カテゴリー「オーディオ一般」の71件の記事

2018年10月 2日 (火)

何だか生きてる気がしない/SPに合う再生方式を

昨夜は11時に寝る、室温・・・忘れた21度だったかも

Img_1102
昨夜も仕方なく晩めし食ったが、食わんでもどうでもええのじゃ
今朝も目が覚めたから、仕方なく起きるが、目が覚めなければあの世じゃな

まあ起きたから顔を洗って、ストレッチして あー面倒くさい 何でこんなことするんじゃ^^
そして、長袖のポロシャツを着て歩きに出かける

寒いからあったまるように元気に歩く、やがて疲れてきて 何でこんなことするんじゃろう
途中であほらしくなってショートカットで帰宅する

またアケビ?やつが道路に芽を伸ばしてたので、仕方なく剪定
そしたらまた下の道路の水道工事が始まる、いよいよ最後のこっち側とあっち側の水道管の結合か

まあどうでもええ、止めて昨夜の食器を洗い照りだした玄関先に干す
FMを点けてお茶を飲む

あーあー今日も一日がはじまったか、何するんでしょうかね


・・・・・・・・・

かぼちゃ畑を見て回りましょう

Img_1105
よそさまの土地に植えたかぼちゃ畑

Img_1107
何個なってるかわからないが

Img_1109
もう毎日食ってるので食べ飽きてきてるなー

下の工事でやかましいから窓を閉め切って、FM消してJAZZを聞こう
38cmで聞き始めると19cmに戻れないなー、音量も大きくしてなー

起きてめしくてクソして寝るだけ、音楽三昧 あー退屈だー
でもやっぱ38cmはええなー

Img_1112
オープンデッキで再生すると、別に真空管アンプいらねー
あのちっこいアンプ一つで ウッドベースが心地よいほど弾んで聞かせてくれる

まあもう少しデッキの消費電力が小さかったならなー 50W以上食うしなー
3モーターだからなー、昔のデッキは1モーターですべて賄って20数ワットってーのがあるのだが^^

ただ3モーターのええところは機構が単純なのだなー
1モーターはベルトにカム、アイドラーにホイールに複雑な構成になってて、調整がとても難しいそうな


・・・・・・・・・

さー生きてるから、腹ごしらえするか
今日の炭水化物は

Img_1114
冷やしソーメンで、いただきまーす あーまだ暖かいから旨いですなー
おなかもたまるし、つるつるいけますが、あっという間に無くなった
豆腐半分食いましょう、つゆも残ってるし
あーおなかもまんぞく、ごちそうさまでした

19cmで流してたら、まあこれでも十分ですなー、倍時間が持てるしな^^


・・・・・

しかし何だなー 38cmのスピードを見てると、19cmのとろいこと
とてもそれより遅い、9.5cmなどで使いたくないなー (エルカセットが9.5cm/s)

でもカセットテープの再生スピードは 4.76cm/s とかだって、絶対カセットデッキは買わないねー


・・・・・

久しぶりにクラシックカフェを録音する
カフェが終わって、さーもうすることもなし

うんじゃー何も無いから、適当に食いもん見つけて晩めしの準備
それじゃー ご飯を炊いて、煮付けにみそ汁かな
カライモの茎と葉っぱを集めて

Img_1117
ゆっくり準備すればそう面倒でもなくでけた、いただきまーす
まだ5時過ぎたばかりだがなー、まあおなかも減ってないが食い出せばいけるのだ
みそ汁の味噌は今日から白味噌だ、おいちい
今日は15度位から20度前後の気温、ええねえこれくらいが一番ええ季節だ

めしもみそ汁も煮つけも多めに作ったけど、常温で保存できるしね
あーたいへんおいしゅうございました

いつものラーメンばっかしよりおいちく頂けましたなー^^


・・・・・・・・・・・

まだ外が明るいので散歩がてらに歩きにいく
今日は反対に回ってみましょうか、夕日がきれいだ

いつも反時計回り、今は時計回り いつも見てる風景が違って見えてええ
また体も逆回りが以外に新鮮に感じる

コースも後半になると、お墓の前は暗くなり、その坂道がきつい
いつも同じ周回まわりばかりでは、体までおなじ力の入れ方になってる
逆回りにしたら、体の傾きも逆になり これええかも、これからたまに反対周りもしよう

帰宅するともう暗くなってしまった
また途中で止めてたテープデッキを再生しましょう

まだ6時40分



・・・・・・・・・・・・

オープンデッキにはVolumioで再生したLP/DSD5.6Mファイルを録音した

9
Volumioで再生してみた、アンプはデッキで満足だった小さなアンプで
同じ音源なのに、やはりVolumio(デジタル)再生とデッキ再生ではかなり音が違う

デジタルはおそらくDSD信号を十分正確に再生してるらしい、低域も高域もそれぞれ十分伸びてると感じる
しかし、A7モドキで聞いててとっても重苦しい、高域も滑らかで十分ハイエンドでも・・・
まず、低域はA7モドキでの再生能力の再生限界に近い低域が無理してなってる感じ
だから重苦しいウッドベースで全然軽快な感じが無い
高域の再生も似たような感じで、十分延びた高域はA7モドキの2WAYでは再生しきれないのかも、抜けが悪い、軽快感が薄れてる

