« 一面の曇り/カライモ・さといも・キクイモ植え | トップページ | 今日もええ天気/SD05を視聴 »

2018年4月 2日 (月)

今日もええ天気/屋根上いろいろ

昨夜は12時半寝る、室温20度 暑い

Img_7394
寒くなくなったからか、日の出が早くなったからか、目覚めが早い
このまま夏に突入するなら、冬物洗濯は一挙にしてもええが

長期予報をみたら、金曜日の雨の日から以降、ちょいと寒さも来そうだった

雨が降る前にやるべきことが、屋上のいろいろ サビ塗装も
さびやすいのをスプレー塗装して、アンテナの固定金具のボルトのさびが酷いので

Img_7395
ハンズマンに買いに行った M8だった もちろんアルミねじを買う
アンテナ固定を終えて、アンテナ周辺の鳥の糞も掃除しておこう、しかし暑い暑い

Img_7396
だいぶん雨で流されていたが、ホウキで集めると結構な量が有った
ほとんど木の実の種などのようだ

あと気になることが、屋根の両サイドの金属パネルにサビが浮き掛かっている
ここは屋根一週有るからかなりの塗料が必要だなー、やりたくないなー
それにこれからだんだん暑くなって作業も大変だし

さーもうすぐ11時


・・・・・・・・・・・

FMを点けて、室内の掃除もする

やがてクラシックカフェが始まる、録音しながら掃除のつづき

介護保険料の納付が今日まで  <払いたくもないが
世帯主の息子が請求書が世帯主に来るケン払ってと言われた

まあ今日はええや、一切の行政サービスは受けないつもりだがなーボケは
もう5年以上行政のいろいろな行事や検診など一切いってないしなー、選挙ももうやめる

高いのだよなー介護保険料、生活費の中で一番大きいのはこれらの税金なのだ
まったく行政は節約などするつもりはないのに、すぐ値上げでしのいでるだけ

あープンプンしてたら腹減ったー、カフェも終わったし食うか

Img_7404
残りの味噌汁で、冷やごはんに、残しのコロッケにノビルに梅干し

Img_7402
いただきまーす あーおいちいねえ、うまいうまい
おなかも大満足でしたー、ごちそうさん


・・・・・・・・・・・

夕方から歩きに行く、やっぱまだ足腰が少し痛むのでゆっくり、大げさに体を動かしながら歩く
いつもワラビが生える田んぼの土手を見ながら歩いてたらワラビを見つけた
あーここもワラビが立ってるねえ、相方のワラビの煮しめが旨かったので
ボケもこっちのワラビで作りたいねえ、まだちょい早いかな、うれしいねえ^^



・・・・・・・・・・・・

ストーブを端に追いやり

Img_7411
部屋が広くなったので、T4でクラシックの録音源を鳴らす・・・も
LP2024もQA100でも やっぱいまいちなのだなー

Img_7406
いつもA7モドキを鳴らしてる、BTLミニアンプでは・・・1Wの出力だしなー

ところが、T4を鳴らしている、過不足無く?とまではボリュウムの位置は午後2~3時だ

へーT4はA7モドキとは比較できないほど高能率ではないが 6Ω88dBで固いエンクロージャーで箱なりはかなり少ないから、アンプだけでSPを鳴らさねば鳴らない


このミニアンプは東京のN様の自作品でFN1242A-DACと同じ製作者
一応覚え書きを引用

◆◇自作 BTL/SE・2モード・ヘッドホンアンプ&ミニアンプ(SN.001)◇◆

◆商品説明◆ ★Anpec製APA2068KA採用BTL/SE 2モード切換ヘッドフォンアンプ兼ミニアンプのハンドメイド試作完動品です。

【☆☆特長☆☆】

①ステレオパワーアンプ専用ICによるBTL/SE・2モードAB級動作
 ・BTL(OCL) 4Ω~8Ωスピーカー対応
 ・SE(OTL) 16Ω~68Ωヘッドフォン対応(音圧レベル80dB以上推奨)
②SEモード時オーディオグレードカップリングコンデンサKW使用
③BTL/SEモードは、フォーンジャック抜き差しにより切換
④32ステップDCボリュームコントロール(20dB~-80dB)
⑤初期電源ON時のPOP音低減ミュート機能有り。(約5秒)

【音質】低域及び中高音共にバランス良く聴き疲れしない音質でICアンプとは思えない
クセの無い素直な音質です。

出力は小さいですが、小型スピーカーと合わせ小型デスクトップシステムとして
十分な出力と思います。(私感)

【アンプ仕様】
・ANPEC Electronics製APA2068KA Stereo Audio Power Amplifier IC
・出力:6.3φTRS標準ステレオジャックヘッドフォン出力及びジョンソンターミナルスピーカー出力各1系統
(ヘッドフォン出力とスピーカー出力の併用使用は出来ません)
・サーマルプロテクション及び過剰電流プロテクション機能(IC規格にて)
・最大出力スィングクランプ機能は、未使用
・ライン入力:アンバランスRCAピンジャック1系統
・スピーカー出力:ジョンソンターミナル(赤/黒:右)(白/黒:左)1系統
・電源: AC100V~120V50/60Hz入力ACアダプター、出力DC5V/2.3A添付
・外形寸法:約111mm(W)x120mm(D)x44mm(H)突起部含まず
・質量(本体のみ) 約480g
★製品特性
★特性値は付属ACアダプター使用による当該SN.001作成時の測定参考データです。
◎BTLモード出力:@ボリューム最大、周波数1KHz、THD:1%、抵抗負荷
・4Ω :2.03W
・8Ω :0.93W
◎BTLモードその他:@、ボリューム最大、周波数1KHz、出力0.5W、8Ω、抵抗負荷
・THD:0.4%
・S/N:80dB
・残留雑音:152uV(帯域制限80KHz時、入力端GND)
・クロストーク:-60dB
・ゲイン:19dB
・周波数特性:15Hz(-3dB)~220KHz(-3dB)

※ヘッドフォン仕様等は使わないので省略

Photo
6Ωで1.5Wほどかな、でも実にええ音だなー
古楽器だが 図太い低音もしっかり再生している

でもデジタルアンプと比較すると、良い悪いは別として
アナログアンプは熱い音がする、デジタルは冷静な音
だからアナログは音像の実態を感じさせる
デジタルは音像より音場(立体空間)的になる

その結果としてアナログよりデジタルのサウンドステージは奥に展開する度合いが深い


Photo_2
このフルオーケストラ曲になると、ミニアンプでも図太い低域再生してるも
LP2024に切替えると、もう少し下まで低域が伸びているのが判る
でも音質はミニアンプと似てる、奥行きはちょいと深くなる すごいLP2024

Img_7414
QA690に切替えると一気に低域が拡大し、音場が広々して・・・よく判らん音だ
図太さだけは誰にも負けない音だが・・・うーん良く若欄音だ

結局どれが正しい音か判断出来ない

送り出しは全てRasPI&I2S-DD → FN1242A-DAC →アナログ出力で

QA690も時間が経過してからは音場がしっかりしてきた
なかなか聴かせる音になってきた、アナログ入力はええ

« 一面の曇り/カライモ・さといも・キクイモ植え | トップページ | 今日もええ天気/SD05を視聴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日もええ天気/屋根上いろいろ:

« 一面の曇り/カライモ・さといも・キクイモ植え | トップページ | 今日もええ天気/SD05を視聴 »