまい


顛末をブログに書いております>あれから1月近く掛かりました
Img_6629 ボリュウムとヘッドフォン端子はDTU-S10のをそのまま使えるので

内蔵化はもうあとは簡単でしょう

ぼけはじめが変な失敗しないなら
Img_6633

あした残りはやりましょうかね、くたびれました

何回も通販注文して、お金も時間もいっぱい掛かりました

ヘッドフォンアンプキット買えば3,000円で済んだのにね^^;

・・・・・・・・・・・・・・・

 いろいろ調べたけど

3~5Vで運用するなら電源部は殆ど不要ですな^^;

それからICはDIP変換基板を使えば案外簡単に

はやく気づきなさい>ぼけはじめさん


だから12V運用は止めて、5Vで決めうちにする、電源SWは不要かも

DTU-S10でもアンプに通電しっぱなしだったのでしょう

AIT-DAC消費電力12Wだったが、アンプ通電でも同じ12W


久しぶりにQA550でドリカム聞いてるけど<懐かしい

案外音質良いから、もう少し配線等短距離になるように見直しましょう

またDIP配線基盤とICは注文入れました


やっとヘッドフォンアンプ内蔵計画も順調に進みはじめたかも^^

2015年7月13日 (月)

毎日がギャグみたいな

もうあちこちの世界で何もかもがお笑いみたいになっている

面白い世の中になってきています、これまでの常識は嘘だったみたいに


昨夜は寝ていて夢の中で地震を感じていました

強かったです、ちと長めだったかも(夢だから自信は無い)

本物の強い地震が夜きたら夢とともにあの世に行けそうな気が(笑)


悲惨なことがあっても全身(真剣)で受け取れそうも無い

真剣になるほうが可笑しい、笑って受け取りませう

幸も不幸も無い、それを決め付けるのが可笑しい

いままでが真剣になりすぎて悲壮感を漂わせすぎでした

これからは何でもギャグ風に受け流すくらいがいいかも、何が起きても


こどもの頃は何があっても楽しかった

台風がくるとわくわくしてたし

現に被災地でも子供たちだけは相変わらずはしゃいでいるんだもん


明日の心配をしないことが良さそう

毎日を、いまを楽しく過ごすことができれば良いだけかも

まあ日々ますます非常識になってきたぼけはじめは

家族や友人の信頼感を次々に失っています(笑)


本物のボケの進行か頭が可笑しくなったのか

まともに家族が相手しなくなった

古くからの友人、失ったみたいふたりほど


だって言ってることが通じないし、面白くない

まあなるようになるしか


そういう固い信頼感なんて有り得ません

この世はゆるい関係ですし、流動的でしゅもんね

やりたくないのはしないし

やりたいことしかしない

これがますます顕著になってきましたから

また言うことがころころ変わるし、もうしかたありません


このアホなブログの読者(被害者)数もかなり減っているようす


まあブログ歴は長いだけだけど

ウエブ公開はこの3月末からしてみただけで

ボケ老人のたわごとだけど

何かの役に立てばうれしいと思って公開しましたが・・・

読者が減っていることが真実(役立たず)を表してるみたい(笑)


また10~15%は女性の読者らしいけど

おーでぃおばかりではつまらないし

まして政治風な話題もくだらないしね

まあ見ていただいてありがとうございました


またばかなたわごとしか続かないとおもいましゅが


WEB公開前の読者数は1ケ月で総数10人もいなかった(笑)ので

いまが可笑しいのかもしれません


あさはやく目がさめてまたまた妄想ばっかし言ってもうしわけございません

だってこの世の中がお笑い系の妄想みたいな世界ですもん^^


この世をますます真剣に生きている人たちへ


どうぞさらなる金儲けのため原発でも戦争でもおっぱじめてくだしゃい

粉飾決算ばかりの東芝さんもみんなに守られ原発の後始末大変でしょう

(いまでは原発手出さなければ良かったと思いでしょうが)

ご苦労様ですが、がんばってください


おわり













2015年7月11日 (土)