テープデッキでの再生帯域はまさにA7モドキに合ってるのだなー
A7モドキの得意とする低域、高域が一番活躍するようにテープで送り出してるらしい
テープの方が帯域が狭いのだろうが、古いJAZZのエッセンスには十分な帯域で、しかも中低域が厚いのだ

同じアンプでちっとも楽しくないのだなVolumioでは
SPをT4にしたらおそらくVolumioの方が素晴らしいかもしれないな

でもボケは JAZZはA7モドキで聞きたいのだ、ハイエンド再生でなくてええのだ
ほどほどの中高低音の帯域(古いJAZZに必要な帯域)が熱いグルーブ感をかもし出して再生してくれたほうがええのだ

これで判りましたな
A7モドキで古いJAZZを聞くときは
プレイヤーはオープンデッキで、まあアンプは真空管が望ましいが、小さな石アンプでもええ
まあVolumioで聞くときは、アンプは真空管が必須だな

A7モドキちゃんはハイエンド音源再生は不得意だが、音楽のど真ん中は分厚いのだ^^


・・・・・・・・・

Volumioは止めて、テープデッキに戻す  あーやっぱこっちが断然えー
やっぱオープンテレコ入手して大正解だった
何でもかんでもハイエンドがええとは限らないのだね^^


まあ古いSPじゃなく、新しいSPで音楽楽しんでるのだったら
やっぱアナログよりデジタルの方が手っ取り早く最新のデジタル音源を楽しめるでしょうね

要はどんなSPを使ってるかだなー
そのSPにあった方式で再生することが大切でしょうね
合ってるかどうかの判断は、そのSPの音を聞いてええ音だなーと感じ 楽しいかどうかですな

ついでに、オーディオ道場へDSD音源とVolumioを持参で、ブルーノートのオリジナルを
再生しようと思ってたけど、今夜の結論から言えば、意味は無いのだな

オーディオ道場のSPは古いLBL、例えばハーツフィールドなどで真空管で再生されてる
そんなオーディオシステムにデジタル信号の最新の音源を持ち込んでもなー

マスターの聞きたい音はデジタルのハイエンドの音じゃ無いのだった
A7モドキでええ音でならせる、このオープンテレコだったら喜ばれると思うな^^

そういうことだったのだね  <納得

2018年4月14日 (土)

雨の予報 /オーディオという趣味

昨夜は11時半就寝、室温22度

Img_7566
暑いねえ、布団を蹴りやってた お外はちょいと暗い

昨日のフェアー参加で気づいたこと

・フェアーで鳴るSPの音量はかなり大きな音である
・SPを鳴らすアンプも大電力の巨大なアンプが多い
・送り出しも相当高価な半端なプレイヤーやDACじゃない

こういう抜け目の無いシステムと大音量で現代の能率の低いSPを鳴らしてるのだ
このSPを自分の部屋に設置して、同じ音が鳴るわけが無い、50%も出してないだろう


低能率のSPは大音量に近いボリュウムで鳴らさねば真価は発揮出来ないしなー

このことを心して、ボケちゃんもオーディオの趣味を楽しんでいこうね^^


いつも聴いているSPの音量ではSPの実力は半分も発揮出来てないことを自覚しておく
これを自覚してないと、音が不満だと他の機器に手を出してしまうし、解決にもならない


・音が不満だと思ったら、時には大音量で再生しましょう
・SP設置を見直すときもある程度大きな音量出しながら設置作業しましょう
・日常は小音量で音楽を聴くのもええけど、真剣に聴くときは大音量で聴きましょう
・ボケの経済状況でのSP選択は、今のSPより低能率のSPは選ばないようにしましょう


ここで言ってるSPとはT4のことで、A7モドキには適用しない
A7モドキを大音量で鳴らしたら、やかましくてこのリビングには居ておれないでせう
高能率のSPにはもっと違った聴き方がありそう  <ややこしいねえ

まあA7モドキでは音量よりアンプの質そのものだった気がする
小音量でも鳴るけど、ホーンからでる高域が凄いからねー


また音楽を聴くということと、音を聴くことの間には溝があるような気がする
あーええ曲だなーってー感動するのはハイエンドじゃなくても、ラジオでも感動するし

まあ音楽を聴ける環境はええほうが良いけど、必ずしも必要十分な条件でもないかも
まあ気楽に楽しみましょうね、ボケちゃん
大音量で聴けばボケちゃんのオーディオは十分素晴らしいって判りましたしね^^



・・・・・・・・・・

ヤマトさんが、友達に貸してたQA690が戻って来た

Img_7567
友達はウィルソンのSPを使ってる、音量を上げると
> > それで、ノイズは結構酷いです。
> > ボリュームを上げると、キュルキュルといった凄いノイズが出てきます。

