カテゴリー「プレイヤー」の39件の記事

2019年3月23日 (土)

Soundgenic /ユーミンのCD

昨夜は夜遅く 1時半に寝た 外9度に内14度 

Img_4470

寝るとき空は青くお月様が良く見えて快晴だった、麻は冷えると思ってがそうでもなかった、朝方は曇っていた
用足しして眠いのでまた眠る、起きたのは8時を大きく過ぎていた

歩きに出て手袋もしてたがそう寒くもなかった、帰宅時には汗ばむほど
ストレッチも半分で切り上げる

昨夜遅くまで聞いてた音楽は ALL・MUSICと名付けたSSDでNASとLINN・Kazooで
ポピュラーMUSICはMACの

MAC CDリッピング

XLDを使いAIFFでリッピングしていた、かなり以前だなー
昨夜聞いて、何だか音質が少し歪み気味、かなりES9038Q2Mの簿流で絞って聴く(-10dB以上)
これっておかしいなー、リッピングが失敗してたのか、XLD設定がおかしかったのか

歪んでるCD:Kazooでの再生 音量100% ES9038 -10dBで

Photo_1

この曲はそう激しい曲でもないが針は振り切れている、音質も歪んでいる

せっかくSoundgenicでもCDリッピング出来るようなので試してみたい


・・・・

うーんCDリッピングしない? でもCD再生は出来るのだが
取扱説明書に従っていろいろするが出来ない? ボケには難しいことばかり
CDの再生でもかなりメーターの振れが大きいのでFIDATAの音量を80まで下げる

再生出来てるのにリッピングは出来ない・・・他のCDでやってみる

Img_4477

何だ紙ジャケだけが出来なかっただけだった
あー写真を中央にしたら文章も中央に^^;


もうわからんことだらけだ、これまで問題なかったのに

Soundgenic3






仕方が無い左寄せに画像を貼る、NASのSSD内の contents 内にCDLibraryが出来て
アーティスト名フォルダの中にCDがリッピングされた、判りやすくてええねえ

Soundgenic4

あー今度は文章は左寄せになってる、でこのCDは発売された当時にだから音量はあの頃の適正な録音音量だし音質もばっちり
さっきと同じ条件で針が0dBを超えるこがない・・・紙ジャケはコピーガードが掛かってて音量は大きすぎるほどか

その問題 紙ジャケCDをリッピングするにはやはりPCかMACでしか出来ないなー、でも元々が音質が悪いからなー
まSoundgenicでCDリッピングしても音質は悪くない、FLACかWAVEになるけどちゃんと出来る

Img_4482

このCD・BOXは録音音量が大き過ぎで、音質も良くないし リッピングも問題があるのがわかった、音のええCDが欲しいなー


・・・・・・

さーお昼も過ぎている めしにするか
でも面倒だな 簡単でええや

Img_4484

いただきまーす あー腹が減ってるのでうめえ もうこれだけで十分ですな ごちそうさまでした
ユーミンの紙ジャケでないCDが4~5枚有ったのでCDリッピングしながら食った


・・・・・・

急きょユーミンのCDをレンタルに、カードは切れてたが更新できた
土曜日でお店の客が多いこと

Img_4490

紅雀や他のもが無かった、6枚だけ借りてきた、帰りにイーオンに寄った、2割引の弁当のほかいろいろ買ってしまった、まええか^^
人生はすべて成り行きだし

Img_4495

傾いた黄色い西日が沈んでいく・・・ゾンビが出る時間前には帰れたな、今日は一日寒いのでカーテンを開けて西日を取り込む
沈んだら頑丈な雨戸で閉めておこう、 そのうち暑い西日になるだろうなー

さーリッピング開始、またよるにはMACでも取り込んで音質比較もしたいな
そうだな紙ジャケのリッピングファイルはすべて削除だな


・・・・・・・

この前に、NASの音楽データを音楽操作PRGで音質が違うと言ってたがあれは間違いだった
FIDATA・MUSICで再生してる曲をKazooで止めたり違う曲に変えたり出来るわけで、そのたびに音質が変わる訳は無いなー
失礼しました

さーリッピング全部終わった、音質等を確認しましょう

Soundgenic5_1

Kazooで100%出力でES9038で、メーター振れ大きいときで0~1dB
ばっちりですな、音も悪くは無い感じ

いや問題が有った

Img_4510

今日借りたユーミンCDには2種類が有った、図柄が有るのと、無いの
ES9038でー6dBで+1dB振れたのは図柄があるほうで
図柄が無いほうではES9038でー16dBまで絞ってやっと同じほどの針の振れになった(物凄い差だ)

図柄無しの方が販売が新しいらしい、ネットでは音量の大きいほうが音がええとかの意見もある
しかしボケには画像有りの古いほうが好みだ、これから借りるCDを確認して画像有りのCDを借りよう

