« 夢遊病者みたい | トップページ | 雨の予報 /オーディオという趣味 »

2018年4月13日 (金)

今日も晴れ、フェアー行こう

昨夜は11時半に寝る、21度

Img_7550
不調だった体も回復しつつある、明日は雨の予報
今朝はもう暑いくらいに日が差している

体が動くなら、気分転換に福岡へ行こうか、まだ体が動くから

Img_7554
それでは朝食を取って、一日掛けるくらいあわてず、ゆっくりと行ってこよう
音楽ソフトは何かええのを用意してるという情報もあった、音楽を聴きに行こう


・・・・・・・・

9時出発、植木インターで高速、ETCカード期限切れで一般入り口
10時20分太宰府IC着、そのまま首都高速 会場に11時前に着く
駐車場は車が少ない、まず新しいYGの大きなのが鳴っていたので聴く
しかしライブのアコギの音がでかい、サウンドホールに首突っ込んで聴いてるような音で
すぐ出る
次はMAGIKO ここはいつも良い音ですね

Img_7555
マジコはとんでもない値段のSPばかりだが、今鳴ってるのはとても安く作ったSP
マジコのA3がうんうんYGよりはるかにまともな音で鳴っている ペアー130万

Img_7557
マジコにしては安い値段で有る、音もたいへんまともな再生音

その次はJALのエベレスト?だった、ええ音だがあんまし興味なし
そして小さなHB-1の高い奴が鳴っていた、とてもあのちいちゃなSPの音では無い
低域から高域まで素晴らしいが・・・SPの3倍は有りそうな巨大なアンプで鳴らしている
まず、普通のアンプじゃーこの音は無理ですな

アキュフェ-ズではB&Wにかわってヤマハの新しいSPが鳴っていた
石川さゆりのアナログが掛かっていた
素晴らしくきれいな音だが、ちょいとモニター的だな、興味なし

そしていつも気になるPIEGA

Img_7564
あー良い音だ、ハリーベラフォンテ?のライブ 実に自然な音に癒やされる音
写真では左の大きなやつ、音源は訪ねるとLINNEのDS、アンプは真空管OCTAVE

次に右側の新製品のスリムなSPだった、やはり石川さゆりのアナログ音源をデジタル化した音源、アキュで聴いたのよりええ音だが、やはり無理してせいいっぱい音出してる感じだな、大きな奴(ペアー230万)の自然さは出てない、でも買えるわけ無い

だけど来て良かった、やはり良い音がしてる再生音はボケの不足してる音が確認できる
T4とA7モドキの中間の音がボケ家には無いのがわかる

これはこのごろ気にしていたことなのだな、そのものずばりが確認できた
でもこういう高いSPは買えないけど、どうにかしたいと思った

やはり年に一度くらいはええ音を聴いて刺激を受けることはとてもええ事だった

帰りは来た道順と逆に帰る、基山PAで腹ごしらえ、鯖味噌定食690円、まあまあだった
植木インターに14時53分着、自宅着は15時20分ほどだった

片道2時間のドライブだったな、高速の運転大変だった、これから年取るごとに難しいゲームになっていきますな、何も無い生活ばかりだったから ちょいと目が覚めました

それからETCだろうが、現金だろうが高速料金に変わりはないそうだ、もうETCカード必要ないね
植木ICから太宰府IC:2,220円 首都高速:620円 会場駐車場代:700円
食事代まで入れれば7,000円は要りましたな


・・・・・・・・・・

疲れたので2階で寝る、ぐっすり眠った

起きて涼しくなってたので歩きに行く、外は東風が強い
最初はずっと向かい風でなかなかきついが、ぐっと足でふんばり歩いて行く

野生のカボチャ畑の周りの黒い森が風でひゅーひゅーと鳴いている
なんだか嵐がやってくるみたいな指輪物語の不気味な雰囲気
しかしそこを過ぎると西へ向きを変え、楽ちんな歩き

涼しくて汗も出なくてええ、西側には真っ黒な岩の壁のような巨大な雲
そこから飛行機雲が鬼の角のように東へ延びた飛行機雲、風でくねくねしてる

オーディオフェアーのオーディオあふれたホテル会場からだだっ広い田園のただ中に
ボケはまだまだ何処にでも行けるのだー

帰宅してFMをLP2024とT4で鳴らす、ボケ家の音だ
あー目指す音があの会場のどの音とも違うからねー

でもあの会場の音楽再生も悪くないね
まず違うのが、T4の音はSP間のずっと奥に音像が展開する
でもPIEGAの音はSP間のちょい奥上に音像が縦に展開してる

T4は床に近い、PIEGAなどは縦長のSPだからねー

ハイエンドのあの音は音がすっきりさわやかだしね
あの音を一応目指してみたい



・・・・・・・・・

今日のベストオブクラシック

ライブよりCDが良かった

Photo
CD名:ウィーン交響楽団 ~動物の謝肉祭/青少年のための管弦楽入門
「組曲「動物の謝肉祭」から「序奏とライオンの行進」「水族館」
     「森の奥に住むかっこう」「化石」「白鳥」「終曲」」
                     サン・サーンス作曲
                      (12分11秒)
             (合奏)ウィーン交響楽団のメンバー
                  (ピアノ)ラハフ・シャニ
                (ピアノ)ユリア・コチュバン