このノイズが本当か鳴らしてみる、しかしそんな酷いノイズは感じないなー^^
ただボリュウムの位置が34に、ボケのT4では20ちょいで十分な音量だし

この違いか、まあ点けたばかりじゃー、定位がバラバラだなー、しばらく鳴らそう


・・・
うーん十分良い音だ、昨日のフェアーのように濃い弦楽器が定位してきた
オケも十分厚さがある、QA690は本当はすばらしいアンプだったのだなー

2
バーアップのSD05と昨日のフェアーのおかげでその音質が確認できるようになった
知らないって恐ろしいことなのだな、その前までは良くない音だと認識していた
これが最新のDACの音質なのだなー、QA100とはかなり違う

やっぱり新しい情報を体験することはとても大切なことだなー


 音量を25まで上げる 縦方向にも空間が広がる 十分だなーこの音で
 打楽器群の地響きの音も十分再現されている
 分厚いコンクリの床で重低音が全身に伝わってくる、床が振動してるわけではない


 これはフェアーの音よりええかも・・・言い過ぎかちら^^


・・・・・・

Arod

QA690点けて1時間以上経過
SP設置を見直す、QA100より分厚く濃い音がしてるので、サウンドステージが
奥に展開しにくくなる、両SP間を10cm以上広げる、ステージがかなり奥に展開した

この位置でQA100鳴らしたら音像が薄くなるかもしれない、アンプは一つに決めねばなるまい
でも軽薄短小のボケ、QA100の音も捨てがたい


この室内楽は少し高域が突き刺さる

Img_7568
FN1242-DACに切替えてQA690はアナログ入力で聴く
かなり刺激が弱まり、アナログっぽくになる、FN1242は優秀だな



・・・・・・・・・・・・・

11時過ぎた 音楽流しっぱなしで昼めしの準備

Img_7575
籾殻保管のカライモとタマネギ食わねば、パンも無いし

Img_7573
いただきまーす あーうまいねえ、パンなくてもカライモでOKね、すごくおいちいし
味噌も納豆もケチャップ何でもカライモ合います

あーおいしゅうございました、ごちそうさま

外は予報通り雨、こんな日は大音量でもOK、通りを歩く人居ないから



・・・・・・・・・・・・・・・

DSD音源をQA690で再生してみる

Dsd
送り出しはRasPI&I2S-DDでDop-ONにして

あー素晴らしいなー何曲か聞いてみて、そのアナログ的な自然さはPCMとは違う
昨日 石川さゆりのアナログが掛けられていたが、あのような鮮烈さもあるし
DSDがまともに再生されるならボケにはアナログは要らないね、雑音もないし




・・・・・・・・・・・・・・

今日はよー雨が降りました、ほとんど外にでれないほど
まあおかげでこころおきなく音楽を大きめの音で聴けました


さー晩メシを食べましょう

Img_7578
パンを買いに行くまではカライモが主食だな、いただきまーす
あーおいちい、なんもしなくても食うんだなー
まあ出かけないとお金も使わずに済むしねー

ごちそうさまでした、明日は雨は止むかしら

2017年9月30日 (土)

A7モドキで気安くJAZZを聞きたい

昨夜は深夜2時に寝た、またいけないことをしてた^^

Img_3036
お友達はハイエンドSP&アンプでオリジナルJAZZをやかましく聴いてるが

ボケはええかげんに、手軽で安易にA7モドキで聴きたいのだが、気安いアンプD8ではA7をうまく再生できない、デジアンだけではアナログ感一杯の古いJAZZは再生できない

Img_3035
で気安いシステムの助っ人として、こいつを 一番安い真空管プリアンプである
昨夜はずっとこれを聴いていた

真空管プリ

A7モドキは重低音も超高音も出ないSPである、その代わり中低域が分厚いのである
だから余計な周波数はスパッと切って、古いJAZZに合ったおいしい再生帯域だけ活かしたい


D8だけなら聞くのがイヤになるA7モドキだが、この真空管プリのおかげで大分聴きやすくなった

DC12Vだからバッテリーで動作OKだし こいつボケにとっては実にええ奴だな


商品は数日前に届いていたが、ペアー真空管の特性違いが酷く中央に音場が全く取れず
返品かなとおもい、製作所へ電話したら、代わりの真空管をすばやく送ってくれたので、まあ昨夜やっとまともに再生できたのだった、ここも良かったのだな

Walkin
お友達とは真逆なお手軽装置でダラケタ姿勢で聴くおーでお目指すボケも
PCMとDSDを聞き比べてみた

なるほど、DSDがええですなー 全体的にゆったりとした再生音となる、なんだか余裕の有る落ち着いた音である、まあ比較しなければPCMで(CD音源)でもええ音なのだが、ORIGINAL・LPのDSD音源はやっぱりええ、アナログ音になりましたね


安易で手軽な手段の真空管プリ、これでボケには十分な音でしたね、うれちい^^



・・・・・・・・・・

と思ったら、もう少しボリュウムを上げようとgainをー6dBからー0dBへ切り替えてボリュウムを上げていったら、ボリュウムがだんだん小さくなり、音が出なくなっちゃった

そしてらもう何やってもだめ、悪かった真空管にしても、だめだった <あーあやっぱ返品かな


・・・・・・RasPI&I2S-DACを交代させたら再生するようになった

では再生してたたI2S-DACとRasPIがおかしくなったようだ、あーRasPIも安定感が無く大変だ


Img_3041
交代したI2S-DACは音が前のより音が固い、同じDSD再生なのに

あの音の良さの違いはI2S-DACの違いだったのか


・・・・・・・・・

最初のI2S-DAC:WP-DAC4490がRasPI2に乗せてたのをPI3にして
起動すると再生できた、でも音はうーん最初聞いたあの音より固めなのだな、気のせいか?