この世の流れが望む方向と逆に流れるのは何故か

○川内原発に火が入れられる


九州は太陽光パネルが物凄い勢いで増えてきた

九電はあわてて太陽光発電の買取規制を始めた、それほどの太陽光発電の普及だった


家の周辺も有り得ないほど猫も杓子も太陽光パネルだらけである(笑)

電気が打ちあまって仕方が無いのだ

あげく昼間ダムの水を山にくみ上げ夜に水力発電をする手段もとられている(良いことだ)

そして庶民には省エネ生活がかなり浸透してきている

放射能は現在もダダ漏れなのに

何故に原発再稼動か?



○安保法案が強行採決されようとしている


憲法学者の99%が憲法違反と言っているなか

国民の7割以上が反対もしくは進め方がおかしいし早すぎると言う声

地方議会も反対意見を上げ始めているのに

何故か?


○選挙をやってもやっても与党側は負けない


この政権を導いた野田政権のあのおかしな行動ややめる時期の決め方

小沢・鳩山路線を完璧につぶすためにとられた手段であったのでしょう

そしてその目を完全につぶすために、民主党内にはその重鎮(責任者)がいまだに責任も取らず残っている

体制を官僚制度から初めて脱却しようとした小沢・鳩山政権は完璧につぶさなければならなかったし、いまでもその力を緩めようとしていない、与野党一致の体制である

先の先と先の衆議院選挙の結果や、東京都知事選を見れば、もう日本の選挙で与野党が逆転することは完璧に無い

与党を補完するために一部を除いて野党は存在しているし、野党共闘を阻止するためでもある、経済界もマスコミも行政も裁判所も何かもそのような体制維持のために存在している

もう選挙も行かないほうがすっきりする(笑)


思えばまとリベラル派だった人々の発信するブログから反体制的な意見が次々に消えていったし、そして多くのブログそのものが消えていった

いまでは小林よしのり氏がリベラルと言われる時代になってきた(笑)


まあ元リベラル派は気づいていったのでしょう


このあほなブログも消えるのかもしれない(笑)


まだまだおかしいことがおきていくでしょうが、このようなことは日本だけなく世界レベルの話でもあるようですね


何故このような世の中に一挙に進んでいるのだろう?


今年は有り得ないほどの複数の飛行機事故が始まりだったかなもうこの流れはどんどん進むばかり

そして庶民の減らない労働時間とは正反対に賃金下降への道筋も出来上がっている


まあ、頭の良くないぼけはじめが考えてもさっぱりだったが

何故そのように進むか


その仕組みを簡潔に教えてくれる本に初めて出会った


ミナミ A アシュタール の 「3000倍、引き寄せる」


引き寄せの本はこれまでもいっぱい有ったようが、この本はそれまでの本と違っている

ボケはじめにはもうズバッと脳みそに染み込んできた


この本はひょっとしたらとても凄い本かもしれません、本当に^^;


普通の女の子の悲惨な過去(笑)から立ち直っていく話を交えて書かれた本でもあります

まあその彼女の生き様(凄いです)と彼女と一緒に歩いてきた取り巻きの本でもある

いままで読んできた左脳派の本より判りやすく、実践しやすいし生き方が楽しくできる本でもある


どうしようもない世の中、嫌なことばかりの毎日、不幸なめぐりあわせばかりの自分とか思っている人にぴったりくる明るく楽しく読める本でもある

中身はあれだから言えないけど、だまされたと思って読んでみたらと思って紹介させて頂きました


  例:物凄い言葉「愛とは感謝と尊敬である」

男性より女性のほうがすんなり納得できるかもね


世の中 なんて簡単な理屈で出来上がっているんでしょう

なーんも難しいことなんてありゃしません



頭のいい人たちはこれでもかと言うほど難しい本を書いていらっしゃいますがね

まったく判らないし、読んでてちっとも面白くない、明るくなりません


この本は明るく楽しく簡潔で判りやすいからするする納得できちゃいました


いろんな法制化反対のデモがあるようですが、まあ何するにしても明るく楽しんでやりたいものですね


きつかったり、楽しくなかったらり無理したりする必要もありません


これは何にでも言えることですが

うれしく楽しくやっているならともかく、やらねばとか言う理由でやったとしてもまた嫌な方向にしか進みません


その反動にうちしがれて暗い気持ちになったり落ち込んだりしますよ

もう何度も過去に経験済みの方々が多くいらっしゃいます


純粋な人ほど反動がきつく心が折れますからね

それこそあちら側の思う壺です(笑)