同じ画像有りのCDでも「昨日お会いしましょうと」(1981年) と「NO SIDE」(1984年)では4dB以上の録音音量の差が有った
画像ありでも発売年が遅いほど録音音量が上がってるようだ
オーディオ(SP)で聴く方法からiPhoneなどの音楽プレイヤー(イヤホン)で聴く時代の反映かもしれない

「昨日・・・」1981と「NO SIDE」1984 の音質違いはそう無いようですね
これは選びようが無いので仕方が無いけど


・・・・・・

紙ジャケのCD音源全部消すのはもったいないというか、また全部そろえるのは面倒だし金も要るので
紙ジャケ音源を全部聴いて、何とかPASSとダメに分ける作業をしている、Kazoo100%出力・ES9083-10dBで
音が不安定になってるところは、大きな音が入ってるところ(ベースやバスドラ)がドンと来るところは歪んでない
歪むのはボーカルのぐっと伸ばしたりこぶしを回したりするところだなー、まあそう大きなひずみは無いって言うか
Kazoo100%出力でDACに送り込んだデジタル信号では歪んでないのだ、歪む直前で押さえてある・・・じゃーOK?

それが録音音量の小さなCDと目いっぱい録音音量を入れてあるCDを聞き比べれば、その音質の違いは一目瞭然
欲張った音量のCDのボーカルは歪んでないが表情が平べったい、適度なCDはボーカルがすくっと立っている、大きく歌う箇所も表情が崩れない

歪んでないが、音質が損なわれているのだなー
さー9時になった

Img_4511

さーめしだー弁当だー 何もせんでもめしが食えるにゃあ ちあわせにゃあ^^
あーおいちいおいちい ばくばく食ったらちょいと不足気味だー、でもごちそうさまでした

リッピングしてあるNO SIDEを聞き比べたら、ボーカルの違いが一目瞭然だった もう大きめのCDは聴けないねえ
やっぱ気に入ったCDは何とかそろえていこう













2019年3月21日 (木)

昨日書いた記事が読めた

昨日書いた記事が読めたので今日も書いてみる
昨夜は12時に寝る、外温?室温17度 温すぎ

Img_4418
画像貼りがでけたー^^
で今朝の暑いこと、もうぬくぬくだ朝から気持ちが悪いくらい

じゃー昨日にも画像貼っておこうか
あーそれからよたっぺさんからコメントが来てましたが <---(よたっぺさんじゃなく、しんぷるさんだったごめん^^;
コメント承認の欄が無く、コメント公開できませんごめんね^^<---(これを機にコメントたまにくださいね、ありがと^^

・・・・
今書いたこの記事を読もうとしたが・・・また読めない^^;

あータイムラグが旧ブログではすぐ読めたが、新ブログでは時間が掛かるが、やっと読めた
まだまだ慣れるまで時間が掛かりそう、ニフティもボケもなー

・・・・

ブログを書けなかった2日間で、いろいろ気づいた
ブログは日記で、ボケとの会話は日記だから成り立っていたことだった
でもその反面日記書かないっていよーなー、何かしら開放されたみたいで
まそれも10人前後の読書のことも気にしてるってことだった
これが誰も読まない日記だったらそういうことも思わなかったに違いない

Img_4425

タダの閉じたブログ日記だが、少しはボケのためにもなってるようだ、それに気づけただけでも良かった
33-2も軸受け軸の曲がりをペンチなどで懸命に直そうとしたが無理、xシリーズのリール台を落札し
軸だけ交換したらばっちり規格が同じで問題なく動作している
少しでも曲がってると早送りなどのときテープがぐらぐらしたりその発生音も大きくて使えなかったが、もうOK

左の軸も若干曲がってる、これも正常な軸にして完璧な33-2に直しましょう

Xシリーズは33-2に比べて古い機種で、コンデンサー足のさび問題があるほど、そのリール台

Img_4430

比較してもこれだけ台の厚さが違う、交換するまで不安だったが幾らTEACだって同じ軸を機種ごとに製作する余裕は無いと思い落札
見事おなじ規格だった
左側の軸を交換する前にもう一度ペンチで真っ直ぐに挑戦してみるか

Img_4431

だめもとで回してみたら、新しく交換した右軸より軸が動かないほど真っ直ぐになっちゃった  <愛が通じたのかもね^^
じゃーあとひとつのは今後のために予備としましょう

なんか33-2弄り回してるたびに可愛くなってきたねー、7760のときと同じように、これじゃ手離なせないかも
でも大きさが半端じゃないしなー


・・・・
しばらく動作確認しながら聞き、問題がないようなのでパネルを取り付ける

Img_4443

このテープガイドの小さな輪っかが奥と手前に2つ必要、一つ見つからなくてその当たりをずっと探し続けて
やっと見つけることができた、これがないとガイドが回らなくなりテープを痛めてしまう


・・・・

FMを点けて ケルト音楽を背に昼めしを作りましょう
外は雨は降ってないが煙ったような湿気た空気、菜っ葉を取りに行く

Img_4445

スープに豆腐と豆乳をたっぷり入れるとかぼちゃや菜っ葉の癖が薄まる、いただきまーす
あと餃子とソーセージも使うつもりが面倒くさくてやめた、これだけで結構美味しい、バナナもリンゴもあるし
ケルト音楽懐かしい気がする、ええなー おなかも満腹 ごちそうさま


・・・・・

ええねえケルト音楽は いつの間にか寝入ってしまって また目覚めてもケルト
何かしら懐かしくて、寂寞として 凛として すっくとしてて 媚びない
スコットランドに行きたくなった

でも日本の民謡も似たようなところが有るねー、もう少しあったかくてやさしい
りんとしてないボケにはやっぱ日本がええや



・・・・・

ずっとケルト音楽を聴いてて、やっと7時に休憩になったので

Img_4452

33-2の代わりに7760を鳴らしてみる、やっぱアナログ機器は大きいなー
デジタルはそこがええ、小さくて省エネ これで音でデジタルが優れてたら もうアナログの出番は無い
まあ終活に向けて考えていかなくては、でも7760(SONY)もメリハリ、高域の華々しいのがええ

しかしちょいと大げさに動いたら汗気味、室内温度18度もある 暑い 嫌な夏が来るのはいやだなー


・・・・・

片面テープが終わったのでまたケルト音楽を聴こう
なにかしら食べたいなー

Img_4455

どうしてもキュウリを見つけ出せなくてなー、またこういうとき卵があればええねえ いただきまーす
あーおいちい、けると音楽をバックに今日は西洋風なお食事ばかりでした、ごちそうさま ケルトも終わりになりました^^

でもよかった似たような曲ばかりだが、ぜんぜん飽きないし 楽しくなるのはええ





2019年1月20日 (日)

予報どおり雨 / CD-34基板コンデンサ交換

昨夜は2時半過ぎに寝た、室温11度 映画を見ていた、まあまあの映画だったな

Img_3285
もう寝る前の12時頃からポツポツ降りだして雨、午前4時頃少し本降りになってた
天気予報は必須だなー、特に雨の予報は

Img_3286_2
新たなマキにシートをかぶせてた、何とか濡れずにやり過ごせてた^^
もう日当たりがそう良くなくなったので、濡らすのは絶対避けねばならない

社会の動向などどうでもええが、天気予報だけは大変ありがたい、あんがとうねー

今朝はやはり遅く目覚めましたな、そしてぜんぜん寒くないねー、室内も暗いので電灯が必要なほどだ
こんな日は何しましょ、あんまし電気使うとバッテリーは充電してくれないし、ネット徘徊と映画かな

・・・・・・・・・・・・

そうそうMR2000SのSSDがいっぱいで録音できなかった
SSDの音源整理をしましょう、最初FM録音源をPCで聴いてたが、うんいい音だ
うーんそれじゃMACでのUSB-DACの音はもっと良いかもなーと・・・

Img_3289
エレアトさんのUSB基板はPCもMACも認識してくれるのでええ
PCで聴いたぺリアスとメリザンドを聴いてみる

MACがメリハリがはっきりしてて、音量も大きい くっきりはっきりの明瞭度
それに比べてPCの音質は無指向性SPのずっと奥に展開しよりコンサート会場の音に近い

はっきりしましたな、好みだろうがPCがボケには圧倒的に好きだ
しかしネットを検索してみると、圧倒的にMACがええと有った  <ま音質は好みだし

まあFMクラシックの生録音源を聴いての判断だが、PCの再生音が抜群に良い
これはFMを聴いたときの音(FPGA+D8+T4)に近いし、VolumioとRasPI+T4でのオーディオ再生音にPCの方が近い

これは良い経験をしたね   <いやいやPCのプレイヤーはAudioGate で MACは iTuneだった
同じプレイヤーでやっぱ判断すべきかな


......

MAC にAudiogate を四苦八苦してインストールして再生する

20190120_112508

うーん文字化けするし、音量はとても小さいし 何か変だなー iTuneと音質も違う
iTuneで聴いた音量もメリハリも少なく、全然音質も良くない、何か設定が必要と思うけど、文字化けで判らん
PCでのAudioGateで聴くとホッとした、MACはさっぱり判りまへん

Audiogate
PCでAudioGateの環境設定をして、DirectからWASAPIとASIOに切替聴き
ASIOはMACのiTuneに近づいた音で、WASAPIに決定、音質が変わった、これがええ


・・・・・・・

気持ちよくいろいろなFM録音源聴いてたら12時も過ぎてた、そして雨も止んでた
昼食にしますか

Img_3292
ダイコンとにんじん、かぼちゃなどのダゴ汁 いただきまーす  あーおいちい
あー日が照ってきた、食事中だがマキのシートを剥がしに外へ出る
やっぱシート下は濡れていないが湿気ているからなー、明日も晴れの予報だ
あらためていただきます、あーおいちい おいしゅうございました、ゴチ