RasPI2とPI3では音が違うのだろう? このPI3は内蔵WiHiもBlutoothも生きている

これが何か作用してるのか・・・・RasPI触り出すともう切がなくなる こればっかしになってしまう もうすぐ12時になりそうだ

このええ天気にこればっかししてる、でもPI2とPI3は気になる


・・・・・・・

一番の問題は周辺機器じゃなく、あれもこれも一兎を追わず、何頭も追うボケの思いこそ一番問題じゃなかろうかね

そうだそうだと思いつつ この病気は治らない


そして気安くA7モドキでアナログチックに古いJAZZを聞くのは失敗に終わった

Img_3043
D8をアナログチックに手なずけるには、ボケの装置を総動員してここまでやる必要があった
でもこれは プリアンプさえそろえればええという結論ではある


・・・・・・・・

元の簡素な真空管プリに戻してみた、聴けるじゃない

D8のヴォリュウムを絞り、この真空管プリのボリュウムをほぼ全開にする

ボリュウム調整はD8のリモコンで行う




・・・・・・・・・・・・・

もうオーディオばっかしじゃダメでしょ、買物に行かなくちゃ

バイクのキャブレター清掃する予定だから、パーツクリーナ買わなきゃ

ついでに食料品も、コロッケ&サラダ3割引き 買っちゃおう


晩めし

Img_3052
バックミュージックにFM付けたいが、もう触りまくってケーブルがごちゃごちゃ

T4系とA7系にシステムを2系統に分けて設置しなくては、もう訳ワカメじゃー

いただきまーす  あーおいちいおいちい、別に食わんでもええが、食材の都合で

食わんでも食ってもええのに、こんだけ食うんだからねえ、クワン方がええじゃん

そうですねえ、まあくってもええが、おなかいっぱーい、ご馳走様^^

2016年9月13日 (火)

FMアンテ&配線関係

ちょいとFMアンテナのことを知りたいので
ここ1年ほど分類してないので、FMアンテナ関係の日の日記を張っておく

FMアンテナ配線ケーブル情報

屋上FMアンテナ

アンテナ壁コンセント取付

今日分岐を止めたが、分岐したままでも良かったかもな^^
Img_1736
やっぱりオーディオ関係ちゃんと分類しておかなくては検索が大変だ

2016年6月14日 (火)

我家のチューナー KT-7700の不具合変遷

ジャンル分けをしないで絵日記風に書いていてチューナーのことを探すのに苦労した
そして不具合を抱えたままのKT-7700のことをちゃんと把握するためにまとめてみた

注:※印の部分は今日現在(6月14日)に加筆した部分

----20160319----------------------------
Img_5019FMチューナーのSTEREOのICを外してみた、あのQA660の小さいICに比べれば
Img_5018
大したことは無い、外しただけだけど、何か毛虫みたい
外したICのチューナーを点けてみた、右上に外したICです、ご覧の通りばっちり再生出来ました^^
これがやっぱりSTEREO・ICでしたね
あとはこのICを入手すればSTEREOになるはずでーす
Img_5028
MONOで聞くならこのままでも
消費電力がIC付けてたとき21w~22wだったが、外したら20wである
このICに1~2w食ってるのだろうか、おお飯食いだな <仕事さぼってたくせに、ボケそっくり^^;
しかしIC壊れても黙って出品されたら落札者は到着して初めて判明するんじゃな
出品者は判ってるかも知れぬのに、この情報を出さねば、一か八かの博打じゃん
恐ろしいなーヤフオフ、他の機械類もそういうのがわんさか出品されてるのかもな
----------------------------------------
※ここでは古いICは壊れているのかどうかは不明
----------------------------------------


--------20160320-------------
ソケットを購入したので、これだけ付けてみる
Img_5064一応壊れてるICを外した場合と取り付けた場合を点検してみる
あれーSTEREOが点灯した・・・しかもNARROWでなくWIDEでも
しばし放送中の声楽を聴いてみる
音量にしたがって大きなとき声が割れるな、その他はとってもいいお声
まあ新品のICが届かないとどうしようもないな、さー止めてかえりませうか
-------------------------------------------------------------
※ここでは古いICでステレオ点灯している、ICは壊れていなかったことになる
--------------------------------------------------------------
郵便受けを見てみたら、IC届いていた^^/
Img_51682個一組だったので2個買った、まだこのIC有るそうだ
Img_5183
新旧比較 上:新(HA1156W) 下:旧(HA1156-6M1) ちなみにチューナーはKT-7700
表示は若干違ってるが、同じなんでしょうね
やっぱソケットにして正解だな、壊れたら予備のIC即交換できるし
Img_5174ばっちりかなと思ったらNHK-FMは春の選抜中継中 うーんよく判らん STEREOは点灯中だが
・・・・・・・
再度FMチューナーを立ち上げてみると、STEREOの点灯が出来なくなった?
上の写真ではSTEREOの点灯が確認できているが、再度SW・ONで全くSTEREOが点灯しなくなった、これはまたICが壊れたのだろうか、もしくはIC関係のコンデンサー等に異常があってICが正常に動作しないのだろうか <素人のボケにはもう判りません
うーん行き詰ってしまった^^;
----------------------------------------------------------
※ここでは新品のICに交換直後は点灯しているがその後点灯しなくなる
-----------------------------------------------------------
・・・
ソケットのハンダ不良化と思い全ての導通を測ってみたが問題なし
そういえば元のICでも最初はSTEREO点灯したな、暫くすると消える
全部同じ現象だ、本当にICの不良なのかな???
やっぱボケの頭を超えてしまっている
晩飯はインスタントラーメンで済まし、あれこれ悩んでいる
ネットで修理屋さん探したりいろいろ

------------------------------
※ここまではIC基盤の可変抵抗?をいじっていないので、点灯不点灯の繰り返し
------------------------------------------
----------20160321----------KT-7700 ステレオICのこと
チューナーのIC  HA1156W
Img_5181
もしICが壊れて無いなら、あとは正しい電気が供給されているかどうかだ
ピン1とピン7を図って12Vあれば良いらしい・・・
ICは壊れて無いと思うけどなー・・・
13q6455s940p32255
ICを再度外してソケットで測る、12VOK電圧もこのとおり 異常なし もうやめた^^
--------------------------------------
※ボケにしてはよう頑張っている、電源供給電圧正常
だからステレオ不点灯の時ここを計測することが重要になる
STEREO・ICは正常なのだから
------------------------------------------


-----------20160324-----新旧FMチューナー比較
-------------------------------------------------------------------
※この新しい不具合の無いKT7700を入手したことであの可変調整が出来ることに
---------------------------------------------------------------------
Img_5348
新旧の基盤を見てて、半固定抵抗の調整ネジが違っている所に気づいて
Img_5063(※不具合のあるKT7700はこの可変抵抗が八の字になってない)
その部分を回してみた
Img_5345(※八の字に合わせた画像)
Img_5344ステレオ点灯する、なーんだICを取り替えてもココが合って無かったんだ
-----------------------------------------------------------
※右端と中央の可変抵抗(?)の位置が正常なKT-7700では八の字になっていた
この安定しないKT7700のここを八の字になるように調整したらSTEREO点灯となる
--------------------------------------------------------
しかし本当にステレオになったのだろうか、それと判る放送がされないとまだ判断できない
ステレオになっている、MONOとSTEREOを切り替えて聞くと判った
ただ音が割れるときがある、これは一番最初聞いてたときにも感じだ
ICを取り替えてみると、さっきのICより割れが少ない、前のは壊れてるのかも
WIDEで聞くと聞きやすく音質も良い、NARROWにすると雑音がはいる
ICを交換してWIDEで聞くと雑音も割れも殆ど無い、これは新しくきたのと同じほど良い
新しい方はNARROWでも割れない、古い方はどっかおかしいとこがあるらしい
まずは電源のコンデンサーを換えて見ても良いかも
試しに一番最初に着いてたICで聞くとステレオになった、MONOと切り替えるとステレオになっていた、そして新しいICと古いICでは音が違う、古いICは暖かい音質がする、これは新しい新品と使い古された違いだろうか、ただ安定感が無い感じモノでも音が割れる
一番安定してるICへ戻す、何か新鮮な感じがするなー<思い込みかも知れないが
面白いし、音もなかなか良いですな 良かったなー
----------------------------------------------------
※元のICも新品ICも壊れて無いことが判明する
声の割れはNERROWはここは遠隔地だから仕方が無いことになる
ボケはWIDEとNERROWの違いがこの時点では判っていないから仕方が無い
----------------------------------------------------

------------20160329-----------

Img_5761
ケチじい仕様:KT-7700 消費電力:8W~20W(各照明消灯可能)
照明消費電力
周波数照明(右・左):各2W 左右で3W
周波数計測照明(上左2つ):5W
シグナル照明(上右ひとつ):2W
※消灯SW操作中雑音無し     近日完成かな^^
Img_5885----------------------------------------
※この後は完全なKT7700はオフで処分してしまった
まあ古いほうの7700が順調だったからである・・・・が
------------------------------------------

-------20160608--------------
ステレオが点灯して無い、狭いと思ったのはモノーラルになっていた
でも狭いと感じたのは途中からだなー、また7700内部開けなきゃ^^