あちら側の人たちはすべてお見通しなのですからね



そんないままでの生き方から脱却して

せめて自分自身の生き方は自分(ハート)で選び


「うれしい、楽しい、大好き」 で生きたいものです


この生き方こそあちら側の人たちが一番恐れる生き方なのだそうです(笑)

何があろうが無かろうがこの「うれしい楽しい大好き」ですね(ドリカム)


おわり

2015年7月 8日 (水)

本当に久しぶりのお天気

1ヶ月近くこんなお日様が照りつける日は無かった
Img_6408
植物にとって


お日様は絶対必要です


うんと光で育ってね


湿気た空気は


いっぱいですがImg_6401


うれしい^^









みんみんゼミも鳴いている


まぶしい空


もう夏だね
Img_6402 日差しが暑い
Img_6397元気なかったからいもさんも良かったね

Img_6398 そうそう 雨で収穫できなかった
Img_6393
薬味に最高 みょうがさん


冷やしそうめんが食べたい^^
Img_6399


ゴーヤさんも待ってるぜー











Img_6400


このまま


梅雨も明けるのでは



梅雨の次は


真夏ですな^^

2015年7月 7日 (火)

新105wkのコンデンサを変えてみる

これまでの新103はも少し中低域を厚くしたいため

FE103-SolをFE105wkに代えて、FT207Dを加えていた

中低域も充実し、コンデンサ(1.33μF)で高域も華やかになりこれで十分かなと思っていた
Img_6376

ただそれだけではとコイルを注文していた、それがやっと届いた

FE105wkの再生周波数特性
Ff105wk_f これを見て6000Hzの12db/octを試したかった

コイルもコンデンサも計算通りでなく少々ずれているがいいでしょ
Img_6373 これまでのクロス無しのコンデンサ1.33μFのSPと
6000Hzクロスの音を片方のみ代えてSP1本づつ録画してみる

新105wk+FT207D/1.33μF


いろいろ録音


新105wk+FT207D/6000Hz(12db/oct)


上と同じ音源を録音

さあどうでしょうか


ブログに上げたのを聞いてみました^^;

比較したい部分を交合に聞けるのでブログは便利


こんなに違うとは思ってみませんでした

1.33で良いやと思っていたのが、これ聞いたらね


いままでは105とFT207の重なった領域がかなり解消されたため

まあ高域がかなりおとなしく、音量も控えめになりました

こちらが本当の高域でしょう


FE105wkは6000Hzでいきましょう


103-Solではフルレンジで使いますが、105wkは固めの音ですからね

やっぱ実際体験しなくては
特に耳が悪いぼけはじめにはわかりません


・・・・・・・・・・・・・・・

もうひとつのネットワークも作りました
Img_6377

目標の音質は新103-Sol

諏訪内と12月の雨の録音が残っていたので比較してみる

新103-諏訪内と12月の雨




新105wk+FT207D(クロス6000Hz)で


諏訪内と12月の雨

103は暗騒音が・・・工事の音です

小さな違いはあるも、103より中低域が厚くなり、高域もそれなりに103に近づきなかなか良いのではないかな、上品さではまだまだですが^^;


新105wk この辺りで目標達成としませうか


ぼけはじめにはこれ位で満足です^^


・・・・・・・・・・

おまけです

偉大なゆきのさんの今日のブログでーす

http://ameblo.jp/lifeshift/entry-12047591443.html

みなさんも楽しいことをやりましょうね^^/

2015年7月 6日 (月)

