« 今朝は冷えた | トップページ | お日様と共に起床 »

2019年1月20日 (日)

予報どおり雨 / CD-34基板コンデンサ交換

昨夜は2時半過ぎに寝た、室温11度 映画を見ていた、まあまあの映画だったな

Img_3285
もう寝る前の12時頃からポツポツ降りだして雨、午前4時頃少し本降りになってた
天気予報は必須だなー、特に雨の予報は

Img_3286_2
新たなマキにシートをかぶせてた、何とか濡れずにやり過ごせてた^^
もう日当たりがそう良くなくなったので、濡らすのは絶対避けねばならない

社会の動向などどうでもええが、天気予報だけは大変ありがたい、あんがとうねー

今朝はやはり遅く目覚めましたな、そしてぜんぜん寒くないねー、室内も暗いので電灯が必要なほどだ
こんな日は何しましょ、あんまし電気使うとバッテリーは充電してくれないし、ネット徘徊と映画かな

・・・・・・・・・・・・

そうそうMR2000SのSSDがいっぱいで録音できなかった
SSDの音源整理をしましょう、最初FM録音源をPCで聴いてたが、うんいい音だ
うーんそれじゃMACでのUSB-DACの音はもっと良いかもなーと・・・

Img_3289
エレアトさんのUSB基板はPCもMACも認識してくれるのでええ
PCで聴いたぺリアスとメリザンドを聴いてみる

MACがメリハリがはっきりしてて、音量も大きい くっきりはっきりの明瞭度
それに比べてPCの音質は無指向性SPのずっと奥に展開しよりコンサート会場の音に近い

はっきりしましたな、好みだろうがPCがボケには圧倒的に好きだ
しかしネットを検索してみると、圧倒的にMACがええと有った  <ま音質は好みだし

まあFMクラシックの生録音源を聴いての判断だが、PCの再生音が抜群に良い
これはFMを聴いたときの音(FPGA+D8+T4)に近いし、VolumioとRasPI+T4でのオーディオ再生音にPCの方が近い

これは良い経験をしたね   <いやいやPCのプレイヤーはAudioGate で MACは iTuneだった
同じプレイヤーでやっぱ判断すべきかな


......

MAC にAudiogate を四苦八苦してインストールして再生する

20190120_112508

うーん文字化けするし、音量はとても小さいし 何か変だなー iTuneと音質も違う
iTuneで聴いた音量もメリハリも少なく、全然音質も良くない、何か設定が必要と思うけど、文字化けで判らん
PCでのAudioGateで聴くとホッとした、MACはさっぱり判りまへん

Audiogate
PCでAudioGateの環境設定をして、DirectからWASAPIとASIOに切替聴き
ASIOはMACのiTuneに近づいた音で、WASAPIに決定、音質が変わった、これがええ


・・・・・・・

気持ちよくいろいろなFM録音源聴いてたら12時も過ぎてた、そして雨も止んでた
昼食にしますか

Img_3292
ダイコンとにんじん、かぼちゃなどのダゴ汁 いただきまーす  あーおいちい
あー日が照ってきた、食事中だがマキのシートを剥がしに外へ出る
やっぱシート下は濡れていないが湿気ているからなー、明日も晴れの予報だ
あらためていただきます、あーおいちい おいしゅうございました、ゴチ

BGMはずっとFM音源集 やはりええ音だ
まあT4に比べれば少し明るい無指向性SPだな


外に出て郵便受けを見ると

Img_3295
あらら CD34用のコンデンサーがもう届いてた、早いなー

早速一番交換しやすいサーボ基板のコンデンサ33μFを1個交換してみた

Img_3299
古いの外して測定すると 33μF が10.87μFしか無い、やっぱ抜けてますねえ

Img_3305_2
銅版の基板だから接触しないように コンデンサの倒立取り付けをして、下手くそなハンダだから
1個交換で再生するかどうか試験  <無事再生できた、まず1個はOK