-----------------------------------
※3月末から6月初めまで正常に動作してたのですね
そして突然STEREOがモノーラルになってしまった
Img_8925_2
そして今日6月14日に7700を点けてみたらSTEREOが点灯していた
まあICは正常なので、上に書いているICの足間の電圧を計測をまずすることだな

まあKT7700の不具合等の変遷をまとめてみました
今日判った事、一番最初に付いてたICは今日はSTEREO点灯しなかったので故障と判断し処分した。


・・・・・・・・追記2016・06・16
6月14日から点灯したSTEREOは今日(昼夜)も点灯中、録音も左右でレベルがちがって録音されているので正常に動作している  < さーいつまで続くかである


2016年2月25日 (木)

FMアンテナ 問題点いろいろ

今日もゆっくり起きる
Img_3697
FMアンテナ 5素子を購入する
Img_37005素子でも巨大だった8素子だったらもう大変だろう
2階で組み立てて、直接FMチューナーにつないで見た
もうばっちりでNHK-FMシグナルはフル信号だった

このまま2階設置でも良いと思い1階で聞くので壁通しを・・・
これが簡単ではない
Img_3699ここは一階のオーディオルーム
Img_37022階の壁 その距離は3mほどか
針金が直下へ届かない曲がるようで何度もやったが

また屋根のアナログTVアンテナでNHK-FMシグナルが少なすぎるのも可笑しい
もう少し触れなければケーブルのどこかが可笑しいか分岐が多すぎるのかも

屋根に据えても配線を見直す必要あり

やっぱ2階と一階を結ぶのが簡単だな、ワイヤーを買ってこなければいけないかな
もう午前中も買物に行ったのに 今日は一日中 もうイヤになってきた
また明日でもやろう


・・・・・・・・・・・
何か寒いなー
22518なんと明朝は 氷点下6度ではないか^^;

もうすぐ3月なのになんですかこの寒さは
他の地区も氷点下だが、ここは阿蘇とあんまし変わらんばい

晩飯はなんか暖まるのが欲しいな


・・・・・・・・
昨夜の残り、だご汁でうどんを作る
今日も隣の畑のご主人から長ネギとほうれん草を頂いたのでこれも入れる

ほうれん草は別に鍋で湯がいて、このとき既にぶつ切りをしてたので
湯がいたのは寝も葉も混ざってこのままうどんへ、長ネギは生を直接入れて食うことにした
Img_3707あれこれしてたのでうどんが伸びて乾燥してる
お湯を継ぎ足し味噌をいれて食う

ほうれん草は湯がいたのに醤油で食う、旨いなー
うどんが熱いので冷たいほうれん草がうれしい

オーディオのために引越ししたのに、食生活が中心になったなー
アンテナは面倒だから1階のオーディオ天井に取り付けてみるかな
明日も大変寒そうなので屋上には上がるのは止めたい
一階なら面倒な作業が減って簡単な配線でOKだな

天井取り付けで良い音なら台風の心配もしないですむしね

FMの夜の雑音は和室の照明器具の影響だった、消せば雑音もなくなった
しかし照明はどうすればいいのだLEDに変えているし


・・・・・・・・・・
寒い急激に寒くなってきたかも
Img_371110時半すぎなのにもう氷点下だ


一階アンテナ
Img_3708半分分解して1階へ降ろす
Img_3714シグナルはフルレンジだ、アンテナの向きは窓のほうへするのが良いのに
雑音が増えるので、南壁に向けてる・・・こっちかな?

しかし北側の玄関や台所は冷える冷える、湯たんぽは必須だな
本当に氷点下6度も下がるのか、何か突然だな予報も

2015年12月30日 (水)

やっぱり耳も良く技術も有る人は違う

今日は来客がある
Img_1057さー起きますか、寒いね

Img_1059
我家へ3人の来客があった、夕方の今ひとり静かに聴いている
もうひとりの友人が持て来てくれたつき立てのあんこ入りの餅を焼き
Img_1060食べながら
Img_1062やっぱりボケハジメは食い専門かな
Img_1064SP構成と反射板の最終形 こうなりました

いろいろ問題続出でした、一番の問題が
Img_1067初代103-Solのバッフル空気漏れの事実
左右のSPの音が違うということで、彼が見つけました

SPの振動に伴って空気が漏れていました
恐らくこの部屋は元家より乾燥していて、じわじわひび割れていったものらしい

最初に来たとき良い音で鳴っていたのに、このごろずっと不満だったのは
これが原因だったのでした

なんとか木工ボンドを流し込んで補修できるなら直したいと思います。

そしてもう一つの105wkのネットワークがおかしいそうで左右の音が合わないとも
105wkを外し103-Solを付けて鳴らして頂きました

最初は良くなかったのですが、耳の良い彼は、SPユニットを止めている
六角ネジをじわっと緩めて、バランスの良い音にしてくれました

締め付けすぎでコーンの動きが悪くなっていましたとの弁
緩めすぎると締りが悪くなるので気をつけてくださいとも


もうボケハジメはただ言われるがまま

でも無指向性のSPの出来は素晴らしいと言ってくれました
もう一人の友人も気にってくれました<やっと聞かせてくれるSPがあった

まあA7もそれなりになっていますと、ただホーンとウーハーの位相がずれているのを直してくれました

毎年正月に帰って寄ってくれるので大変感謝しています

もうボケハジメはオーディオを語れる人間では無いようですね

まあ無理して言えば、音楽に感動する心はまだ持っているようなので
オーディオはずっと続けていきますが、聞くだけの人ですな^^;