BGMはずっとFM音源集 やはりええ音だ
まあT4に比べれば少し明るい無指向性SPだな


外に出て郵便受けを見ると

Img_3295
あらら CD34用のコンデンサーがもう届いてた、早いなー

早速一番交換しやすいサーボ基板のコンデンサ33μFを1個交換してみた

Img_3299
古いの外して測定すると 33μF が10.87μFしか無い、やっぱ抜けてますねえ

Img_3305_2
銅版の基板だから接触しないように コンデンサの倒立取り付けをして、下手くそなハンダだから
1個交換で再生するかどうか試験  <無事再生できた、まず1個はOK

最後の5個目に交換したコンデンサは

Img_3310
33に対して8.46μFしか無かった、交換して動作に変化が有った
SWをONすると、勝手にトレーがOPENしてたのが、SW・ONでもトレーは出てこず、OPENボタンで出てくるようになった

ここまでの基板はサーボ基板なので音質には関係ない、高いニチコンのオーディオ・コンデンサを使用したが、もったいないのだろうねえ

さー次はDA基板だが、交換コンデンサー14個も有る、しかも音質に係わる基盤だ


・・・・・・・・・

4時半近く、マキのシートをかぶせて、さーDA基板を外そうとしてるところに”ピンポーン”
裏の若き嫁さんが笑顔で^^

Img_3315
さんざん文句ばっかし言ってるあのお嫁さんが 笑顔で^^
一月前ほどに赤ちゃんが生まれたので赤飯を炊いたそうで、うれしーいい
まだ温かいいただきまーす、あー可愛かったなーあの笑顔  すき好き^^ 
赤飯もおいちい、菊芋の味噌漬けとよく合いますにゃあ


・・・・・・・

DA基板のコンデンサー交換 5個変えて再生してみたら 右側のSPが無音
コンデンサーいじっくても無音のまま あーどっかハンダ不足か?

Img_3321
なんと、基板を引きづり回すうちに、R側の出力コードが切れてた

Img_3328
何とか左右から音が再生できた、良かったー^^

交換した5個の22μFのコンデンサーはいづれも 9μF台だった60%の容量抜け

DA基板1個除いて全部コンデンサー交換が済んだ、残り1個は?Vの150μFで手持ちが無い
手持ちで近いのは、35V/220μF  それとも 25V/220μF  あとサンヨーOSコンの 16V/160μF が有る

Img_3332
このDA基板の150μFのコンデンサーは何の働きだろうか、1個だから電源関係かな?
再生中テスターでこのコンデンサー間の電圧測定すると4.77Vだった

16Vいけるかなー、やはり余裕見て25Vか35Vかなそうすると150より容量70増える
どれかにしたい
まあ並列につないで150に近づけてもええが、同じ電圧のが無いし

Img_3335
SANYO OS-CON 16V-160μF を取り付ける

動作確かめる前にあと一箇所も交換したいのは プリアンプ基板? 何処?

Img_3341
有った、CDの読み込み基板のことだった、平ケーブルが2本繋がってなかなか取れないので
このままつないだまま、とても難しい作業だったが、あの寝ているコンデンサーを交換

Img_3345
このコンデンサ 16V/33μFなのに、殆ど抜けた状態だった、交換して良かった

仮組み立で再生したら、あー良かった無事再生した、何かざらざらした感じが確かに無くなったが、音質も何か変わったような気がしたが、もうオリジナルの音質も忘れてしまった
まええか、不器用で下手くそなボケの作業にしては上出来だった

もう10時半過ぎている、一日仕事だったなー


交換したコンデンサのまとめ

Photo
このブログに従って交換したが、最低限の交換に留めた

①用に買ったコンデンサ:ニチコン・ファインゴールド/50Vの22μF
②  〃          :ニチコン・ファインゴールド/50Vの33μF

①のコンデンサをDA基板に13個交換 あと150μFの1個をOS-CON 16Vー160μFに
②のコンデンサは サーボ基板に5個とプリアンプ基板に1個交換する

まだブログには電源基板とか、前面パネル操作基板とかも変えるような記事があるも
まあ前面パネルは音質には無関係だし、電源基板には日本製のコンデンサだから劣化も少ないと書いて有ったので交換しなかった

あーくたびれた

そうかプリアンプ基板のコンデンサもOS-CONでも良かったかもなー、まあ今更しないけど

Ellaoscar
”ELLA AND OSCAR”のCD掛けてるけど、ええねえ^^

2015年8月14日 (金)

新QA660 HDMI経由のI2S化

 フィデリックスのHDMI端子を旧QA660から外し、新QA660へ付け替える

その前に新旧の写真を

まず旧QA660
Img_77081
新QA660
Img_77071_2まず違いは、水晶発振器・OS-CON(青→黒)・電解コンデンサが違う、旧の電解コンは勝手に変えているのでこの図では参考にはなりませんが

あとSDカード受けとフレキケーブルに銀テープを貼ってある
Img_77131トランス振動対策で回りにネジが3個追加
Img_7714HDMI受け口の穴を開けるのが面倒くさいので
基盤だけケース間で取り替えようとして気づいた^^;