最後の5個目に交換したコンデンサは

Img_3310
33に対して8.46μFしか無かった、交換して動作に変化が有った
SWをONすると、勝手にトレーがOPENしてたのが、SW・ONでもトレーは出てこず、OPENボタンで出てくるようになった

ここまでの基板はサーボ基板なので音質には関係ない、高いニチコンのオーディオ・コンデンサを使用したが、もったいないのだろうねえ

さー次はDA基板だが、交換コンデンサー14個も有る、しかも音質に係わる基盤だ


・・・・・・・・・

4時半近く、マキのシートをかぶせて、さーDA基板を外そうとしてるところに”ピンポーン”
裏の若き嫁さんが笑顔で^^

Img_3315
さんざん文句ばっかし言ってるあのお嫁さんが 笑顔で^^
一月前ほどに赤ちゃんが生まれたので赤飯を炊いたそうで、うれしーいい
まだ温かいいただきまーす、あー可愛かったなーあの笑顔  すき好き^^ 
赤飯もおいちい、菊芋の味噌漬けとよく合いますにゃあ


・・・・・・・

DA基板のコンデンサー交換 5個変えて再生してみたら 右側のSPが無音
コンデンサーいじっくても無音のまま あーどっかハンダ不足か?

Img_3321
なんと、基板を引きづり回すうちに、R側の出力コードが切れてた

Img_3328
何とか左右から音が再生できた、良かったー^^

交換した5個の22μFのコンデンサーはいづれも 9μF台だった60%の容量抜け

DA基板1個除いて全部コンデンサー交換が済んだ、残り1個は?Vの150μFで手持ちが無い
手持ちで近いのは、35V/220μF  それとも 25V/220μF  あとサンヨーOSコンの 16V/160μF が有る

Img_3332
このDA基板の150μFのコンデンサーは何の働きだろうか、1個だから電源関係かな?
再生中テスターでこのコンデンサー間の電圧測定すると4.77Vだった

16Vいけるかなー、やはり余裕見て25Vか35Vかなそうすると150より容量70増える
どれかにしたい
まあ並列につないで150に近づけてもええが、同じ電圧のが無いし

Img_3335
SANYO OS-CON 16V-160μF を取り付ける

動作確かめる前にあと一箇所も交換したいのは プリアンプ基板? 何処?

Img_3341
有った、CDの読み込み基板のことだった、平ケーブルが2本繋がってなかなか取れないので
このままつないだまま、とても難しい作業だったが、あの寝ているコンデンサーを交換

Img_3345
このコンデンサ 16V/33μFなのに、殆ど抜けた状態だった、交換して良かった

仮組み立で再生したら、あー良かった無事再生した、何かざらざらした感じが確かに無くなったが、音質も何か変わったような気がしたが、もうオリジナルの音質も忘れてしまった
まええか、不器用で下手くそなボケの作業にしては上出来だった

もう10時半過ぎている、一日仕事だったなー


交換したコンデンサのまとめ

Photo
このブログに従って交換したが、最低限の交換に留めた

①用に買ったコンデンサ:ニチコン・ファインゴールド/50Vの22μF
②  〃          :ニチコン・ファインゴールド/50Vの33μF

①のコンデンサをDA基板に13個交換 あと150μFの1個をOS-CON 16Vー160μFに
②のコンデンサは サーボ基板に5個とプリアンプ基板に1個交換する

まだブログには電源基板とか、前面パネル操作基板とかも変えるような記事があるも
まあ前面パネルは音質には無関係だし、電源基板には日本製のコンデンサだから劣化も少ないと書いて有ったので交換しなかった

あーくたびれた

そうかプリアンプ基板のコンデンサもOS-CONでも良かったかもなー、まあ今更しないけど

Ellaoscar
”ELLA AND OSCAR”のCD掛けてるけど、ええねえ^^

« 今朝は冷えた | トップページ | お日様と共に起床 »

プレイヤー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予報どおり雨 / CD-34基板コンデンサ交換:

« 今朝は冷えた | トップページ | お日様と共に起床 »