まあ楽しめれば良いので、これでも満足ですね
良い悪いの判断は判りますので


年のせいには出来ませんが、これからもっと耳も感性も衰えていくのでしょうね
でも興味がなくなるまでは続けます

きょうは得るものも多かったし、楽しいひと時を過ごせてよかったなー
音がわかる友人がいることは本当に有り難い事です<ありがとう


このひとり身のボケにも満足なお正月が来てくれます^^/


・・・・

 と思ったが、曲によってはまだまだ不満が・・・・


晩飯にする
Img_1069だご汁だけ いっぱい作る 明日もこれだな

久しぶりに風呂に入る

そして残り湯で洗濯

体が暖まったのに、洗濯してたら冷えてしまった、ちと頭がおかしいかも

はよ寝よ

2015年12月28日 (月)

朝から無指向性SPを鳴らしてみた

今朝もまあまあ寒い(笑)

Img_1018 1階は
Img_1017 昨日より少し寒くない、お日様時々お顔だし
体操をし、あらびき茶を飲みながら鳴らしてみた
iPod → LP1024A+ → 無指向性SP (アンバートン)

(無指向性SP http://bokehajime.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-9007.html
Img_1021昨夜はかなりの木材等を撤去したからな


SPからずっと奥でサウンドステージが展開している
このSPのいいところは雑においてもSPを感じさせない

ただ再生音はいいのだけれど、元家のあの音からすれば
明らかに響き(エコー)が不足し、ホールトーンが薄い

でもCDの音より響きを加えて聞くことになるのかも

部屋の響きの違いで
あちらの家の響きが多すぎるとも取れる、でも良かったあの音は



こっちの部屋でこれ以上の響きを出すにのは難しいのかも
これはこれでも良いかも

来客が2~3人あるからこれ以上に荷物を出さねばならないから
少しはまだ音が変わるかもしれないかな^^

2015年12月27日 (日)

オーディオ専用電源の切断と気づき

オ-ディオ専用電源を引いていたが、部屋を引き上げそのまま大変邪魔になっていた。
Img_0929今朝 2階和室9度1階10度外3度台

今朝早く起き切断しに行く
Img_0948ここが生活用とオーディオ用の分岐電盤
Img_09522つの電源を引いていたが、2つとも切るのが勿体無いので一つ残す
Img_0956試験で残した片方を確認する
Img_0958そこで気づく 何も無い部屋は響きが大変良い
これはiPod→LP2024A+→無指向性SP

これだけで部屋中に豊かな響きがする

部屋の響きを調整するにはここから出発するのが筋ではないか^^
Img_0936何も無い部屋での音の響きが、この部屋の裸の特質


ライブで嫌な響きも殆ど無い

ここから最低限の反射板や吸音材を入れて音を確認していくのが最初の作業だよね


うーん、あっちの部屋は既に板やら何やらいっぱい入れて過ぎている

これは不要な物を出してしまって、その部屋の初期の音を確認することから始めなくては

いっぱい入れてしまってるから、今更全部出せないけどね


この部屋の響きを聞いていると、これはこれで十分な良い響きの部屋だと改めて感心している

ホールトーンが気持ちよく響いている、実に自然で素晴らしい

うーん良いお勉強になりました^^
Img_0934いまアンバートンの「スカイラーク」が掛かっているが

3次元空間の響きが素晴らしく、奥深い音場空間の中、定位もよい


こんな音を求めたい <響きの豊かな部屋を


・・・・・・・・・・・

 あと一つの実験

このシンプルな響き豊かな部屋で、シンプルそのもののオーディオ構成で
専用電電と通常の電源の音の違いはどうか?

これがみごとに同じ音質であった

プラシーボと自我の思考で探せば、いかにもそれらしい説明をつけて音質の違いを(当然専用電源の良さを)御託を述べていくのだろうが

安心して良い
部屋の響きがとても良くて、満足な音が出ている部屋では
普通の電源で良い音が出ますね
わざわざ専用電源を引く必要は無い

まあここも田舎で住宅密集もなく、すぐ上の何百ボルトの電柱から我家へ直結の電源だから言えるのかも知れないので、全ての家でそうだとは言えないかもね^^

何でもこれが全て真実だとは言えません、ただ元家の今の条件・環境では違いは有りませんでした(きっぱり)