今日の閲覧ブログ

misaさん
http://ameblo.jp/aries-misa/entry-12047115600.html

wantonさん

http://ameblo.jp/64152966/entry-12047102576.html


あつしさん
http://5am5.blog.fc2.com/

ミナミさん
http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-12046531329.html

めずらしくつがったような

だんだんおかしなことがあらわになってきますね

いよいよ新しい世界とに分かれていくのでしょう


考えればおかしなことばかり

それは一般国民に早く目覚めましょうと言ってくれているのです

あほなボケはじめでさえ世の中が何か可笑しいようねと311から気づくようになったんだもんね


こんなバカにもこれでもかと気づかせてくれる所業、政府やマスコミさんお偉いさんありがとうございます^^/

また貴重な情報を提供してくれる一般の方々にも感謝いたします>ありがとう

貴重なヨーグルト教えていただいた飯山一郎さまにもありがとうございます。

Img_6371

長生きしたいとは思いませんがせめて健康に生きたいとは願っていますので

これからも両面(右左上下)からおもしろい情報よろしくお願いいたします。

おわり


長が雨続きですが、からいももゴーヤもおくらもきゅうりもすこしづつ育っています

ありがたやありがたやでございます


それにしてもミュージシャンはずっと前から違う世界で生きていらっしゃる人が多いみたいですな^^


追加ブログ最高^^/

祝詞婆ちゃん大好き
http://imahamukashi.blog.fc2.com/blog-entry-390.html

でもぼけはじめが年寄りなんだよね^^;

でもはやくこんな生活したい





2015年7月 5日 (日)

HAP-Z1ES DSDファイルにアルバムアート貼付&おまけ

以前アルバムアートを貼り付ける記事を書いていたが

DSDファイルにはアルバムアートは貼れる?

で終わっていた
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-eb69.html


だからDSDファイル再生では
Img_6353 白いLPジャケットが表示されていた

DSDファイルにもアルバムアートを埋め込む作業をした

手順は前回の手順と同じ
Dsd_2
マイドキュメントの適当なフォルダへ目的の画像をコピーしておく
itunesとiPodをつないで画像をiPodへ送る
Img_6354 DSDの再生画面でミュージック編集を立ち上げ
Img_6355
白いLP画像をタッチすると先ほど送り込んでいたフォルダが見えるので
Img_6356
目的のアルバムアートを選んで
Img_6358
無事取り込めたのであとは保存で終了でOK
Img_6363
無事DSDファイルもアルバムアートが表示されました

この方法でいいところは

DSDファイルがDSFやDIFFでも関係なくアルバムアートが貼付できることかな


まあ今はもうDSDファイルはどうでもよくなって、新たに入手することもなくなりました

今回の作業でお終いです^^


せっかくだからDSDファイルを再生してみました

新105wk+FT207D(1.33μF)


Don Friedman Trio - Waltz for Deddy

DSD 2.8MHz dff
Img_6364

2015年7月 4日 (土)

上手くいかないときもあるけど、しかし

相変わらずぐずつ付いた天気つづき

目が覚め外をみれば手すりに水滴


お天道様はどうしたんでせう

先月までいろいろ有り過ぎ、それも良い意味で

日ごろ何も無い年寄りも大変なときを過ごさせていただいた


その反動でしょうか


このごろは何やっても上手くいかない

良かれとおもいやってみるもうらめうらめ


人の世ってそういうものでしょうね


いやいや人ばかりでなく

いぬねこも機嫌が悪いと、飼い主の手を噛むときも

そうそう良いことばかりじゃない



こういうときはなにもかもほったらかし

じたばしても仕方がないか



世の中は食うて糞して寝て起きて、さて、その後は死ぬるばかりよ

一休さんも言ってるとおり


それ以外はおまけと思えばいいのでしょうけどね


さてさて


・・・・・・・・

 ご老人のたいそうな言葉より

若い娘のはつらつとした声


新105wk+FT207D(1.33μF)でMISIA


恋の季節

良いですな素直な若さって、一発で元気でました^^/

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »