カテゴリー「乗り物とソーラー」の11件の記事

2019年4月26日 (金)

久しぶりに/ブロンプトンの内外変則ギヤの調整

昨夜は12時に寝る

Img_5316

深夜2時前後、お腹がおかしく目が覚める、違和感たっぷり トイレに座るも
もう一度寝て、あまた何だかきそう、2度目はじっくりと座っていると、よじるようにして便意が来た
結局30分くらい座ってすべて排出する、まだ黄色で柔らかく浮いていた、下痢だった

昨日食べたものは、弁当か、その前にいっぱいかじったバターピーナッツか
今朝歩き出る外の開き玄関で、あーそうだ野イチゴも5つほどそのまま食った

まあ何より今朝はすっきりしている、帰宅してお湯を沸かし、FMを点け 熱いお茶を飲む うまい
原因はわからないが、まだまだボケの胃腸系統は正常のようだ、腐りかけのあれこれ食べてもどうも無いのにな
いまの季節からだの抵抗力が落ちているのもあるのだろう

さー今日は無事終了したユーミンのCDセットを郵便局に出しにいきませう


・・・・・・

8時半過ぎ自転車で郵便欲へ向かう、自転車の試運転も兼ねて
どうもギヤチェンジが調子が良くない、シリンダー内2段切替はOKだが、歯車の3段切替が切り替わらない
それと上段のチェーンたるみが大きすぎているようだ、調整が必要だなー、後は異常ないかな

養生市場とマルショクに寄ってくる、ジャージは”S”が2枚有っただけ、瘦せてるボケは”S”しか合わない、またにする
市場ではポテサラダが140円から150円に一挙に上がってたので買わず、ジャガと

Img_5317

スナップエンドウとヨモギもち さっそくモチを食おう あーおいちい、にくきヨモギだがこうして食うと旨いなー
でも1個100円もするのかゼータクだな、そのぶんポテサラは自前で行く


・・・・
自転車のギヤが変速しないので、普通は修理してもらった自転車屋さんに行くのが普通だが、熊本市内まで出かけるのが面倒くさい

Img_5319

調整ネジの確認窓から見て、ネット情報では鎖の先の芯が1mmほど出るのが良いと、これははるかに引き過ぎて出過ぎだな
いろいろネジを動かして、だいぶん緩めてちょいと見えるくらいにしたら、内ギヤは3段ギヤだった^^;利く様になった

今度は外ギヤの変則不調
ここは4箇所の調整箇所が有った、ネットでは判りにくいが、まず自転車屋さんの誤った取付を直す

Img_5321

調整爪2つで間のチェーン歯車を内外に動かすのが、中に入り込んでいた

Img_5333

画像を勝手に90度回転させるのだなー、2つの爪の間にチェーン$歯車を挟んだ状態にする、車軸を外さねば修正出来なかった
まずハンドルについてるギヤチェンジレバーのフタを外し、ワイヤーの引っ張り具合を

Img_5328

また勝手に画像を回転させてる、下のワイヤー止めを3段階にはめ込めて、ワイヤー貼り具合を調整、でもここでは何の解決にならず

さっき2つの爪を内、外へ押しやったりする土台にネジ穴が2つついている

Img_5336

この中の6角ネジを回して、押しやる角度を調整する、忘れたがどっちかは外側への動き、もう一つは内側への動き
この2つのネジを調整しながら、外ギヤチェンジが両方とも上手くチェンジ出来るまでしつこく調整していくと、出来た
施行走行をしてくると、今までどっちも可笑しかったのが正常に、内3段、外2段 合計6段の変則がで出来るようになった

やっぱさわってみんと、頭やネットでは判りません、いろいろ動かしてその働きを理解して初めて調整できる
またこれを忘れてしまうと思うが、またその時はこの記事を読んで動かせば出来るでしょう、はあー2時過ぎてるくたびれた

Img_5342_1

下痢もブロンプトンも久しぶりに付き合った、良かった良かった
さー後片付けをしましょう

そこへ宅急便が、あー届いたなー

Img_5344

まず動作確認だけでもしておこう、USBケーブル経由のDC5Vでは ±12V前後、調整ネジを回すと電圧が上下した
まずは正常に動作するようだ、一安心だな、でもこのちっちゃな基板でなー 大げさなAC100Vにトロイダルトランスを経由して
いろいろ電子部品をつけ正負15Vを出力するのが、まあ時代は変わりますなー


・・・・・

さーめしにしましょう、サラダを作らなきゃ

Img_5348

ポテトサラダ500~600円分作った、後はコロッケなど いただきまーす あーおいちい

Img_5353

昨夜の下痢の犯人はこの野いちごか? パクパク 、あそれとジャガは新ジャガで皮むいてたのを食ったら苦かった 腹壊すかも
まあ何でもござれ スナップエンドウはしゃきしゃき歯ごたえ良くうまいねえ、おなかいっぱい、ごちそうさま


・・・・・・

また荷物が届く

Img_5358
みなさんしっかり梱包されて送ってきますねー、プラゴミや燃やすごみが増えます
またMACでリッピングしてたら、眠い眠い リッピング済ませ 2階のお布団でおねんね

また1時間ほど寝てしまった、夕方から寝て夜に起きてもうなー
リッピングした音源をNASにコピーして 聴きながら

Img_5360

ちょいと冷えてきたので灯油でお湯を温めてからおやつか晩めしか あーうめえ
もう9時になってルナー



・・・・・・

さー新ES9038Q2Mにゼータクな正負電源基板を組み込んでみるか

Img_5366

もう狭くて、デジタル信号が行き交う所だから、離して取り付けたいが、あれこれ試して、ネジを削ったりして何とか

Img_5373

もう混み合って大丈夫かな、ちょうどRasPI用のUSB電源ケーブルをそのまま残して宝、これでもええが
DC5Vを正負15Vに昇圧はなー、まあこれでまず作ってみましょう、まだ基板に半田付けとかせにゃあならん

Img_5374

あーもう1時だー、半田付けと、穴あけネジ切り取付まで、もう見えないレンズで疲れたー、寝よう

2018年2月27日 (火)

ソーラー・バッテリーの変遷

2016年11月9日より

ソーラー決定
ソーラーパネル:100W×2枚 直列24Vで充電
バッテリー   :105A×2台 直列24Vで接続
ダウンコンバーター:24V→12Vを使い今まで通りの12V機器を使う
充電コントローラーは今のを使う
アップインバーターは一番安い300W正弦波をそのうちに買うかも

ダイオードなどは一切使わない、パネルもバッテリーも同じ規格を使うから必要ない
直列でパネルを使う場合は2枚から4枚に増やさなければならないなー

まあ並列より直列の方がパネルもバッテリーにも配線ケーブルにもメリットが多いと感じた
そして屋根にパネルを上げるので片方だけ陰になることは無いし、まあ使ってみましょう

・・・・・・・・・・・・・・
パネルや単管を屋根に上げる
一応さび止め塗装をする
Img_3568屋根の山と谷の間がベースと合わない
Img_3573ベースがグラグラで
Img_3572何度やっても倒壊 塗装した単管も屋根も傷だらけになって
いま屋根から降りてきてこれを書いている

山と山に板を通して平面を作りそこにベースを乗せるしかない
板は風雨に晒されすぐダメになるだろうが
その間ベースとなる何かを探して交換すれば良いか

しかしもうくたびれた、屋根はあの傷だらけのままじゃサビが吹いてくるだろうなー
仕事が増えるだけだなー、たった2枚のパネルを屋根に上げるのに・・・
もう1時半か
何一つ仕事が進んでいないので、めし抜きでやるしかない
Img_3570

・・・・・・・・・
屋根のベースは風呂のフタを短く切ったのを使う
ベース周辺だけ防さびスプレーを吹きかけて来た
乾燥するまで30分、その間飯を食う

やがて2時だな、早くしないとなー


・・・・・・・・・・
これ書いてる時点で5時過ぎた、一応パネル設置終了

まず、風呂のフタを切ってベースにしたので
柱がすんなり建ち、単管とクランチをつなげることが出来
Img_3579
単管使ったのは パネル固定用2mが2本傾斜で南向き
垂直支柱1mの2本とそれの支えの支柱東西方向へ1.5mが1本
自在クランプ4個
まだ補強に単管支柱の上部に1本入れる必要が有るかなー?
それとパネル支柱の足元には何も無い、屋根の谷部分に押し込んだため外れにくくなっているだけ

まあこれで様子見よう、配線ケーブルもしなくては
つなぎ方は MC4端子の圧着  これを参考にした

Img_3577長さ20mのケーブルを買ってたのでその端にMC4コネクタをつけて
パネルを直列につなぎ作ったMC4端子に+と-をつなぎ屋根から下へ放り投げ
ちょうど真ん中で切断し、壁のケーブル通しを通して
Img_3586プラスマイナスをテスターで確認する、電圧は42.4V有った
ソーラーパネルを直列でつなぐ前に事前に測ったそれぞれのパネルの電圧は21.48Vと21.43Vであった、まあこれから時間が少し経過したので合計42.4Vは優秀な合算値ですなー良かったー^^/


今度はバッテリー同士の接続だー
昼過ぎ届いた新しいバッテリーとの接続端子が無い
新バッテリーが12.5Vしかなかったので100V充電器で充電して
バイクで急いでハンズマンに端子を買いに行く、バッテリー接続端子も買ってきた
Img_3588直列だからバッテリー同志は+と-を接続し、それぞれのバッテリー残った+と-をコントーラーにつなぐ、途中バチッと火花が飛ぶ、びっくりし離し再度くっつけるとバチッとまた火花
しかし無視して全部をつなげる、BATTの電圧が違うからだろうと判断して・・・

ソーラーからもコントローラーにつないで
Img_3593ソーラから26V バッテリー25V 充電電流0.1A もう日も傾いてるしな
Img_3599新しいバッテリーを測ると12.98V
Img_3600元のは13.02V
Img_3601直列につないだバッテリー2個で 26.03V まあ各単体を合算した値と大体合ってますな
もうボケはバッテリーの+と-と、その足し算引き算位しか理解は出来ていない

このバッテリーは2つともほぼ同じ時期に購入している
1つはこの9月にもう一つは11月に


あーボケのすることは綱渡りの危うさ
105A同士のバッテリー2個、もしショートさせたらとても恐ろしいでしょう死ぬかも
ちょいとでも間違えば大変危険な作業の中、無事出来たことは奇跡に近いなー

あーおとろしい
そして疲れたなー、もうクタクタ・・・あバッテリーの個々の接続説端子は必要なかった、バッテリー同士の接続ケーブル一つで良かったのだにゃあ、ボケの判断力はこれ位ね

直列は接続が簡単でええねえ、ケーブルも少なく済む、思い切って直列に決めて良かった


・・・・・・・・・・・・


2018年2月11日 (日)

アトレーのバッテリー関係

2018年1月9日

バッテリー買いに行く

Img_5708

アトレー7のバッテリーは標準仕様で34B-19L 寒冷地仕様で44B-19L
この34は容量 B-19は大きさ LはL/Rでバッテリ端子の取付位置がLかRで
購入したのは38B-19Lを買った、容量が34から38へ増えたことに


2018年1月13日

天気が良いのでバッテリー交換しましょう

Img_5845
新品で12.6Vかー

Img_5849
一応交換時にいろいろリセット予防に予備のバッテリーで給電する

Img_5847
アーシングの他にも訳わからんのをつないでるね いろいろ^^;
Img_5851
予備バッテリーを配線につないで、古バッテリーから配線を全部外し

Img_5852
同じ大きさに同じ電気配線口

Img_5856
いろんな配線もつないで完了
終わったら空一面くもってきたにゃあ、ふとん取り込み、マキにシートをかぶせ
戸締まりして、一応試運転しましょう、ついでに元家へ大根もらいにいく
45分ほどで元家着、元家でこれ書いている はー疲れた
しかしエンジン始動も快調で有ったので、バッテリー交換異常なしかな


・・・・・・・・・・・・・・

2018年1月14日

交換したバッテリーの電圧測定する

Img_5874

車のバッテリーを計ってみる 12.69V ちょいと走ったのでちょと高い
この寒さで一晩置いてるので、文句なしだな

さて外した古いバッテリーも

Img_5876
あれー これまで12.1Vほど差してたのに、12.5Vもあるにゃあ^^
まだまだ元気なのか? 部屋の中に入れてたからか?

まあ第二の人生を送って貰わねば

Img_5877
サルフェーションなど出てるかもしれんし
用心してメインテナンス・モードでじっくり充電開始 9時20分 長く必要でしょう充電

メインテナンス・モードでの充電終了してた

Img_5891

いやー満充電かなー うれしい^^

2017年11月16日 (木)

今日も良いお天気 /車のバッテリー液補充

昨夜は12時に就寝

Img_4234
朝方何回か目覚める、寒かったから 肩が冷えた、タオルを首に巻いてまた寝た

1階へ降りると温かい、ストーブを昨夜遅くまで燃やしたから13度以上あった

今日は快晴だが明日以降天気は下り坂に、町内で灯油を買ってきましょうか

灯油18L×78円=1,404円 これで今年の冬を過ごす
あと
豆乳224円と精製水500mL 104円
養生市場へ行ってみる天ぷら食いたい^^
天ぷら盛り200円 いなり寿司200円 白菜130円

まあ食いたいのを食べればええ

帰宅し、さっそく車のバッテリー液を調べて、入れることに

Img_4236
車屋で買うよりはるかに安いのでねー

やはり全体的に減っていた、減ってるところでは金属が頭を出してた

Img_4237
アッパーほどまで全部注入して、バッテリー測定13Vも、まあ走ってきたばかりだし

Img_4240
全部継ぎ足して、500mLが半分ちょい使った、まあこぼしたのもあるしね^^

さーこれでバッテリーの減り具合がどうなるか楽しみです



・・・・・・・・・・・

さーお昼になりました、天ぷらと言えば

Img_4243
さー手抜き料理、ええねえ簡単で、いただきまーす

あーおいちい、こんなに簡単でこうも美味しく食べれるなんて、最高^^

ペロリと平らげて、いなり3個目も頂く、おいちい あーうまかった、ごちそうさん


・・・・・・・・・
クラシックカフェを取った後は、今日も干した布団を片付け

乾燥させている薪を燃やすものを選んで、短めに切る

4時半、歩きに行く、大股で足早に歩く、ちょいと頑張りすぎたみたい、足首が痛む

帰宅して車のバッテリーを測定 12.78Vだった、あー下がってるね
明日はソーラーにつないでみるか



さー晩メシは何しましょうかね

キクイモがいっぱい、さっき区長さんから小さめの大根2本貰ったし、白菜も買ったね

Img_4247
味噌仕立てのダゴ汁にした、菊芋、大根、人参、かぼちゃ、カライモの葉っぱに白菜

おなかのためにダゴをいれる

Img_4244
残りのいきなりで さーいただきます、うんうんおいちい、ダゴがええねえ
大根も煮えてます、味噌仕立てでうん良かった、いなりもおいちい

だご汁2杯おかわりで おなかいっぱいになりました、ごちそうさま


日頃の最低限の生活をきっちとするだけで、いっぱいいっぱいですな

これに趣味に没頭したら何かの手を抜かねばならんでしょう

もうボケには趣味は音楽を聴くだけでええ、後は家を守りながらボケの食生活を維持していければ、もう他にはあんまし必要なものはなさそうですね

家の健康とボケの健康が守られていけばOK、それにオーディオの健康だな^^



・・・・・・・・・・・

今朝は5度まで下がったらしい、寝てて寒かった

しかし明日は今朝よりもっと寒くなると、零度になるらしい、2階は寝るには寒いなー

キャンプ用のテントを張って、その中に寝たらどうじゃろうかねえ^^

布団が入るかな?無理かなー、それじゃー1階で寝ることになるが、そうすると大きな布団が視聴位置に来て、大変邪魔になるんだよねー、グチグチ^^;


そうだ真冬用の厚手のトレーナー(ズボン)をはいて寝ましょう、首には肩掛けだな^^



・・・・・・・・・・

外は5度台 またストーブを点けてしまった、くせになりそう

お湯をやかんに2杯も沸かしたら部屋の中も20度近くに、ストーブ消してもOK

余ったお湯は湯たんぽに入れた、もう今夜は最強の寒さ対策できてしまった、真冬用の

A7モドキは元気がええし、SPが良くなってる時って、低音が軽々と出てるときを言うのだな

低音が出てると中音も出ている、もうSP元気いっぱいってー感じ

Dextorgordon
もうベースもドラムもご機嫌ですなー

SPの間隔を追い詰めて、一番低音が打ち消し合うことなく、すんなり十分出ている所を見つけるのが一番だな、そういうときはどんなアンプでも低音もりもり出るねー

あと30分ほど聞いたら寝ましょうかね、11時になりました


上の画像はCF-R6(Fnキー不良の)で撮りました

フリーのスクリーンショット

いろいろなショットの選び方が出来て、エディターも付いてて、テキストやフリーの書き込みに矢印なども簡単に書き込めました、これはええですねー^^

2017年11月14日 (火)

懐かしい初めての車だった

昨夜は2時過ぎに寝たので

Img_4186
起きたくない、ネットを見てて

アメリカってええねえ、シビックを未だに乗り続けているなんて、大好きだったねえこの車

初めて買った車だった、もち中古だったけど

本田は大好きになったね、あとずっと乗り続けたいと思ったのはシティだったなー
古い車をずっと乗り続けられるなんて思ってなかった、今ならシティは手放さずに乗ってたかもなー


結局10時半に起き出し

お湯を掛け、台所を片付けて お茶を飲む

Img_4187
まだ霧雨ですなー シートに水たまりが出来てる


・・・・・・・・・

あーおなかが空いたね、昨夜いっぱい出したからね
さーはやめにお昼の準備しましょう

Img_4195
かぼちゃづくし スープと

Img_4191
3割引のかぼちゃサラダ、早く食わねばねー^^

Img_4190
いただきまーす  おいちいおいちい かぼちゃってなんでこんなにおいしいんだろう

自然の甘さとやわらかい果肉でおいちいわい、おなかも空いてるので余計おいしいんじゃろうね

あーしあわせでしたー、ごちそうさま^^


お外も時々薄い日差しが照り出しましたねー



・・・・・・・・・・

クラシックカフェはたった3曲 録音はした

終わってから やっぱりカライモのツルの収穫をしましょう

Img_4198
もう取りこなさんほどたくさんたくさんある、途中で止める

第一陣を湯がいて、そのまま夕めし

Img_4201
パスタの下にも大量のツルが隠れている、いただきます

おいちいが、ツルがもうボケには固いねえ、だいぶん湯がいたけど

まあおなかはふくれました、ごちそうさま


めしの後も

Img_4202
ツルを湯がき続けた、バックグランドミュージックはあの頃の達郎とユーミン

あんころはもうちっとは女性にもちやほやされたのだがなー^^;

いまは孤独なボケ老人ですなー


さー後葉っぱ付きはそのまま明日からいろいろ入れて食いましょう



・・・・・・・・・・・・

ユーミンや達郎を聞きながら昔を思い出していた・・・

今やりたいことに集中せよ


アシュタールに言われてしまった、音楽を聴くことに集中すればええのに、こころここにあらずだった、過去はもう遠い過去手に届かないだけのこと、思っても仕方が無いことだね


ばっちり2人の歌声が再生されている、でもこの録音は過去のものだよね
過去のものに集中してるんだ・・・ <あーわからん

まあ思い出に浸らんでもええってことは分かりました^^


音楽をPOPからクラシックへ変える
あーJPOPを聞いていたから、曲だけでなく言葉でも伝わってくるんだな

やっぱ音楽には言葉はいらない、無い方がボケにはええですねえ
音楽そのものを楽しめます

2017年10月 1日 (日)

A7モドキにはアンプが有った/初めてのキャブ分解・清掃

昨夜は11時に寝たのに

Img_3054
もう眼が覚めない、歩きにも行かないし

起きてお茶を飲んでも音楽無し、早くちゃんとつながないと^^

・・・・・・・・

A7モドキをD8では鳴らさないから、T4系列とは別のシステムにしましょう

そうアナログアンプが有りましたーねえ

Img_3056
Lepyの2024A+ これがそのままで、D8よりA7を良く鳴らしました

それにこいつはTONEコントロールも付いてますねえ

真空管プリをつないでJAZZを鳴らすと いやーこれはええですねえ
昨日のいろいろは何だったのせう、EARなど使わなくてばっちりでした^^



これでSP(T4・A7)と音楽ジャンルの住み分けが出来ました

・A7系 ES9028のDAC(Jazz専門) →真プリ→ LP2024+→ A7

・T4系 WP-DAC4490 or FM(クラシック等) →D8 or QA100→T4 or 無指向性SP


DC12vが3つ必要になりました、D8とLP2024は同時に使わないからDC12Vの切替器を準備すればええですな


気安く、安易に聞くA7モドキの完成^^





・・・・・・・・・・・
バイク・キャブレター分解清掃をしましょう、度素人ですが

Img_3062
キャブレター左側面(これ書いてる時点で気づく・・・チョークが定位置まで戻ってない)

Img_3061
右側面からのキャブレター

Img_3064
このチョークレバーの留め金とバネが自然に外れて、組み立てが全然わからず苦労する

チョークは左へあと15度ほど戻るのが普通のようだ(そう組み立てた)

Img_3065
スロットル何とか?も外す、中に丸い筒が入っている

Img_3067
溝が切られてるので、入れるとき間違えると入っていかない

Img_3069
キャブレターに溜まったガソリンを排出するらしい、詳しいことは判らん^^

Img_3070
エアー側のネジを緩め、反対側のガスケット?の2本のネジを外すとキャブレター外れた

Img_3073
右側の電気配線?も外ずさんといけなかった

Img_3076
エアースクリュウ?ネジとアイドリング調整ネジを外す

Img_3078
給油口のON/OFFする奴を外してるが、ここへの給油ホースを外したらガソリンタンクからのガソリンがドドットっと出てくる、ペットボトルを用意してたのに、入れた、500mLに半分ちょっと有った