さー、この電源コードを持ち帰り、あっちの部屋の通常電源とつなぎかえる予定でしたが
その前に あの部屋の響きを取り戻すのが先決のようだ

いろいろ不要なのもはなるだけ出すようにしましょうかね

いま鳴っている響きを目標にして

・・・
 でもこの部屋は床が強度のある板、あっちの家はコンクリートで
同じ響きは求められない、裸特性の響きを確認することが出発点ですな


・・・・・・・・
 元家で早めのお昼を御呼ばれしてすぐ帰ってきました
Img_0820この板切れの状態で、もともとⅢLZの高域は伸びてないし、現にこの状態で高域は不足しているので、足をもっと高くするかなとか前から思ってはいたのです
Img_0963帰宅と同時に板やらを撤去してこの状態だけでⅢLZを鳴らしてみると
不足だった高域の華やかさがかなり再生されるようになりました


中高域をあの訳のわからぬ大量の板材が吸音していたのでしょう
かなり重ねて壁に立て掛けていましたし側面にも立て掛けてました
なにしろあっちの家の板やら何やら全てこっちの家に持ち込んだのですから

自ら響きを殺していたのですね(笑)

まだまだ有りますが取り除いた結果が判りましたので
これ以上もじっくり試しながら聞き進めていこうと思います<良かった良かった


足し算でなく引き算のオーディオをボケは目指すべきなのかもしれません

2015年11月 6日 (金)

オーディオ部屋も完成か

北側の破れて、断熱材がむき出しだった壁も
Img_9968
今日はやっとふさがり、裏の唯一の近い隣人宅(10mは離れてるけど)への音漏れもかなり減った模様

これまでは大きな音は出せなかったけど、若干音量上げても良いかな^^


今日の職人さんはとっても良かった


黙々とこなされてくれた、壁際の床の水平取りもしっかり下ごしらえからやり直してくれてから床シート張りをしてくれた


これまでの下仕様が酷かったので、壁のコーナーに大き目のSPを置くから

ここは要です、デコボコでは絶対困りますと告げて、やってもらう


これまで何度も責任者に言ってるのに、職人さんまで伝わって無い

中間役のひともさっぱり


もし現場にいないで、壁張りと床シート張りを任せていたら適当に仕上げていただろうと思うと

やっぱオーディオに対しては任せられない、それだけオーディオ人は少数派なのれすね

いづれはアナログも持ち込むので、いい加減な仕上がりでは困るのです。


床はコンクリートにシート張りで、北側の奥だけ、床シートを再度張って仕上げとなります。

ここにで商売された方の設備が有って、それを取り除いて出来た窪みや破れが有ったのです。


一般の人はコンクリとビニール敷きだけの12畳の部屋は人気が無く、いろいろ大幅なリフォームが必要なこの物件は売れなかったのです、お蔭様で


だからここを買いたいと言った変人には、不動産屋は是非売り込もうとして、値を下げる交渉を売主に買主に自ら言い出したのです。


そして建設業も営む不動産屋さん、この物件を安く売って、その後リフォームに300万ほど掛けて一儲けの算段をしてらっしゃいったのです。


この物件が売れなくて、不動産屋が買い、リフォームして売り込むとたいそう高くならざるを得ないのですね

商売だから物件に消費税は付く、不動産屋へ登記移転も二重に必要になります


個人売買で安く乗り切り、その後、リフォームで儲ける算段は

ボケハジメの無い無い図くしで、10分の一ほどに


まあ、1・2階のトイレの便器も床も汚いこと

風呂場の荒れ模様、女性なら絶対リフォームを言うでしょうし

洗面所もしかり、オマケに浄化槽もシステムキッチンも使用不可でした


若夫婦だったらそのまま使うの無理でも、初老の一人もんには何のことは無い

網戸も殆ど破れたままだし、玄関の靴箱のシートは剥がれたままで物凄く汚い

1階和室の畳は無い、猫をココで飼われていたので、柱や障子はキズだらけ

まあ2階の畳みも汚れやカビが目立つ状態

まあリフォーム300万も必要な見積もりでしたね^^


これではある程度安くても売れないでしょう

その汚さをものともしないボケハジメには棚から牡丹餅

結局使用不能施設は売主負担で補修になることに<ラッキー


12畳コンクリの部屋は

北側の壁と、その下の床3分の1のみ

Img_9971
天井の大げさな照明器具はそのまま残す、天井の乱反射に利用できると踏む<天井リフォームも不要となるしね

もう真ん中だけLED化しました、使うのは2本の蛍光灯だけ


和室もフローリングだけ、汚いふすまもそのままだし、キズだらけの柱もそのまま


破れ障子は張り替えたし、南側の網戸3枚も今日全部張り替えました、ついでに窓ガラスもすべてきれいに洗い流しました


1階のトイレの床シートは張り替えてもらいました、ここも自分でするつもりでしたが、難しいのと見積もりが安かったので、今日きれいに出来上がりました<さすがプロ職人です


ケチで非常識なボケハジメには通用しません

Img_9956昼飯は昨夜の残りで済ます、あとは漬物とかあれとか

おかげで夜はまだお腹が空かないね


まああとでラーメンでも食べますか





より以前の記事一覧