« 久しぶりの雨 | トップページ | 寒い朝 »

2018年4月 7日 (土)

雨と曇りと晴れ

昨夜は12時20分寝る、室温15度

Img_7485
晴れ間が見えて、起きたらすぐ雲に遮られた
ちょいと肌寒いですなー、いままでずっと20度あったから

今日は日曜日か
外は雲が覆っているが、時たま日差しが照ったり、雨が降ったり

Img_7486
籾殻に入れてるカライモの一個が柔らかくなってる、包丁で切ると腐れ掛け
うんじゃー早めにふかして食べましょう

・・・・・・・・

QA690のことをネット調べようとするも、殆ど日本語ブログの情報は皆無
もしボケブログをネットに公開してたら一番に表示されてたかも、おとろしい

無茶苦茶なボケブログだからなー <良かったねー公開してなくて

ということは、あんまし690は日本では売れてないのだな
QA100とQA690の違いを、バージョンアップSD05の聞いて感じたのが

昔のデジタルアンプは如何にもデジタルっぽくてスカッとさわやかで見通しが良くて
スッキリさわやかだったのだなー、QA100でそいつに慣れてしまっていたから

QA690やバーアップのSD05の音に戸惑った
クラシックを聴いてて奥により深く展開するQA100の方が繊細な情報量が多いと思ってた

でもデジタルが進化してくると、アナログ的な音になってくるのかなーと今は思ってきてる
そっちが本当の音なのだったのかなーと、ちと考えるようになってきたかも

QA690を貸しているお友だちも似たような感想だった、690は悪くないとも


Img_7490
ちょうどお友だちと電話でそのこと話していたが、カライモが気になり途中でお話を中段

あーからいもばっちり、うまいにゃああ あまいし^^


まあQA100もQA690もどっちも必要なのかもなー

いまQA100でJAZZボーカルをT4で流してるが、すっきとしてこれも好きな音だ
草食ボケにはこの音も外せないのかも


・・・・・・・・

オーディオの音は各人それぞれ

友達は、JAZZのオリジナルのLP(アナログ)が原点なのだな
ボケは、軽薄短小のデジタル音源それも44.1kHzのPCM

この違いではいくらオーディオ再生音を語ったとしてもお話は噛み合わない
ボケのうっすーい音源再生では話にならないのだ

デジタル出現はアナログから遠ざけPCM主体になっている
でもアナログはしっかり残ってブームにまでなっている、それだけアナログはデジタリ無い魅力があるのだ、そっちが本当の音かもしれないな

やはりアナログは避けて通れない
ボケもアナログをいつでも再生出来るようにセットしておかなくてはならんのかもな

ここら辺を抜きに、QA100とQA690の違いは語れないか
反省だな、よーっし部屋を片付けてアナログもいつでも使えるようにしよう


・・・・・・・

Img_7492
モーツアルトを掛けてみる、一目瞭然だ これがアナログの音だな 音が濃い
答えは100より690の方が正しい音だろうなー



・・・・・・・・・・・

また「海辺のカフカ」の読書

しかし今日は寒いなー、途中眠くなるし

温まるのを食おう、5時前

Img_7495
そとに山菜を採りに行ったら、温かい西日が差してた
いただきまーす あー温かくておいちい、でも熱すぎ
冷えたカライモと一緒に食う
相方から電話で、払ったばかりの介護保険料の次の支払い通知書が来たと^^;
ほんとバカらしいなー、頭来る ごちそうさま

さーまた本を読みましょう



・・・・・・・・・・・・・・

やっと本を読み終える
村上春樹の小説でこれまでで一番安心して読めたし読了間もええ感じ

ナカ星コンビがまあ良かったねーボケとしては
あんましピッタリとした相方(相棒)を見つけると大変だね
身も心も 一生束縛されて何処にも行けないかもなー

ほどほどがええのかもしれませんなー

まだ6時半、何か晩秋のような寒さが北風に乗ってきてるみたい

« 久しぶりの雨 | トップページ | 寒い朝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨と曇りと晴れ:

« 久しぶりの雨 | トップページ | 寒い朝 »