Img_3079
キャブレター固定のネジ2本でキャブレターが分解した、なにやらオレンジの・・・

Img_3081
そのオレンジの付け根に繊細なネジ見たいのがある、こんな小さな部品元通りに出来るか知らん

Img_3083
ここまで来て心配しても手遅れ、ばんばん外しましょう写真を撮っておけば大丈夫でしょう

ゴムリング、そう痛んでるようには見えない

Img_3085
チョークの開閉ドア?も真ん中のネジ1本で外れる、チョークレバーはまだ付いてるねえ

Img_3086
チョークの扉は汚れで真っ黒スジだけ真っ白

このキャブレターの桶にネジなど放り込んでパーツクリーナーを大量に吹きかけて、30分ほどお風呂に入れておけとネットに書いてあった


このあと、何とかジェットに開いてる極小の穴をギター1弦を通してきれいにした

そして組み立ての時になって、この下のチョークレバーやバネやらいつの間にか全部外れてて、組み立て方が全然わからず大往生した、これに40分ほど掛かったかなー

Img_3087
何とか組み立てて終了

Img_3088
でそのチョーク扉の開閉が上手くいかない、周りの汚れも落としてないので、またきれいにフキフキした、でも動きが変なのだ

原因は左ハンドルに設置されたチョークレバーのケーブル止めが割れてて、チョークを戻すと全体が戻っていき、結局チョークレバーは途中までしか戻らなくなっていた、ここら辺もエンジン掛からない原因のひとつであったらしい、割れを針金で縛って、チョークの戻りが正常になる


キャブレター組み立てて、ガソリンをペットボトルから戻して エンジンを掛けると勢いよくエンジンが掛かったが、高回転のままで回転が下がらず、何ジャー????

アイドリングネジを全開にしてた、気づくまではもう大変なじゃったがにゃあ

でその辺をちょいと走ってきたが、大変調子がええ、ばっちりじゃん・・・・

Img_3096
あれー キャブレター付近が濡れている

Img_3097
反対側も こりゃあガソリンがにじみ出てきてるのだった、危なく火事になるところだった

実はゴムリング一式買っておいたのだが、キャブレターの大きなのだけは、元のが太く劣化してないようだったのでそのまま着けていたのだ

あーあー 何かお空がどんどん暗くなって来てるのに、また分解かー^^;

Img_3101
まあ2度目の分解は慣れた物、すぐ出来たので、右の黒いリングを新品と交換

またひとっ走りして、途中走りながらキャブレター濡れてないような気がしたので、ついでにガソリンも入れてきた

Img_3103
帰宅して詳しく見たが ばんざい全然漏れてないのだった、やっと完成ですよカッター

気が付けばもうすぐ4時、飯を今日はまだ食ってないのジャったー


しかし、もう夜には雨が降りそうだなー、剪定した枝や草がいっぱい有るのだなー

うんじゃーアトムの力を借りて処分しましょう、えいやーっと全部処分おわり



さーさー めしめし^^

Img_3106
腹減ってたので、だごじゅるじゃー カライモのツルと葉っぱとカボチャで、いただきまーす

あーおいちいおいちい、もうちあわせにゃあ

むつかしいことも無事終わって、バイクの調子も時速50kくらいまでは静かに快調

60kも上げたが、うんうん調子ええぞー、これまで婆ちゃん原付にも負けそうなほどだったしにゃあ、これからは普通に勝負出来そうじゃにゃ

食って手手などからガソリンの臭いがぷんぷんしたが あーおいしゅうございました、ごちそうさまでした^^



・・・・・・・・・・・・

めし食って、後片付けしてゆったりくつろぐ

Jazz
真空管プリとLP2024で A7モドキばっちりで気持ちがええ

D8で鳴らしてると、聴きたくなるのだが、ええ音で鳴ると もうずっと聴いていたくなる

弾むようなウッドベースがいいねえ、やっぱアンプとSPは相性が一番大事、良くないとぜんぜんダメですねえ^^


クラシック派だったが、こんな音だったらJazzもばっちり聴きます

やっぱりジャンルに合わせて鳴らすのは大事だなー、ボケ家ではきっちり分けた方がええ



・・・・・・・・・・・・

夜も遅くなってきて、雨が降ってきました

こうしてだんだん秋が深まっていくのだなー、そして寒い季節がやってくるねえ

2015年10月11日 (日)

やっぱりこういうのが好き

トヨタの「キカイ」 これには ワク・ワク・ドキ・ドキ するね
01_toyotakikai_006まあ買わないけど
01_toyotakikai_002タミヤなどから精密模型が出たら買うね^^;
01_toyotakikai_005「キカイ」でレトロを謳うなら マニュアル車であって欲しい
01_toyotakikai_011
まるでディスプレイだな
01_toyotakikai_009_2じっくり眺めてみたいね
01_toyotakikai_017これまでの写真がとても良かったのに まるで違和感
01_toyotakikai_013うんマニュアルを運転もしてみたいね
01_toyotakikai_001これ作ったひとの感覚が合いそう

トヨタの車などぜんぜん興味は無いのに久しぶりにこころがわくわくしました。

http://openers.jp/article/1366248

我家のおまけ
Img_9441おそまつ^^

2013年9月25日 (水)

空気圧

空気圧の単位がよく判らない


  Bar
kgf/cm2     kpa       PSI
1.1     110   16
1.2    120   17
1.3    130   18
1.4    140   19
1.5    150   20


2.0    200   28
2.1    210   30
2.2    220   31


2.8    270   40

3.0    290   43

4.1    400   58

5.0    490   71
(タイヤ業者換算表)


BROMPTONの自転車タイヤ記載

Inflate To 100PSI/6.8BAR MAX

100PSI = 6.894・・・bar =689.4 kpa
       = 7.0307 kgf/cm2

ブロンプトンの自転車タイヤ空気圧の限度は

100PSI   6.89bar   689kpa  7.03kgf/cm2

ということか^^
Img_6715
タイヤ業者の換算表の最高値でも足りない

自転車は車よりはるかに高い空気圧であった


       ジムニー    アトレー7   BROMPTON

空気圧    180       260      689 kpa
        1.8       2.6      7.0 kgf/cm2


Img_6697_2
精密なゲージ搭載のは自転車には使えない

最高メモリが超えている

しかし安物のゲージは不正確で±50kpa位ある

もう少し自転車のこと調べて買うべきだった



安物の空気入れゲージはImg_6698_2

最高220PSI(16bar)まで目盛りがある

普通車は精々300~400PSIということで

より正確に目盛りを読めるやつを買ったのである

BROMPTON自転車はパンパンになるまで入れるのね

これまでの自分の常識では指で押さえて少しくらいへこむ位だと思っていたので、ずっとそれで乗ってきたが

かなりの空気圧を必要とするらしい

体重がとても軽いおいちゃんの場合は、500kpa位で良いかも

実際入れてみたけど、300kpaまでもいかない、もうこれでパンパンになった
300kpa以下でおいちゃんの場合は良いとする


いままで実際にゲージで測定してなかったので、今回ゲージを購入して初めて空気圧のことをお勉強したのであった。良かった良かった^^


・・・・

ダイコンの芽の出具合

Img_6690












      



     
 

2013年9月 3日 (火)

車の入れ替え

○平成9年式セルボ・モード E-CN22SS/F6A
Img_6517
平成25年9月の今日手放す(走行距離129,100km) バイバイありがとね^^

使用した期間14年間・・・我家では最多使用期間




○平成14年式ジムニー TA-JB23W (走行54千km)
U00010224906_001_3
      ようこそ、こんにちは^^/

車両比較

         セルボ     ジムニー

最高馬力   52ps/7000       64ps/6500pm
最大トルク  5.7kg/4500      10.8kg/3500pm
車重量    660kg              970kg
タイヤ         155/65R13        175/80R16
駆動            2w/FF             2wFR/4wFF
トランスM    5MT             5MT
公式燃費   21.5km/L        16.4km/L
変速比第1    3.384             4.031
第2速      2.055            2.391
第3速           1.280             1.513
第4速           0.892             1.000
第5速           0.718             0.790
後退             3.272             4.173
車体長      3295             3395mm 
 幅               1395             1475mm
高さ              1400             1680mm


車屋さんからあっちこっち経由で40km走ってみた
セルボは今でも80k位まで2速3速ですぐ達するが
ジムニーは80kまでにはかなり加速が必要だ

車体が300kも重いのでエンジンが弱く感じる
女性ワンオーナーだったからかおとなしいエンジンだ

空港線をセルボみたいに加速して80kで飛ばす
ターボを掛けて加速するため2速でかなり引っぱる必要あり
3速でセルボは十分遊べるが、ジムニーは2速で稼がないと
3速を十分に遊べない