・・・・・・・

今夜のベストオブクラシック ”ラハフ・シャニ”をRasPIで聞き直す アンプはQA100

Photo_2
第一曲目は現代音楽 実に不思議な響き

クラシックを再生するにはこのT4の設置の仕方で問題は無い
今日のフェアー会場ホールの広さの2/3だが、床もがっちりしてるし十分な静かさがある
中央席よりちょいと後ろの席からステージを見下ろす聴き方が好きだし
コンサートホールの響きを解析的に分解能や定位を重視する聴き方などしない
ボケには この突き放す俯瞰したホールトーンが聴ければ十分で有る

LP2024より低域が力強く再生される、ホールの響きとなり十分だ



「「ウエスト・サイド物語」から「シンフォニック・ダンス」」 
                     バーンスタイン作曲
                      (21分58秒)
      (管弦楽)ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
                   (指揮)ラハフ・シャニ

音量をかなり上げて聴くとハイエンドの音になった、かなり明確なコンサート会場を再現する
34(db)かいつもより10db大きい、これくらいの音で聴くのだな
そうすればフェアー会場の音になるねえ、すばらしいずいぶん明瞭で上にも伸びた3次元空間だ

音量を上げたのでQA100の電源をバッテリーからAC電源に切替えると
あの冴えすぎるような明確な音が若干丸みを帯びた気が
バッテリーの電気のほうが濁ってないのかも、きれいさがほんのわずか違ってきた

こういうのも音量を大きく上げて聴かないと判らないのかもしれない
音量は大事だな
この音だったらオーディオフェアーの音に負けてるとは思わない
そしてアンプはQA100で十分だ、もちろんクラシックの音源ではあるが

逆に言えば、ここまでアンプから力強い電力で信号を送らないとSPユニットが十分な真価を発揮出来ないと言うわけだな
あの小さなHB-1が大きな再生音を奏でていたように



「ラプソディー・イン・ブルー」      ガーシュウィン作曲
                      (16分50秒)
               (ピアノと指揮)ラハフ・シャニ
      (管弦楽)ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
今夜のベストオブクラシックはこれが最高に良かった


今夜のベストオブクラシックの最後に掛かった曲は音源がCDだったが
他の曲はライブ録音で、同じFMからの録音で、やはりライブは音が柔らかく雰囲気も抜群
だが、CD音源は音も細く冷たいホールトーンもライブに比べて少ないのが判った

これも音量を十分上げないと違いが判らない、小音量ではCDの方が良かったと最初は言って他が、音量を上げて聴くと まったく逆になった

これも今日オーディオ・フェアーに行って刺激を貰ったおかげだな
やはり九州ではこんな催しは少ないから年に一度だったら行くべしだなと思う

さー今日はもう寝ましょう 11時半

« 夢遊病者みたい | トップページ | 雨の予報 /オーディオという趣味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

管理人様
最近、私が感じた事ですが。オーディオの一つの基準として、ハイレゾとCDの音質の違いが出るかどうかと言う所があると感じました。ハイレゾを聞くと、CDは聴けなくなります。例えばドラムの音が、ハイレゾだと体に圧迫が感じられます。シンバルの音は、空気を貫き響き渡る感じがします。チェロですと、低い音が体をゆすぶる感じがします。
パイオニアのN-70Aでは、感じられなかったのですがPD-70AEでははっきり分かります。

ハイレゾは、やはり凄いです。2級酒と大吟醸の違いで、2級には戻れなくなります。ハイレゾも試してみて下さい。最近そのせいで、CD,SACDを10枚以上購入しました。
と言っても、録音さえ良ければMP3も良い音がします。

健康的なお食事で、羨ましいです。

yotappe さん 
えらく遅くまで起きてらっしゃいまおすね、きっといい音が出てたんでしょう^^
CDとSACDなどのハイレゾとの違いですが、まずはいい音で録音されてる前提ですが
良い音源を再生する装置とSPがとても大切なようですね、N-70AよりPD-70AEが良いように

でも上を見たらきりが無いし、まあ入れ込み(本気度)具合の違いで、ボケにはそこまで追い詰めてないです^^
ボケさんの性格(ケチとか)懐具合とかやる気との兼ね合いの中での、まあいい音を目指してまして、それもええ加減かもです、だって当方の音を第三者が聞くことなんてほとんどありませーん

まあ独りよがりでええんです、自分の好きなことをやってて人様に理解して貰おうとも思いませんし、身近にそういう人も皆無でーす
yotappeさんが近くなら聞いて頂いて、ぼろくそに言って貰いたいですねー
そうすれば少しは真剣になるかもしれませーん^^

すいません、真剣なyotappeさんのコメントにええかげんなこと言って
でもまあボケがどう頑張ったってたかが知れてるし、耳は老人性特有の耳ですしね

食いもんもただええ加減なだけでーすよー^^


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日も晴れ、フェアー行こう:

« 夢遊病者みたい | トップページ | 雨の予報 /オーディオという趣味 »