まあ良いや、金属ケースの穴あけはしたくない

あと気づいたのが、SDカード基盤と本体基盤のフレキコードの取り外しの開閉がしにくくなっていた、ぼけはじめも何回もここ取り外していてフレキケーブルを傷めていたから、この予防対策かな、緩めるツメが削ってあった。

早速HDMI基盤の新旧入れ替え
Img_7716トランス振動対策は目をつむり、本体ケースを入れ替え、完成
Img_7722
ハイレゾWAV音源を再生してみる
Img_7721
無事AIT-DACでI2Sで受け取れていた

同軸もつなぎ、I2Sとヘッドフォンで音質比較

OPアンプじゃない、とても音が良い新たなディスクリートのヘッドフォンアンプで
Img_7723

・・・これは一発でわかる良音質である^^/


COAXAL(同軸)の音にザラツキが有るのが判明^^;;

HDMI経由のI2Sではそれが滑らかになっていてた


やっぱ旧I2Sでは音質が良くなかったのだな、あの74LVC125と水晶発振精度の向上のおかげか


間違いなく高音質になった^^/


いやー良かった良かった、あの74LVC125の張替え失敗が有り

ここまでの高音質を味わうことが出来たのかもしれないね

あとで録画もしてみましょうかね

続くかも


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 先ほどのCOXALとI2Sの違いは新QA660でのことで

旧QA660のCOAXALと新QA660のI2Sの違いは先ほどのような違いは少なかった


ということは、十分こなれた旧QA660のCOAXALはとても良好な音質である

新QA660はまだ到着したばかりだから、当分はエージングが進むまでは早めの判断は早急すぎるでしょう


ここはまだじっくり新QA660を稼動してから、また比較しましょう^^


旧QA660の音が良いのはFirmwareがVer1.0のOnly Wav も理由のひとつ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新QA660のファームエアーが Ver1.6になっていたのでFontも一緒に換える

ファームウェアーのバージョンがいろいろ有るのでまとめておく

・Ver1.0(2013/04/10)・・・Only WAVE format

・Ver1.4(2013/01/22)・・・サポートAIFF&CUE

・Ver1.5(2013/03/27)・・・Base On the stanndard DSD対応

  DSD Support 1bit/Dop V1.0/DSD64/DSDIFF / AIFF/ALAC 対応


・Ver1.5.2(2013/04/10)・・・音質優先ALACとギャップレス再生除外機能

・Ver1.6(2013/11/17)・・・SACD-ISOも追加対応


すなわちVer1.6はすべて対応だったし、何回か同じフレーズ繰り返すエラーが何回か続いたので



シンプルな、Ver1.5.2とした。


Font代えてもゴチック体変わらず?

何に代えればよかった忘れましたね^^;

さー、エラーはどうなるでしょうか

・・・・・・・・・・・・・・・・

 エラーはスタートから30分ほどで、確実に出る


同じところを繰り返し再生しだしたら
もう暴走と同じリモコンも何も受け付けないので、電源OFFしか手立ては無い

これは困った、こんなことは無かったのに、ファームウェアーの問題でなくハードの問題か?

SDカードの付け根から3.3VをHDMI端子の電源を貰ってるから?

でも旧QA660では同じ対処してたがこんな問題は出なかったが?

SDカード基盤のコンデンサを大きめのに換装かな?

うーん、困った

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 翌日暴走までの時間が少し延び45分ほど、でも暴走は止められない

試しに I2S への電源供給を止めると1時間でも暴走無し、1時間超えても
決定かな、SDカードへの電源供給不足が生じてるらしい

原因が判れば対策できるね^^

Img_7733ここから出発してる模様、これを外して
Img_773635V1000μFだから
手持ちの35Vは2200μFが有ったので
Img_7735ちと太いが無理してはめ込むも、ここの付け根の基盤止めネジがちと干渉する
頭の小さめのネジで止める

さー視聴はじめ 只今午後2時半だから3時半過ぎるまで持てれば大丈夫と判断します^^

なんかSDカード供給電源のおかげかベースが太くなったみたいに聞こえる<気のせいか?

さー1時間流してみましょう

・・・・

 1時間経過、この間 I2Sで流して正常再生してたので問題解決です<良かった

しばらく改造などせず、このままで聞きましょうね<また壊すからね^^

2015年8月 6日 (木)

HAP-Z1ES 不具合直った?

このごろHAP-Z1ESは更新中ぐるぐる印が嫌で、ずっと聞いてなかった
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/hap-z1es-4be6.html

今朝久しぶりに電源を入れてみたら

Img_7336 あのうっとしいぐるぐる回っているのが無い^^?

これって不具合がいつの間にか直ったのでしょうか?

別にバージョンアップも何もしてないけど

iPodのリモコン場面にも
あのうっとしい更新を促す印も現れていません
Img_7339 あれが有ると嫌なんですよね、更新をせかされている様で

で更新を押すと失敗したり
成功してもすぐに更新促す印が付くし

もううんざりしてました

だからずっとQA660とAIT-DACで聞いてきました

いやー直っているとは知りませんでしたね

・・・・・・・・・・・・・・

 疑り深い ぼけはじめ 試してみました
Img_7353_2 そのままHDDをスキャンすると、永遠に終わらないと嫌で
120GBのSSDをUSB外付けで取り付け
Img_7340 この外付けHDDをスキャンしてみましょう
Img_7345 無事スキャン終了

そして中に入っている音源データのデータ更新?が始まります
Img_7351 全部の曲をスキャンしたら
Img_7358 あの永遠にとまらない更新画面へ

さー何時間掛かるのでしょう
Img_7362 いやー無事更新終了しました、5分も掛かりませんでした
Img_7364 そして適当にジャンル別の再生をしてみると

あの正常な再生画面となりました

完全に直っていました^^/


これからはHAP-Z1ESも普通に聞けるようになりました

ありがとうございました SONY さま


・・・・・・・・・・・・

それでも不安なぼけはじめは午後もずっとHAP-Z1ES聴いていた

問題は一切発生せず

しかし暑い、扇風機のみで部屋にこもっているが
Img_7482 ついに室内で34度になった

まあ暑いのには耐性が有りますから、まだまだ大丈夫ですが

35度以上になったらきついでしょうね^^;

もう今日はこれ以上は上がらないでしょう
Img_7483
ちなみに暑さ対策:屋根裏換気の記事アクセスが半端内です

どこも暑いのですね

うちでは屋根裏換気停止中ですけど


廊下に置いてる屋根裏換気の温度計ですが

屋根裏は44度

それほど高くないですね


お空がちとうす曇りになってるし、お日様が少し傾いてきたから

晴れてたら50度近くになっているでしょう


屋根裏換気扇を天日のバッテリーで回せたらFBなのですが

暑いときに電気が多く発生するからね

まだ計画までは行ってない


でも例年夏の暑さが酷くなってきたら考えるかもね^^;


さー家族が帰ってきたらリビングはクーラーを入れます

家族は暑がりですから


ぼけはじめは寒さに弱いのレス


粗食と小食でとても健康ですが

40kg前後 痩せていますので肉や脂肪が有りません^^;


まあこれくらいが一番体が軽いから良いのです(笑)

自分の体の状態は自分が一番知っていますからね


なんでも平均値で判断する医者を信用してません^^

またまた脱線・・・


さーさー犬にえさをやって山に散歩に行きましょう

終わり


2015年7月16日 (木)

HAP-Z1ES 不具合

HAP-Z1ES 再生中に

・何回か再生中にフリーズすること発生

・致命的なエラー「20002」も複数回でる

・再スキャンがいつまでも続いて終わらない

・再生中にiPadからもアクセスできないことも

・IPADとデータベースの失敗も何回も


HDDの不具合かな
Img_6689_2
取り出してPCでHDD(SSD)を確認してみた
Hapz1eshdd
これで見る限りは

何回か読み書き等失敗してるが ひどい異常は無いかな

再度HDDを元に戻して再生するも

再生は出来ても再スキャンが始まり・・・ずっと続く


8千曲超え入っているので、工場出荷状態には戻したく無い

ここは仕方なくHDD再スキャンを手動でやることに
Img_6690 スキャンし終わるまで計ってみる
Img_6693 意外とすんなり終わった
そして
Img_6696 再生も何も出来ない

音楽情報の再取得が永遠と始まるのです^^;

10曲終わるのに調子良いとき10秒かかっている

8800曲は2時間40分以上かかる


待ってみましょう

徹底的にやるしかありません

もうすぐ3時であと4700曲

だいたい4時半までには終わるかな

・・・・・・・・・・・・・・・・

 4時半近くに調べると数字は終わっているも

くるくる矢印は回ったまま・・・
音楽をお任せチャンネルで再生する
Img_6745 無事再生はしましたが、例のスキャン中の印は消えません

iPadから操作すると
Img_6747 操作できましたが、右上の更新を促す印を押すと

Img_6748 そして音楽再生も途中から立ち消え
本体も
Img_6751
もう操作も何も出来ない状態

SWボタン長押しで強制終了して再度立ち上げると
Img_6753
OKを押すと
Img_6755
OKを押し再生するも
Img_6756 あれれ
Img_6757 お任せも・・・

一段と悪化しました^^;


こうなれば最後の手段

使ってはいけない言葉 「工場出荷状態」

と思ってSWを入れると
Img_6758
再生出来ちゃった^^

でもあの更新中の印はグルグルしたままです


まだまだ情報更新取得中ということか?

でもあのエラー表示は何?