変速比とトルクを見ると、3千~3千5百回転を活用して
引っぱって加速するのがベターですね
でもターボの効きは充分感じられた、これから鍛えるからね^^
U00010224906_4_001

まあ早く走るための車じゃないからセルボみたいには無理^^

空港横の未舗装道路も走ってみた
今日も雨が降っており、岩は無いが大きな水溜りばかりで
普通車は危なっかしそうにのろのろ運転してたが
ジムニーは4Wで余裕の運転、車体はかなり揺れた
セルボなら車内に浸水したかも

こんなデコボコの未舗装道路は楽しい


遊びながら少しずつ運転に慣れるようにしたい。



・・・・・・


相変わらず、夜遅くなっても雨足が絶えない

セルボはあの車屋の車置き場で一晩中ぬれているのだろうね

雨が止むことなくWAXも掛けれなかったから、WAX洗車だけ掛けただけ

でも少しは雨除けにはなってるだろう

いつも手足みたいになってくれて、

思えば可愛いやつだった・・・

誰かさんに可愛がられたらいいのに

でも本当はそいつは自分だったのだよね

kgfりqgひうgb・・・



2013年9月 1日 (日)

最後のセルボとのドライブ

もうすぐセルボ・モードともお別れで、きれいに車体もふきあげ、内装も掃除していたのに、相方が買い物に行きたいと言う。

セルボの最後のドライブとして、しかし朝からの大雨である、せっかくキレイにしたのに

まあもうお別れだからと雨脚の強い中を出発した。

この天気で交通量も少なく、60k前後で快適に走行する。しかし道路は水が川並に流れるところが多く、かわいそうなセルボちゃん。

また湿気でフロントガラスが曇りがちで、デフにエアコンを掛けながら走行する。でもエンジンは快調であった。

途中ジムニーに数台すれ違う、車高の高いジムニーはこんな天気などどこ吹く風、良いなー

Img01 またジムニーは今は珍しいラダーフレームで悪路に強い

今の車はほぼモノコックボディであるのに

いかにも車の車体って感じ

車の模型を作るとこの手の車体はImg_2189 やはり素晴らしい構造物で魅力がある。

悪路を走ると、モノコックでは地面からの振動を前面的に拾いやすく、フレームと車体の付け根にひびが入りやすく、乗り心地も悪い。

ラダーフレームにしてボディと数箇所の設置部で下部フレームボディを独立させて、悪路での地面からの振動を吸収して乗り心地を改善してるのかな

Img_2365 むかしあこがれたジープの構造がそうだった、まあ昔の車はほとんど全てがフレーム構造だったのかな


以前のジムニーはジープに似ていたのがあったなー

ジープは格好が良いよねImg_2368

子供のころ見てたテレビ「コンバット」でヘンリー少尉がよく乗っていたし、サンダース軍曹は歩兵で・・・


図体の大きいリトルジョン

Img_238401 不良っぽいカービー

このTVの影響を受けたと思える望月あきらの「最前線」にもジープほか魅力的なドイツ軍の車両などいっぱい出てたし、そのプロモもいっぱい作ったなー・・・


ボケハジメなのにこの頃のこと次々思い出すこと(笑)

ジムニーも以前は板バネだったのかな

JB23はコイル・スプリングで乗り心地も良くなったらしい。

ジムニーはパートタイム4Wで、普通はFR駆動となるのだよね

いままで乗ってた車はほとんどFF駆動だったから運転がちと違ってくるのかな

セルボ・CITY・シビックなどなど、カーブIN/OUTがFFと異なってくるのか>ワクワク^^

・・・・

などと考えながら、もう老人だからおとなしく乗るのでしょうけど

フルデジタルでお世話になったSD05の製作者、石田氏は67歳で8月末にお亡くなりになった>合掌

おいちゃんもあと数年でそうなるのだろうね、健康なうちにささやかな楽しみにいそしみましょう。

またセルボちゃんをきれいにしなくてはね、今日は雨の中、往復80kmのドライブありがとうございました。

おかげで美味しい盛りだくさんのうどんをお昼に頂かせてもらいました。

いまHB-1からカーメン・マクレーさんがしっとりといつくしみながら唄っています。

きょうも楽しく過ごさせて頂き感謝^^

より以前の記事一覧