« ハードのみのDSD再生 | トップページ | これからの生き方 »

2015年8月14日 (金)

新QA660 HDMI経由のI2S化

 フィデリックスのHDMI端子を旧QA660から外し、新QA660へ付け替える

その前に新旧の写真を

まず旧QA660
Img_77081
新QA660
Img_77071_2まず違いは、水晶発振器・OS-CON(青→黒)・電解コンデンサが違う、旧の電解コンは勝手に変えているのでこの図では参考にはなりませんが

あとSDカード受けとフレキケーブルに銀テープを貼ってある
Img_77131トランス振動対策で回りにネジが3個追加
Img_7714HDMI受け口の穴を開けるのが面倒くさいので
基盤だけケース間で取り替えようとして気づいた^^;

まあ良いや、金属ケースの穴あけはしたくない

あと気づいたのが、SDカード基盤と本体基盤のフレキコードの取り外しの開閉がしにくくなっていた、ぼけはじめも何回もここ取り外していてフレキケーブルを傷めていたから、この予防対策かな、緩めるツメが削ってあった。

早速HDMI基盤の新旧入れ替え
Img_7716トランス振動対策は目をつむり、本体ケースを入れ替え、完成
Img_7722
ハイレゾWAV音源を再生してみる
Img_7721
無事AIT-DACでI2Sで受け取れていた

同軸もつなぎ、I2Sとヘッドフォンで音質比較

OPアンプじゃない、とても音が良い新たなディスクリートのヘッドフォンアンプで
Img_7723

・・・これは一発でわかる良音質である^^/


COAXAL(同軸)の音にザラツキが有るのが判明^^;;

HDMI経由のI2Sではそれが滑らかになっていてた


やっぱ旧I2Sでは音質が良くなかったのだな、あの74LVC125と水晶発振精度の向上のおかげか


間違いなく高音質になった^^/


いやー良かった良かった、あの74LVC125の張替え失敗が有り

ここまでの高音質を味わうことが出来たのかもしれないね

あとで録画もしてみましょうかね

続くかも


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先ほどのCOXALとI2Sの違いは新QA660でのことで

旧QA660のCOAXALと新QA660のI2Sの違いは先ほどのような違いは少なかった


ということは、十分こなれた旧QA660のCOAXALはとても良好な音質である

新QA660はまだ到着したばかりだから、当分はエージングが進むまでは早めの判断は早急すぎるでしょう


ここはまだじっくり新QA660を稼動してから、また比較しましょう^^


旧QA660の音が良いのはFirmwareがVer1.0のOnly Wav も理由のひとつ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新QA660のファームエアーが Ver1.6になっていたのでFontも一緒に換える

ファームウェアーのバージョンがいろいろ有るのでまとめておく

・Ver1.0(2013/04/10)・・・Only WAVE format

・Ver1.4(2013/01/22)・・・サポートAIFF&CUE

・Ver1.5(2013/03/27)・・・Base On the stanndard DSD対応

  DSD Support 1bit/Dop V1.0/DSD64/DSDIFF / AIFF/ALAC 対応


・Ver1.5.2(2013/04/10)・・・音質優先ALACとギャップレス再生除外機能

・Ver1.6(2013/11/17)・・・SACD-ISOも追加対応


すなわちVer1.6はすべて対応だったし、何回か同じフレーズ繰り返すエラーが何回か続いたので



シンプルな、Ver1.5.2とした。


Font代えてもゴチック体変わらず?

何に代えればよかった忘れましたね^^;

さー、エラーはどうなるでしょうか

・・・・・・・・・・・・・・・・

 エラーはスタートから30分ほどで、確実に出る


同じところを繰り返し再生しだしたら
もう暴走と同じリモコンも何も受け付けないので、電源OFFしか手立ては無い

これは困った、こんなことは無かったのに、ファームウェアーの問題でなくハードの問題か?

SDカードの付け根から3.3VをHDMI端子の電源を貰ってるから?

でも旧QA660では同じ対処してたがこんな問題は出なかったが?

SDカード基盤のコンデンサを大きめのに換装かな?

うーん、困った

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 翌日暴走までの時間が少し延び45分ほど、でも暴走は止められない

試しに I2S への電源供給を止めると1時間でも暴走無し、1時間超えても
決定かな、SDカードへの電源供給不足が生じてるらしい

原因が判れば対策できるね^^

Img_7733ここから出発してる模様、これを外して
Img_773635V1000μFだから
手持ちの35Vは2200μFが有ったので
Img_7735ちと太いが無理してはめ込むも、ここの付け根の基盤止めネジがちと干渉する
頭の小さめのネジで止める

さー視聴はじめ 只今午後2時半だから3時半過ぎるまで持てれば大丈夫と判断します^^

なんかSDカード供給電源のおかげかベースが太くなったみたいに聞こえる<気のせいか?

さー1時間流してみましょう

・・・・

 1時間経過、この間 I2Sで流して正常再生してたので問題解決です<良かった

しばらく改造などせず、このままで聞きましょうね<また壊すからね^^

« ハードのみのDSD再生 | トップページ | これからの生き方 »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新QA660 HDMI経由のI2S化:

« ハードのみのDSD再生 | トップページ | これからの生き方 »