まあ最後の言葉はしばらくお預けして、このまま様子見ですかな


続くかも

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あれからずっと再生した状態で夜の9時過ぎ
Img_6760 カラヤンのニューイヤー

いい音で鳴ってます(笑)

で更新中のグルグルは相変わらず回っており、エラーも出てない

あれから5時間ほど経過しましたかな


ちょっと調子良いかもしれません^^/

ただお任せチャンネルなどは登録曲数がかなり少ない

HAP-Z1ESちゃんが精一杯お仕事がんばっているんだろうね

うんうん、大好きだよHAP-Z1ESちゃん

このまま調子崩さずお願いね^^


ありがとうございます、あめのみなかぬしさま

(久しぶりだけどね^^)

2015年7月 5日 (日)

HAP-Z1ES DSDファイルにアルバムアート貼付&おまけ

以前アルバムアートを貼り付ける記事を書いていたが

DSDファイルにはアルバムアートは貼れる?

で終わっていた
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-eb69.html


だからDSDファイル再生では
Img_6353 白いLPジャケットが表示されていた

DSDファイルにもアルバムアートを埋め込む作業をした

手順は前回の手順と同じ
Dsd_2
マイドキュメントの適当なフォルダへ目的の画像をコピーしておく
itunesとiPodをつないで画像をiPodへ送る
Img_6354 DSDの再生画面でミュージック編集を立ち上げ
Img_6355
白いLP画像をタッチすると先ほど送り込んでいたフォルダが見えるので
Img_6356
目的のアルバムアートを選んで
Img_6358
無事取り込めたのであとは保存で終了でOK
Img_6363
無事DSDファイルもアルバムアートが表示されました

この方法でいいところは

DSDファイルがDSFやDIFFでも関係なくアルバムアートが貼付できることかな


まあ今はもうDSDファイルはどうでもよくなって、新たに入手することもなくなりました

今回の作業でお終いです^^


せっかくだからDSDファイルを再生してみました

新105wk+FT207D(1.33μF)


Don Friedman Trio - Waltz for Deddy

DSD 2.8MHz dff
Img_6364

2015年1月 7日 (水)

HAP-Z1ES  電磁波対策天板と無線LANの不具合

HAP-Z1ESの内部を電磁波対策をしたので、天板も電磁波吸収シートを貼った。

電磁波と天板の影響
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-0d11.html

電磁波対策その1
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d6ae.html

電磁波対策その2
http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/hap-z1es-d222.html


天板を開けた状態と外した状態の音質の差がとても少なくなって満足してたが

無線LANとつながらなくなった

天板を外せば無線LANとつながる
Img_3773天板を半分以上開けないと無線LANが失敗する

内蔵されたWi-Hiアンテナが天板でシャットアウトされる影響はかなり大きい


ネット情報によるとHAP-Z1ESのWi-Hiアンテナは前面パネル両サイドに設置されてる
Img_3775この状態では無線LANはOK

Img_3777 何とかアンテナを移動させて

天板の影響を受けないようにしたい

そのためにはアンテナを外付けにする以外ダメなようだ


アンテナを外し、基盤を外し、アンテナ線を外すImg_3780


ぎりぎりの長さのアンテナ線では

仕方が無い、基盤が付いてた反対側に出すしかない




Img_3786 アハハっ^^;可愛いロバの耳ならぬ、HAP-Z1ESちゃんの耳

Img_3788 見かけは大事だが、仕方が無い

でも立派にアンテナのお仕事をなされていて、感度抜群で無線LANにつながりました^^/

これで有線LANにつなぐ必要も、ハブに電気を入れて立ち上げる必要もなくなりました。


おまけ
桑田最高!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5077.html

別に団結したり、反対運動したりする必要はないのよね

群れる必要もなし

ただ意見はきちっと持っていること

そしていつものように自分の生活を楽しむだけで良いのだよーん^^/

2014年6月24日 (火)

いまさらiPodのSSD化

iPodはハッキリ言ってAK100などどより音が悪いし、HDD動作音がうるさい

時代遅れかもしれないが

操作感やら見た目、ビジュアルは最高である

そしてバッテリーの持ちもとても良い

81pceihjvgl_sl1500_ 当分使用するのでSSD化に踏み切る、
HDD音の解消が一番だが

購入したのは128GBSSD

コネクトがSATAでなくZIFである

これがなかなか曲者で扱いにくい
Img_1253

まず、コネクター部の止め部は白いプラで無く

写真で見ると白いコの自字内側の小さな黒い板を

コの字方向に起こしてコネクタケーブルを外すこと

はめるときはケーブルを差込、止め板を倒して止める


HDDに付いてたスポンジやHDDガードのゴムはSSDにはめてiPod内に押し込めようとしたがなかなか入らず苦労した


Img_1255 iPod分解で今回失敗したことは

iPodのふた(底)内部側面の薄い金属盤が
ずっと張り付いている部分を

差し金で剥がし気味にしてしまった

本体の分解時に、差し金は隙間に差し込んでいくが

あまり底板の側面部にぐいぐい挿していくと、この金属板を剥がしてしまうのでImg_1260
差し込んだら側面外側でなく内側に沿って差し金を入れていくことが重要だった

合体するとき、側面に貼り付けてある金属板が

浮き上がってるので、ぴったりと組み上げ出来なかった

ここは次回するときは気を付けようね^^
Img_1263
組み上げて

ボタンを触ると「iTunesで復元せよ」と指示がでたので

無事SSDが動作したみたい



それではこれからiPodの復元をいたしましょう
Img_1272
よし無事使えることになりました

今度は最初から好きな曲ばかり選んで

ぼちぼち入れるとしましょう。


・・・・・・・・・

 使った道具Img_1273

初期の MAC-mini 分解用に買ったもの

SSDにしたら若干軽くなったかな

そして動作も軽いし、音楽もスムーズに再生

HAP-Z1ESをSSD化したのと似た感じ

音もすっきりしたみたいに感じるのは思考の働きかな^^;







2014年4月28日 (月)

SDカードプレイヤーとHDDプレイヤー

昨夜、SDカードプレイヤーを遅くまで聴いた。

QA660はファームウェアーを更新することで
Qa660_12_2

①WAV専用プレイヤー
②DSD&ハイレゾプレイヤー
③オール・ラウンドプレイヤー

色々なプレイヤーに変身する。

昨夜はこれまでのWAV専用から③へファームウェアーを更新して聴いた。

更新はファームウェアーを専属のネットからダウンロードして、RARを解凍し
SDカードにコピーして、ENTERキーを押しながらSWをONで更新画面となる

現在CDリッピングはAIFFに限定して行っているので、WAV専用では新しい曲が聴けないので、③のプレイヤーでのWAVとAIFFを聞き比べてみた。

しかしWAV専用プレイヤー状態でも比較するためQA550(改)を持ち出してWAVとAIFFの比較を行った。

1l 結果はQA550の優位が確認された。しかしQA660のAIFFでもQA550の高解像度再生と少し雰囲気の違った再生音を楽しめることが判った。

QA660の③でも十分高解像度である。HAP-Z1ESと比較しても優位である。

QA550と比較すると若干解像度が落ちるも、QA660は聴きやすい雰囲気がある。

これはオーディオ的か鑑賞的かの違いを感じる。

でもQA550はオーディオ的であり、十分鑑賞的なのだが^^;

SDカードプレイヤーの欠点は曲選びの操作があまり良くないのだ。

QA550は音は良いが、再生操作は最悪なのだ、QA660はQA550より画面も大きくなり曲選び等も俄然操作しやすくなる。HAP-Z1ESには遠く及ばないけどね

普段聴くにはHAP-Z1ESが断然良いが、QA660もそう不満は無い。

ここで、QA660をQA550の音質に近づけたい欲求が・・・^^

ネットでは新機種QA860が99,800円で出てる。
Dsc_2737

このQA860はQA660の上級機種でもあるが、DAC回路を搭載しアナログ出力とデジタル出力を持っている。->ここがちょっと気に入らないかも

Dsc_2717 DAC回路を無くし、SDカード専用で徹底的に音質追求をして貰いたかった、まあアナログ出力よりSSDを搭載してHAP-Z1ESに対抗して貰いたかったね

操作性をHAP-Z1ES並みに頑張ってもらい

HDDをSSDにすることで、HAP-Z1ESを超えるプレイヤーになっていただろうに、実に惜しい

HAP-Z1ESにデジタル出力があれば本当に良かったのに^^;;

いま購入するなら、QA660のオプション付きだな、自分がやったような、高級コンデンサーへの交換と、水晶発信器のグレードアップとI2S出力のグレードアップが付いている。

これは大変興味がある。

それかHAP-Z1ESのSSD化かな、これは案外簡単に出来るね^^/

HAP-Z1ESの2.5インチHDDを音の良い東芝3.5インチHDDにしてるけど、SSDにしたら3.5インチの迫力が後退するかもね、でもやってみたい気もするなー

またまた迷いの永久スパイラルが続いていく・・・・・

・・・・・・・・・

 昨夜の比較視聴曲は、最優秀録音盤でなく普段聴くCDでの視聴とした。

若いときから聴いてるユーミンの結婚後のアルバム(1979年頃)

どれも素晴らしい感性を感じる曲ばかりだ

2e7ea1909fa0dd7eeb92d110l_aa300_
ユーミンの紅雀











716n2ujc9l_aa300_  悲しいほどお天気












41bbsm1w2tl_sl500_aa300_
オリーブ











途中から視聴でなく、鑑賞になっていた。
気づくと深夜1時半

あは^^また遅くまで聴いちゃった

でもQA550(改)は素晴らしい、優秀録音でもないCDだが、全然そんな感じのCDとは思えない良い音で再生してくれてる。

HB-1の向こうにすっと立ち姿で歌うユーミンが若い頃の自分に連れってくれた

あの頃の空間へ、感情移入して入り込んでしまったね

すっきり・くっきりでも長く聴いていて全く疲れない音だった。